1278件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石川県議会 2019-07-31 令和 元年 7月31日総務企画県民委員会-07月31日-01号

今回、人的被害は発生しませんでしたが、一連の雨による内水等の氾濫などにより、穴水町で床下浸水が1棟、能登町で一部損壊が1棟の被害がありました。  また、農林・土木関係の被害状況ですが、農林関係では、農地や水路等ののり面崩壊など162カ所で約2億9,400万円余、土木関係では、護岸損壊や道路の路肩決壊など51件で約4億4,000万円余の被害が発生しました。  

石川県議会 2019-07-24 令和 元年 7月24日環境農林建設委員会-07月24日-01号

2の住家の被害については、この雨による崖崩れにより能登町柿生地内で住宅が一部損壊したほか、内水により穴水町大町地内で床下浸水が1棟発生しました。  3の河川水位等の状況については、越水した河川はありませんでしたが、避難勧告発令の目安となる警戒レベル4に相当する氾濫危険水位を超えた河川は、八ケ川、小又川、熊木川の3河川となりました。  

長野県議会 2019-06-28 令和 元年 6月定例会本会議−06月28日-05号

岡田川と千曲川の合流部では、岡田川の内水対策のため排水機場の整備を進めており、平成29年6月に河川整備計画を策定し、翌30年度から交付金事業により着手しています。現在は排水機場の詳細設計を行っており、今年度、用地買収及び埋蔵文化財調査に着手する予定です。流域にお住まいの皆様の安全、安心の確保のため、できるだけ早期に工事に着手できるよう事業の進捗に努めてまいります。  

滋賀県議会 2019-06-25 令和 元年 6月定例会議(第2号~第8号)-06月25日-06号

大戸川ダム整備後でも内水氾濫による浸水リスクが残ることへの対策にどう取り組むのか、土木交通部長に伺います。  次に、県が策定した淀川水系信楽・大津圏域河川整備計画に示されている大戸川の計画目標は、将来計画および大戸川ダムとの整合を図り、黒津地点で、おおむね10年に1回程度の降雨により予想される洪水安全に流下できるよう段階的に整備を行い、計画高水流量は黒津地点で毎秒550トンとされています。

愛媛県議会 2019-06-19 令和元年第364回定例会(第4号 6月19日)

本来、大雨による越水に備えて堤防を整備する外水対策と、雨水の排水等を行う内水対策を並行して実施してこそ、万全な治水対策であると言えると思います。  ここで、内水対策の難しさの実例を挙げさせていただきます。大洲市消防団の白滝分団長によりますと、旧長浜町の白滝地区では、本流の肱川の増水に伴い、支川の滝川への逆流を防ぐ樋門を操作するために消防団員が出動。

滋賀県議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会議(第2号〜第8号)−06月17日-02号

勉強会におきましても、内水の氾濫や降雨規模によっては大戸川からの氾濫が想定され、避難計画や非常時の情報伝達方法などの事前の対策の重要性を改めて認識したところでございます。  今後も、「ながす」「ためる」「そなえる」「とどめる」によるハード、ソフト対策を並行して取り組み、流域治水政策を一層進めてまいりたいと存じます。  

滋賀県議会 2019-05-28 令和 元年 5月28日琵琶湖対策特別委員会-05月28日-01号

まず、内水排除地区、非内水排除地区の両方がありますけれども、沿岸市へのヒアリングなどを行った上で課題抽出し、要望などをしっかりと把握してまいりたいと思います。  そして、非内水排除地区のほうですが、現在、可搬式ポンプを持っているところ、持っていないところ、そして対応しているところ、あるいは対応していないところがあります。

滋賀県議会 2019-03-13 平成31年 3月13日琵琶湖対策特別委員会−03月13日-01号

3 内水排除流域における被害軽減対策について (1)当局説明  伊藤農政水産部分技監 (2)質疑、意見等 ◆西村久子 委員  長年困ってきたことがやっと取り上げてもらえた、まだその段階です。随分長い年月がかかりました。ところが、農家自体はもう戸数が減っています。大規模経営企業体はあっても意見を出す人が減っています。今までは個々に意見などを言ったけれども、その数が少なくなり、力が弱くなりました。

愛媛県議会 2019-03-04 平成31年第362回定例会(第5号 3月 4日)

特に本県で申しますと、南海トラフ巨大地震や伊方原発に万全の備えが求められる上、西日本豪雨のような線状降水帯はどこででも発生する可能性があることから、河川内水の氾濫、ダムの決壊、土砂崩れ、電気、ガス、水道道路の寸断など、想定されるさまざまな被害を県内全て、我が町ごと、自分事として想定する必要があるのではないでしょうか。犠牲者をいかに防ぐか、被害をいかに軽減するか。

千葉県議会 2019-03-01 平成31年_農林水産常任委員会(第1号) 本文 2019.03.01

第7款第5項第4目漁業調整委員会費の予算額は5,711万9,000円で、海区漁業調整委員会内水漁場管理委員会の運営費などです。  260ページをお開きください。第7款第5項第5目漁業取締費の予算額は8,909万8,000円で、漁業取締船2隻の運営費などでございます。  261ページをごらんください。

島根県議会 2019-02-25 平成31年_建設環境委員会(2月25日)  本文

議員さんの意向とか周辺住民の方々の意向、並びに出雲市内の内水対策につきましても、先ほど来、河川課長申しておりましたけれども、予算について十分手当てをしたというふうな発言もあったと思いますけれども、事業の進捗に努めてまいりたいと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。

広島県議会 2019-02-22 2019-02-22 平成30年度予算特別委員会(第2日) 本文

一方で、下流の福山市を中心として、芦田川の水位が高いものですから、市街地に降った雨をはき切れなくて、内水被害というものが発生しております。こういう対策はしっかりとまた連携して取り組んでいかなくてはいけないと思います。  また、太田川のほうに目を転じてみますと、太田川東側の流域に雨がかなり集中して降ったのが今回の特徴です。