32211件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-01 06月14日-04号

昭和四十八年の第一次石油危機もうまく乗り切り、その後、低成長経済へと移り、また第二次石油危機昭和五十五年において結末を告げ、創造的活力を求められる発展段階に入ってまいりました。しかしながら、国際化が一段と進行し、わが国が経済大国となればなるほど国際貿易摩擦を生じ、欧米各国から厳しい指弾を浴びることになってきたわけでございます。

奈良県議会 2022-10-12 10月12日-06号

2010年11月の経団連の提言では、行政内部だけで管理されていた情報民間で利活用する、民間サービスとの融合により、新たな産業サービス創造が可能になるとうたっております。同年の政府・与党社会保障改革検討本部会議で取りまとめた大綱では、将来的には幅広い行政分野民間サービス業活用するために情報連携が可能となるよう制度設計を行うと明記しております。

愛媛県議会 2022-09-30 令和 4年経済企業委員会( 9月30日)

まず、閉会中の委員会日程ですが、常任委員会は10月17日月曜日午前10時から一斉開催とし、決算特別委員会を除く4特別委員会は、地方創生産業振興対策特別委員会が10月19日水曜日午前10時から、防災減災エネルギー対策特別委員会が10月20日木曜日午前10時から、少子高齢化人口減少対策特別委員会が10月21日金曜日午後1時から、えひめデジタル社会創造特別委員会が10月19日水曜日午後1時から開催

愛媛県議会 2022-09-30 令和 4年建設委員会( 9月30日)

決算特別委員会を除く4特別委員会は、地方創生産業振興対策特別委員会が10月19日水曜日午前10時から、防災減災エネルギー対策特別委員会が10月20日木曜日午前10時から、少子高齢化人口減少対策特別委員会が10月21日金曜日午後1時から、えひめデジタル社会創造特別委員会が10月19日水曜日午後1時から開催されることが決定しました。  

愛媛県議会 2022-09-30 令和 4年観光スポーツ文教警察委員会( 9月30日)

まず、閉会中の委員会日程ですが、常任委員会は10月17日月曜日午前10時から一斉開催とし、決算特別委員会を除く4特別委員会は、地方創生産業振興対策特別委員会が10月19日水曜日午前10時から、防災減災エネルギー対策特別委員会が10月20日木曜日午前10時から、少子高齢化人口減少対策特別委員会が10月21日金曜日午後1時から、えひめデジタル社会創造特別委員会が10月19日水曜日午後1時から開催

愛媛県議会 2022-09-29 令和 4年観光スポーツ文教警察委員会( 9月29日)

特に県民や近隣県在住者を対象としたマイクロツーリズムによる着地型観光プログラム育成や、JRと四国ツーリズム創造機構と連携した四国デスティネーションキャンペーン実施等による広域連携誘客促進コロナ禍で変化する旅行ニーズに対応したプロモーションを展開するなど、誘客活動を実施してまいりました。  続きまして、4ページ、紙資料では2ページでございます。  

奈良県議会 2022-09-29 09月29日-05号

次に、なら歴史芸術文化村について、文化教育・くらし創造部長にお伺いいたします。 本年3月に開村した、なら歴史芸術文化村では「『なぜ?』が芽生える。『知る』を楽しむ。」をテーマに、文化財修復展示企画展開催、アートや音楽を活用した体験プログラムの提供などが展開されています。 また、文化財活用にも積極的に取り組まれています。

愛媛県議会 2022-09-28 令和 4年環境保健福祉委員会( 9月28日)

まず、閉会中の委員会日程ですが、常任委員会は10月17日月曜日午前10時から一斉開催とし、決算特別委員会を除く4特別委員会は、地方創生産業振興対策特別委員会が10月19日水曜日午前10時から、防災減災エネルギー対策特別委員会が10月20日木曜日午前10時から、少子高齢化人口減少対策特別委員会が10月21日金曜日午後1時から、えひめデジタル社会創造特別委員会が10月19日水曜日午後1時から開催

愛媛県議会 2022-09-28 令和 4年総務企画委員会( 9月28日)

まず、閉会中の委員会日程ですが、常任委員会は、10月17日月曜日午前10時から一斉開催とし、決算特別委員会を除く4特別委員会は、地方創生産業振興対策特別委員会が10月19日水曜日午前10時から、防災減災エネルギー対策特別委員会が10月20日木曜日午前10時から、少子高齢化人口減少対策特別委員会が10月21日金曜日午後1時から、えひめデジタル社会創造特別委員会が10月19日水曜日午後1時から開催

愛媛県議会 2022-09-28 令和 4年農林水産委員会( 9月28日)

まず、閉会中の委員会日程ですが、常任委員会は、10月17日月曜日午前10時から一斉開催とし、決算特別委員会を除く4特別委員会は、地方創生産業振興対策特別委員会が10月19日水曜日午前10時から、防災減災エネルギー対策特別委員会が10月20日木曜日午前10時から、少子高齢化人口減少対策特別委員会が10月21日金曜日午後1時から、えひめデジタル社会創造特別委員会が10月19日水曜日午後1時から開催

奈良県議会 2022-09-28 09月28日-04号

このため、なら食と農の魅力創造国際学校(NAFIC)のアグリマネジメント学科におきましては、新規就農者を養成しているところでございます。また、県担当課や4か所の振興事務所において、新規就農に関する様々な相談や、就農後の定着を図るための対応しているところでございます。 その効果もあり、県内の新規就農者は、雇用就農者も含め、令和3年度には48名になっております。 

滋賀県議会 2022-09-26 令和 4年 9月定例会議(第10号〜第16号)−09月26日-02号

令和3年6月に閣議決定された新たな森林林業基本計画では、これからの施策の方向として、1つに森林資源の適正な管理・利用、2つに新しい林業に向けた取組の展開、3つ、木材産業競争力の強化、4つ、都市等における第2の森林づくり、5、新たな山村価値創造という5つのポイントを示し、国では森林資源の持続的な利用を一層推進して、引き続き成長産業化に取り組むとして、2050年カーボンニュートラルに寄与するグリーン

神奈川県議会 2022-09-26 09月26日-08号

そこで、関係者が一堂に会する神奈川県観光魅力創造協議会を運営し、広域周遊モデルコースの作成、認定等を行っています。また、鉄道事業者等連携したプロモーションなどの取組を積極的に行っています。  さらに、今後は、観光に関する様々な統計情報に加え、スマートフォン等位置情報による観光客のデータも収集、分析し、地域取組への支援、各主体の連携の後押しに活用していきます。  

奈良県議会 2022-09-26 09月26日-03号

イノベーション起こせる人材とは、独創的で、日本が長らく重視してきた組織風土を乱さない協調性とかけ離れた個性を持っているが、そのような新たな価値創造できる人材を育てる風土を創り、その方々が大きく活躍できれば、他の産業賃金上昇に強く影響する。」と述べたこの質問テーマは、知事が力を入れられている施策に密接に関わる内容でした。 

愛媛県議会 2022-09-22 令和 4年第380回定例会(第7号 9月22日)

今後とも、子供たち言語感覚を磨き、論理的思考力共感力創造力を伸ばしながら、他者や社会と豊かな関係を築いていけるよう、授業のみならず、学校活動全般を通して、確かな国語力育成に取り組んでまいりたいと考えております。  次に、県立学校振興計画に関する御質問にお答えいたします。