2830件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

兵庫県議会 2019-03-20 平成31年 2月第343回定例会(第10日 3月20日)

阪神淡路大震災災害列島の発端となりました。私たちは、必死に創造的復興を遂げんと努力して今日に至りました。来年1月17日には、25年を迎えます。それだけに絶対に阪神淡路大震災を風化させない、忘れない、伝える、活かす、備えるをテーマに、しっかりと安全・安心社会へのメッセージを発信していきます。  また、長い長いデフレの時代でした。今も解消できていません。

東京都議会 2019-03-19 2019-03-19 平成31年環境・建設委員会 本文

昨年の西日本における豪雨やその後の台風は、日本列島を縦断し、多くの電柱を倒壊させたとともに、大規模な停電被害を発生させました。  このため、都は、いち早く防災事業の緊急総点検を行い、無電柱化については、平成二十七年度から実施している緊急輸送道路防災拠点を結ぶ道路など、防災に寄与する路線の補助をしておりましたが、来年度、新たに見直し、防災緊急パッケージとして補助率を拡大するとのことです。  

兵庫県議会 2019-03-11 平成31年度予算特別委員会・速報版(第9日 3月11日)

日本列島弥生時代のあり方を考え直すような重要な歴史資料と評価しているところである。  平成31年度は、南あわじ市で研究成果をまとめるが、学術調査報告書が刊行されることから、まずは国の重要文化財指定を目指したいと考える。同時に、銅鐸の保存処理が完了することから、市では地元の美術館である玉青館に全ての銅鐸を常時展示できるように施設を改修し、本格的な公開活用も進めていくこととなっている。  

兵庫県議会 2019-03-08 平成31年度予算特別委員会・速報版(第8日 3月 8日)

日本列島北海道から九州まで移動しようと思えば、兵庫県を必ず通らなければならないので、そういう優位な場所にあるというような、いろいろな特性をアピールしていっていただきたいと思うので、よろしくお願いする。  それでは、三つ目の質問である。  今度、淡路に関わる質問であるが、兼高かおる旅の資料館の今後についてお伺いをする。  

長野県議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会文教企業委員会-03月06日-01号

それから、一般質問で取り上げましたけれども、日本列島各地では、今、大規模地震が発生しています。本県では、発生確率が極めて高い、糸魚川-静岡構造線断層帯を初めとする、多くの活断層存在しています。大規模災害に備えた水道水の安定供給体制の構築は喫緊の課題であり、この点につきましては、耐震化を進めていただいておりまして、大変ありがたいと思っております。  

長野県議会 2019-03-05 平成31年 2月定例会危機管理建設委員会-03月05日-01号

おそらく歴史的に見れば、このリニアモーターカーというのは、日本列島改造論の田中角栄先生の高速都市構想の最終章になって、おそらく、私が生きている間では最後のビックプロジェクトで、高速自動車網を含めた大開発としてはおそらく相当なものは今後ないんじゃないかなと思われるぐらいの開発だと思うんです。  

長野県議会 2019-03-01 平成31年 2月定例会文教企業委員会-03月01日-01号

もっというならば、千島列島全て日本のものなのです。なぜかというと、樺太ロシア人と日本人が混在しているときにいろいろな、いざこざがあったりしてはいけないということで、樺太からは日本は手を引く、かわりに千島列島ロシア交換しようということで交換したのです。ですから、北方4島以外の千島列島は別に日本戦争で奪い取ったものじゃないのです。国と国とが交換したのです。  

東京都議会 2019-03-01 2019-03-01 平成31年都市整備委員会 本文

三年前の熊本地震を初め、昨年には大阪府北部地震北海道胆振東部地震が発生するなど、近年大きな地震日本列島では頻発しております。首都直下地震につきましても、いつ発生してもおかしくない状況にありまして、都民の生命財産を守るためには、木密地域の不燃化のさらなる加速が必要でございます。  

鹿児島県議会 2019-03-01 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文

日本列島どこでも営まれている農業です。  細川政権で米の自由化に踏み切ったものの、自民党政権下にあっては、国益として対外経済交渉から守ってきました。長い間の減反調整の米政策にかわり、平成二十六年から水田フル活用の取り組みが始まりました。この中で飼料用米の制度が始まりました。  

青森県議会 2019-02-28 平成31年第297回定例会(第3号)  本文 開催日: 2019-02-28

日本列島改造論で、日本全土に新幹線を走らせるという発言をして、今ではそれがもう実現していると。やっぱり県のトップである知事には、ぜひとも、青森は短命県じゃないぞというような強烈なビジョンを出していただいて、政策につなげていって、未来の青森を変えていただきたいものだと思っております。  

愛媛県議会 2019-02-27 平成31年第362回定例会(第3号 2月27日)

まさに災害列島の感があった昨年、大阪府北部地震西日本豪雨災害北海道胆振東部地震台風災害などに加え災害級の猛暑と、日本列島はどうなっていくのか不安を感じる日々でもありました。  これから西日本豪雨災害からの復興支援に全力で取り組むとともに、予想される災害への備えもしっかりと行う必要があります。

長野県議会 2019-02-21 平成31年 2月定例会本会議-02月21日-04号

これからの日本列島は、地震を初め、台風、豪雨、竜巻、火山噴火、豪雪とさまざまな災害に関しかなり深刻な状況に入っている可能性があるとの専門家の指摘です。古くから、備えあれば憂いなしと言われています。できることから確実にと申し上げ、質問といたします。ありがとうございました。 ○副議長(小林東一郎 君)この際、15分間休憩いたします。         

千葉県議会 2019-02-07 平成31年2月定例会(第7日目) 本文

昨年は大阪北部地震平成30年7月豪雨や北海道胆振東部地震、また、大型台風日本列島にたびたび上陸するなど、数多くの災害が発生いたしましたが、大規模な災害は、いつ、どこで発生してもおかしくありません。大規模災害が起きたときには、1自治体で対応できないことがふえてきています。いざ災害が起こったときには、全国から警察消防などの防災関係機関が集まって支援体制をとり、救出・救助訓練が行われています。

千葉県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会 発議案

                         同    守 屋 貴 子                          同    安藤じゅん子                          同    大 崎 雄 介    「想定し得る最大規模」という水防法の一部改正によってつくられる    高潮浸水想定区域図が、より分かりやすく、より現実的に、より住民    避難対処がきめ細かく出来る想定区域図になるよう求める意見書(案)  日本列島