運営者 Bitlet 姉妹サービス
9528件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-22 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号 次に、ビール麦について、収穫はあったが長雨のため品質が低下しているので、共済関係の対象とするよう検討してもらいたい。また、甘夏ミカンの出荷計画問題、スイカ、メロン等の出荷調整についても十分検討の上対応してもらいたい旨の要望がありました。  なお、行政改革について、県が行おうとしている行財政改革については結構なことと思う。 もっと読む
2045-06-11 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号 そのほか、中小企業倒産防止共済制度への加入促進、倒産関連特別保証制度の活用により連鎖倒産の防止に努めてまいっております。 もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 ここは皆さんの共済組合の病院でもありましたが、地元としてはここで生まれた方も結構おり、大変思い入れの強い病院でもあります。今はTBSの展示場に来年三月まで貸していますが、こうした都有地活用に当たっても、ここは青山病院でしたから、医療、健康の要素もテーマとした整備が望まれます。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 しかし、協会けんぽも健保組合も各種共済組合も保険給付を受ける権利は被保険者はもちろんのこと、保険料を払う必要のない被扶養者にもひとしく保障されています。  けれども均等割はありません。国の説明は成り立っていないんです。さらにいえば、国保が相互扶助だというのも法律のどこにも書いていないことです。 もっと読む
2018-12-13 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会-12月13日-04号 また今回、カキ養殖業者が不測の減収を補填する漁業共済制度に加入していなかったことから、漁業共済組合とともに同制度への加入促進にも努めているところでございます。  それから、カキ養殖業の振興を図るため担い手確保を初めについての取り組みについて御質問がございました。カキ養殖業の振興においては担い手の確保が大きな課題でございまして、近年、漁家子弟以外から新規就業した事例も多いところでございます。 もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会県民文化健康福祉委員会-12月12日-01号 県職員の皆さんは、地方公務員共済組合に入っていらっしゃいまして、収入に保険料率を掛けて計算すると。さっき部長から国保については、収入という点では非常に脆弱な皆さんがお入りであるからということで53%云々という話がありましたが、私は今回言わんとするところは、収入に保険料率を掛けて計算するというだけでやっている。 もっと読む
2018-12-11 富山県議会 2018.12.11 平成30年厚生環境委員会 上田委員 年金は国民年金と厚生年金、そして皆さん方が加入しておられる共済年金もあろうかと思いますけれども、やはり国民年金が1階部分の基礎の部分になってきますので、これが年金に対する考え方の一番多く当てはまる部分なのだろうと思います。3割以上の方々が繰り上げるということであって、繰り下げる方々が1%を少し超えたぐらいだというのが、年金に対する考え方なのだろうと思います。   もっと読む
2018-12-10 長野県議会 平成30年11月定例会県民文化健康福祉委員会-12月10日-01号 こちらにいらっしゃるとおわかりにならないかもしれませんが、商工関係で一番大きいのが松川町の商工会で、今から50年ぐらい前でございますが、小規模企業共済という名前だったか、月2,000円で200万円の生命保険やいろいろな補償があるという保険の組み合わせをしてやりまして、それでそれは会員の皆さん方が変形できるものでございます、例で申し上げますが、借り入れをするときに最高2,000万円の保障があるから、月 もっと読む
2018-12-07 北海道議会 平成30年第4回予算特別委員会第2分科会−12月07日-03号 道の獣医師のみでは対応が困難となる場合には、獣医師会や農業共済組合などで構成される海外悪性伝染病防疫対策連絡協議会にあらかじめ登録されております獣医師の派遣が可能であるほか、必要に応じて、家畜伝染病予防法に基づき、他府県へ家畜防疫員の派遣要請を行うことができることになってございます。   もっと読む
2018-12-04 青森県議会 2018.12.04 平成30年第296回定例会(第5号)  本文 また、漁業経営への影響が最小限にとどまるよう、青森県漁業共済組合と連携し、減収を補填する漁業共済や、漁業収入安定対策、いわゆる積立ぷらすの加入促進に努めるなど、沿岸漁業者の経営安定を図っていきます。 ◯副議長(山谷清文) 田中議員。 もっと読む
