運営者 Bitlet 姉妹サービス
12708件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-22 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号 まず総務部長から、今回の補正予算は、冒頭提案されたチッソ株式会社に対する県債発行による貸し付け及び今回の貸し付けに伴う利子の支払いに要する経費二十四億七百二十三万六千円であり、これを現計予算と合算すると補正後の予算規模は四千七百六十三億二千六百八万八千円となり、前年同期比で五・一%の伸びとなる旨の概要説明があり、引き続き議案の審議に移り、予算、条例等について各課長から詳細な説明を受けましたが、その過程 もっと読む
2045-06-07 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月07日−01号 今回の補正予算は、本年度当初予算をほぼ年間予算として編成したこと並びに歳入予算のうち地方交付税等につき確実な収入の見通しをいまだ得るに至っていないこと等もありまして、時期的に今回措置する必要があるチッソ株式会社に対する県債発行による貸し付け及び今回の貸し付けに伴う利子の支払いに要する経費を計上いたしました。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 32 ◯内藤福祉保健局長 お尋ねの受験生チャレンジ支援貸付事業は、平成二十年度に開始し、一定所得以下の世帯の中学三年生や高校三年生等の受験を支援するため、受験料や学習塾の受講料の無利子貸付を行っております。   もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 こうした先進医療のための費用を借り入れた際の利子補給を行っている自治体が大阪府など含め、複数であると聞いています。都においても、こうした他の自治体の取り組みを参考にしながら、支援の充実に取り組むべきと考えますが、都の見解を求めます。  次に、足立区小台付近の補助一一八号線の整備について質問します。  私の地元である足立区の小台一丁目を通行する車両は、主に荒川堤防上の都道四四九号線を通行しています。 もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2019-02-18 上から一段目、災害援護資金利子補給で、限度額四十九万円余をお願いいたしております。これは、平成三十年七月豪雨災害により、災害援護資金の貸し付けを受けた方々に対して、その金利負担を軽減するために市町村が利子の免除を行う場合に、当該市町村に対しましてその二分の一を助成するものでございます。  次に、繰越明許費の補正について御説明申し上げます。 もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 農林水産委員会 本文 開催日: 2019-02-18 農林水産部所管分の債務負担行為は、上から四行目、農業近代化資金利子補給から、一枚めくっていただきまして、四百四ページの下から四行目、漁業近代化資金利子補給までの十二件で、限度額の合計は十二億八千六百万円余でございます。 もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 総務企画地域振興委員会 本文 開催日: 2019-02-18 二つ戻りまして、上の表でございますけれども、一項三目の県民税利子割につきましては、当初予算額に対し二億一千九百万円余の減収となる見込みであります。これは、預金利子などの支払いが当初の見込みを下回ったことによるものです。  一枚おめくりいただきまして、十二ページをお願いいたします。 もっと読む
2019-02-15 滋賀県議会 平成31年 2月15日環境・農水常任委員会−02月15日-02号 ただ、県としましても、融資の具体的な申請の仕方などのお手伝いをさせていただく、あるいは、無利子ではありませんので、農家の負担が少しでも軽減できるように、利子など、県としての支援も考えていかなければいけないと思っています。 ◆佐野高典 委員  おおむね2日間かかって、寝ずにやってくれた職員方には、大変御苦労さまだったと思っています。 もっと読む
2019-02-07 福岡県議会 平成31年2月定例会(第7日) 本文 飯塚市は独自に保育士の修学資金として月額最大五万円、生活資金として月額最大二万円を無利子で貸し付け、五年間保育士として同市内で勤務すると全額免除されるといった制度を持っています。  そこで、急務の課題である保育士確保のため、県としてもこのような保育士への経済的支援制度を県内の他市町村に広げていくための取り組みをすべきと考えますが、知事の考えをお聞かせください。   もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日厚生文教委員会-12月19日-01号 公立高校においては、一定所得未満の世帯に対しては、国から就学支援金が支給され、実質、授業料が無償となっていますが、授業料以外にも入学手数料や学用品費などの経費がかかることから、県では勉学の意思があるにもかかわらず、経済的理由により学業を諦めることがないよう、学資の支弁が困難な生徒に対しては、無利子の育英資金の貸与を行っているほか、特別支援学校においては、教材費や給食費等について家庭の状況に応じて国及 もっと読む
