68件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富山県議会 2021-02-01 令和3年2月定例会 委員長報告、討論、採決

利賀ダム建設の場合、平成22年度から、ダムに頼らない治水洪水対策への政策転換で7年間、一時凍結をされていましたが、継続か中止かの検討の結果、平成29年度から再び建設促進転換をされました。利賀ダム検討の場の協議は、知事庄川流域の首長で構成をされ、学者などの専門家流域住民の参加や意見聴取もなく、最初から国主導利賀ダムありきで進められたと言えます。  

富山県議会 2020-11-30 令和2年決算特別委員会 開催日: 2020-11-30

次に議案第111号令和年度富山水道事業会計利益処分及び決算認定の件では、未処分利益剰余金のうち約1億5,000万円を資本金に組み入れることについて、また議案第112号令和年度富山工業用水道事業会計利益処分及び決算認定の件では、利賀ダム建設費負担金当年度分約1,800万円について認めることができません。  

富山県議会 2020-06-25 令和2年県土整備観光委員会 開催日: 2020-06-25

まず、資料1に利賀ダム建設事業の概要が書いてあります。  今回の議案は、1,150億円の総事業費を1,640億円に、そして、工期を令和4年度までから令和13年度までに変更すると、この2つが変更の主な点であります。  利賀ダム建設事業目的については、洪水調節、流水の正常な機能の維持、工業用水道です。そして、私が本会議でも質問した地元の地滑り対策と、4点ぐらい論点があろうかと思っています。

富山県議会 2020-06-01 令和2年6月定例会 委員長報告、討論、採決

委員会におきまして、これらの諸案件について慎重に審査いたしました結果、議案第91号利賀ダム建設に関する基本計画変更の件に対し、一部の委員から反対意見表明がありましたが、採決の結果、賛成多数をもって、また議案第92号令和年度富山一般会計補正予算(第7号)につきましては全会一致をもって、それぞれ原案のとおり可決すべきものと決しました。  

富山県議会 2020-03-23 令和2年県土整備観光委員会 開催日: 2020-03-23

改めて、今日、庄川水系河川整備計画利賀ダム建設事業の再検討を求めるものであります。  加えて、利賀ダム建設予定地地すべり危険区域です。地すべり対策で、県もこれまでさまざまな水抜き作業を行ってきました。それなのに、逆にダム湖をつくって、すべり面に大量の水を供給することは、極めて危険と言わなければなりません。イヌワシなど猛禽類への影響自然環境への影響も指摘されています。  

富山県議会 2020-02-01 令和2年2月定例会 委員長報告、討論、採決

次に、利賀ダム建設について申し上げます。  ダムに頼らない治水対策への転換目的に、平成22年度から、国交省ダム事業見直しで、7年間一時凍結されていた本事業が、平成29年度から建設促進に向けて再開をされています。  北陸地方整備局事業評価監視委員会では、河道掘削案利賀ダム案で大きく意見が分かれた中で、当時の国や県、市の検討によりダム建設が妥当とされたものであります。  

富山県議会 2019-11-28 令和元年決算特別委員会 開催日: 2019-11-28

利賀川工業用水道事業から利賀ダム建設費負担金として、7億5,900万円出すことになっております。  総括質疑の中でもありましたが、境川ダムに大量の未利用水があり、これで十分足りる、新たに水源を整備する必要はないという立場から、平成30年度の工業用水道事業会計にはこの負担金、1,622万3,000円が含まれておりますので、認定できないと考えています。