2018-12-03 北海道議会 平成30年第4回定例会-12月03日-03号 その健康診断は、平成17年度まで、地方職員共済組合に随意契約により委託されていたとのことでありますが、平成18年度からは、一般競争入札の方式を導入して、落札した民間事業者へ委託し、実施されていると聞いております。   もっと読む
2018-12-03 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-12月03日-09号 現行の補償制度であります農業共済制度やナラシ対策、価格安定制度は、それぞれ対象品目や産地が限られまして、補償要因も自然災害による収量減少や価格低下などに限定されております。  これに対し収入保険は、産地や品目の枠に捉われないために、議員御指摘のソバをはじめ野菜、そしてこれまで公的な補償制度のなかったコンニャクや花など、本県の主要品目の全てが補償の対象となります。 もっと読む
2018-11-30 青森県議会 2018.11.30 平成30年第296回定例会(第4号)  本文 特に、津軽地域は一割から一割五分程度の減少は当たり前で、場所によっては二割以上の減少となり、本来ならば、共済の対象となります。この作柄状況は、飼料用米の数量加算の算定においても基準となるものであり、今まで以上に大きな意味を持つ数字です。  以前から、国が発表する作柄状況は実態とずれているといった声を耳にしていましたが、ことしほど強く聞かされることはありませんでした。 もっと読む
2018-11-21 富山県議会 2018.11.21 平成30年農林水産委員会 これは、全国農業共済組合連合会から委託を受けた各都道府県の共済組合が窓口となって、2019年産の農産物から対象ということです。  この収入保険は、農家の収入が減少したときに、過去5年間の基準収入の8割を補うと。過去5年間の青色申告を行う農業者である個人と法人を対象としています。過去5年間の申告というのは非常に高いハードルということで、1年分の青色申告実績があれば、加入可能とも聞いております。 もっと読む
2018-11-06 北海道議会 平成30年第14回農政委員会会議録-11月06日-01号 このような自然災害に近い被害については、農業共済組合によって損害補償されるセーフティーネットが整備されておりますが、米など加入が義務づけられている作物は別としても、比較的小規模な農家や新規就農者など、収益の関係から農業共済に未加入の農家も少なくありません。  また、牧草やサイレージについても、農家経営への影響を大きく受けると聞いております。   もっと読む
2018-11-01 富山県議会 平成30年11月予算特別委員会 また、農林水産公社が実施する漁業者の安定経営のための情報提供等を支援いたしますとともに、漁業共済、漁船保険制度など、漁業経営に関するセーフティーネットのための制度への加入促進に努めておるところでございます。  県では、現在新たな水産業振興計画の策定に向け、検討を進めておりまして、さらなる本県漁業者の経営基盤の強化、安定化のための施策を推進してまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-11-01 石川県議会 平成30年11月 1日決算特別委員会-11月01日-01号 主な理由しては、13ページ一番下の生活保護扶助費の返還金や、14ページ上から4つ目の心身障害者扶養共済掛金、15ページの上から3つ目の児童養護施設の入所児童に係る保護者負担金、その下の児童扶養手当の過誤払いに係る返納金について、納入義務者である保護者や扶養義務者の生活困窮等の事情により未納となったものです。   もっと読む
2018-10-31 愛媛県議会 平成30年スポーツ文教警察委員会(10月31日) 目の02番、教職員人件費でございますが、教職員の人事管理、福利厚生等のための費用で、教職員の健康対策に係る経費や公立学校共済組合への事務費負担金等でございます。不用額1,635万5,873円の主な理由は、入札減によります教職員健康対策事業費の支出減等によるものでございます。   もっと読む
2018-10-31 愛媛県議会 平成30年農林水産委員会(10月31日) 9の農業協同組合指導費及び169ページ、10の農業共済団体指導費は、農協及び農業共済組合の検査、指導に要した経費でございます。  12の農林水産研究所費は、農林水産研究所及び果樹研究センターの運営や機器整備のほか、各種試験研究を通じて、農業生産の高付加価値化、低コスト化、省力化等の技術確立に要した経費でございます。   もっと読む
2018-10-29 石川県議会 平成30年10月29日決算特別委員会−10月29日-01号 職員費については、第2節の給料、第3節の職員手当等、第4節の共済費の3科目でなっていますが、不用額はそれぞれ3,500万円余、8億700万円余、3,300万円余です。この中で大きい職員手当等における不用額については、退職手当の執行残ですが、これは自己都合退職者などへの支給額が予算現額を下回ったことによるものです。  続いて、総務部所管の一般会計における歳入について説明します。   もっと読む