843件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿児島県議会 2020-12-17 2020-12-17 令和2年第4回定例会〔 請願・陳情議決結果 〕

              て                   (窓口無料)を求めるかごしまの会                                     共同代表 所崎 治代 外一四団体 20 陳情  5007 令2・9・10 鹿児島県における分煙環境整備

鹿児島県議会 2020-10-07 2020-10-07 令和2年第3回定例会〔 請願・陳情議決結果 〕

              て                    付(窓口無料)を求めるかごしまの会                                     共同代表 所崎 治代 外一四団体 14  〃  5007 令2・9・10 鹿児島県における分煙環境整備

鹿児島県議会 2020-10-07 2020-10-07 令和2年第3回定例会〔 意見書等議決結果 〕

令和二年十月七日         鹿児島県議会議長  外 薗 勝 蔵 衆議院議長  殿 参議院議長  殿 内閣総理大臣 殿 文部科学大臣 殿       ─────────────   分煙環境整備・維持に地方たばこ税を活用する仕   組みの構築を求める意見書  本年四月から改正健康増進法全面施行され、多くの施設において屋内原則禁煙となり、屋内での喫煙には喫煙室設置が必要となるなど、受動喫煙対策

鹿児島県議会 2020-10-07 2020-10-07 令和2年第3回定例会(第8日目) 本文

陳情第五〇〇七号鹿児島県における分煙環境整備に関する陳情書の一項、二項及び四項は、「望まない受動喫煙防止改正健康増進法内容周知徹底を図ること、議会として、望まない受動喫煙防止のために地方たばこ税分煙環境整備に活用できる仕組みづくりを国へ要望することが必要である」との意見があり、全会一致採択すべきものと決定し、国に対して意見書を発議することといたしました。  

熊本県議会 2020-09-25 09月25日-05号

なお、国及び地方公共団体の責務として、1つ、受動喫煙による健康影響等について、パンフレット資材の作成、配布等を通じて周知啓発を行う、2つ、飲食店等における中小企業事業主等が、受動喫煙対策として一定の基準を満たす喫煙専用室等整備する際、その費用について助成を行う、3つ、屋外における受動喫煙対策として、自治体が行う屋外における分煙施設整備に対し、地方財政措置による支援を行うとあります。 

岐阜県議会 2020-09-01 10月08日-05号

請願第十四号 地方たばこ税を活用した分煙環境整備に関する請願書については、たばこ購入時に負担する税負担率は価格の六割に達しており、納税者負担した税の一部が屋外分煙施設整備などに還元されること、また、そうした対応が望まない受動喫煙を避けるためにも有意義であることから採択すべきとの意見があり、採決の結果、全会一致をもって採択すべきものと決定をいたしました。 

大分県議会 2020-03-27 03月27日-09号

-------------------------------議員提出第2号議案 地方たばこ税の一部を受動喫煙防止のための分煙環境整備推進に活用することを求める意見書議員提出第3号議案 社会資本整備を戦略的かつ計画的に進めるために必要な措置を求める意見書議員提出第4号議案 IR推進法及びIR整備法の廃止を求める意見書議員提出第5号議案 自衛隊の中東派遣に反対する意見書議員提出第6号議案 日米地位協定

鹿児島県議会 2020-03-24 2020-03-24 令和2年第1回定例会(第9日目) 本文

陳情第一〇〇七号地方たばこ税を活用した分煙環境整備に関する陳情書について、第一項、第二項、第四項については、「今後の国の動きも注視しながら、本県や県内の各自治体が、今後の課題として検討していく必要がある」との意見があり、継続審査すべきものと、第三項については、「県として県民や事業者等に対し、改正健康増進法内容受動喫煙対策に関する普及啓発など、周知を図ることは可能であり、また必要であると考える」との

鹿児島県議会 2020-03-13 2020-03-13 令和2年総務委員会 名簿

 一 君   ────────────    議会事務局  主 幹 兼           委 員 会           第一係長  金 氣 幸 治 君           主 幹 兼           政務調査           第一係長  善 福 優 子 君   ──────────── 六、会議に付した事件 (一)請願陳情  〔新規分〕   陳情第一〇〇七号 地方たばこ税を活用した分煙

岡山県議会 2020-03-03 03月03日-03号

条例制定により,禁煙エリアを設ける施設が増え分煙が進むことを期待していますが,改正健康増進法では,喫煙可表示義務はあっても禁煙店禁煙表示義務はありません。これは,禁煙店を利用したいと思う人には大変分かりづらく,困惑するとの声を聞きます。 そこでお尋ねします。 禁煙店には禁煙表示をすることを県として積極的に進めてはいかがでしょうか。

徳島県議会 2020-02-01 02月18日-02号

最後に、分煙のための喫煙場所整備について要望させていただきます。 与党・自由民主党、公明党が発表した令和二年度税制改正大綱において、望まない受動喫煙防止対策や今後の地方たばこ税の安定的な確保の観点から、地方たばこ税の活用を含め、地方公共団体が積極的に屋外分煙施設などの整備を図るように促すこととすると示されています。

大阪府議会 2020-02-01 03月02日-03号

今年度は、モデル整備の第一号として、門真運転免許試験場の近くに屋外分煙所を整備するとのことですが、整備目標を二〇二四年度までに二十か所から三十か所として屋外での喫煙対策を進めていくとした割には、進捗が遅いと感じています。 屋外分煙所整備検討に当たっては、整備場所確保運営手法など様々な課題がありますが、中でも設置者の財政的な負担が最も大きな課題だと考えます。

大阪府議会 2020-02-01 02月28日-02号

現在の屋外分煙所の整備状況と今後の予定について、健康医療部長に伺います。 ○副議長西惠司君) 藤井健康医療部長。 ◎健康医療部長藤井睦子君) 昨年九月に取りまとめた基本的考え方では、府がコーディネート役となって市町村民間事業者と連携し、条例全面施行までに国通知に即した屋外分煙所を二十から三十か所整備する目標を掲げました。