2018-12-18 鹿児島県議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第7日目) 本文 しかし、そんな大株主であっても、その株を売って値上がり益を手にした場合、庶民の零細な預貯金の利子と同じ二〇%の税金しかかかりません。この優遇税制を正せば一・二兆円が確保できます。  また、大企業の純利益は、二〇一二年度の十九・五兆円から五年間で四十四・九兆円へ二・三倍にふえました。ところが、安倍政権は、こうした大企業からきちんと税金を集めず、四兆円もの減税を行いました。 もっと読む
2018-12-13 愛知県議会 2018.12.13 平成30年文教委員会 本文 今回の訴えの相手方は、長期の滞納や無回答など、誠意がみられないという説明があり、県としても、やむなく訴えたと受けとめているが、奨学金の返還はどのように行われているのか、また、無利子なのか確認したい。様々な事情がある人が大変多くいると思うが、個々の人々に対してどこまで相談に乗っているのか。 もっと読む
2018-12-11 北海道議会 平成30年第4回予算特別委員会−12月11日-02号 本道においては、人口減少やモータリゼーションの進展などにより、鉄道をめぐる環境が大きく変化する中、これまで、国は、JR北海道に対し、資金助成や無利子貸し付けなど、数次にわたる支援を行ってきたところであります。   もっと読む
2018-12-11 富山県議会 2018.12.11 平成30年経済建設委員会 まず、県では、IoTの導入を促進するために、コンソーシアムの設置、補助金制度、実質無利子の制度融資など、経営支援策の充実の取り組みをしておられるところでございます。  しかし、小規模な事業者にとってIoTというのは、どうも取っつきにくく、よくわからない──何ができて、どれだけの効果があるのかがわからない、という声をよく伺うわけであります。   もっと読む
2018-12-10 鹿児島県議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第6日目) 本文 月額五万円以内を二年間にわたり貸し付けるもので、そのほかに、入学する前の入学準備金二十万円や、就職する前の就職準備金二十万円を全て無利子で貸し付けるものであります。卒業後、県内で五年間保育士等として働いていた場合、その貸付金が返済免除になるというものであります。県によって少しずつ違う点もありますが、大体がこのようなものであります。   もっと読む
2018-12-07 栃木県議会 平成30年12月農林環境委員会(平成30年度)-12月07日-01号 秋口の台風による農作物や農業用施設の被害に対し、栃木県農漁業災害対策特別措置条例を適用いたしましたので、条例資金の利子補給と指定管理者の指定に伴う管理運営費に係る債務負担行為を追加するものです。  次に、第22号議案及び第23号議案ですが、これらについては、とちぎ花センター及び栃木県土上平放牧場の指定管理者の指定について議決をお願いするものです。   もっと読む
2018-12-06 山口県議会 平成 30年11月定例会-12月06日−05号 また、売り上げの減少等の影響を受けている農林漁業者の経営安定を図るため、農林漁業セーフティネット資金の無利子化を行うこととしています。 ○議長(柳居俊学君) 矢敷商工労働部長。     〔商工労働部長 矢敷健治君登壇〕 ◎商工労働部長(矢敷健治君) 周防大島復興支援パッケージについてのお尋ねのうち、商工業への支援についてお答えします。   もっと読む
2018-12-04 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月04日-02号 さきの我が会派の代表質問でも指摘しましたが、例えば繰出金4億円を繰り出すのではなく、約37億円もある起債残高への償還に充てるなどして平成34年度までに全額償還すれば、起債残高が早期にゼロとなるだけではなく、現在の償還計画よりも利子の支払いを約1億3,000万円減少させることができます。また、スリム化をすることで、現在18人いる職員の定数減少にもつながります。   もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第4日目) 本文 東葉高速がこのような状況となったのは、建設時にさかのぼり、当時、後につくばエクスプレス等に用いられた、建設費の大半を無利子貸し付けで賄う制度がなく、東葉高速は鉄道建設公団が建設し、完成後に事業者に譲渡する、いわゆるP線方式を採用したことで多額の有利子負債を抱えることになったのが原因です。 もっと読む
2018-11-30 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-11月30日-08号 また、学習意欲を有するにもかかわらず、経済的理由により修学が困難な高校生を対象に無利子の奨学金といたしまして、県及び群馬県教育文化事業団が貸与しております「高等学校等奨学金」の制度がございます。貸与額は公立高校で月額1万8,000円、貸与者は現在196名でございまして、そのうち今年度新規の貸付者は61人となっております。 もっと読む