741件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-22 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号

(拍手) ○議長(幸山繁信君) 次に公害対策特別委員長の報告を求めます。八木繁尚君。   〔八木繁尚君登壇〕 ◆(八木繁尚君) 去る三月県議会定例会において公害対策特別委員会に付託されました調査事件のうち主に審議されました事件は、水俣病対策に係るチッソ県債の継続発行に関する件、田浦湾のベンツピレン対策及び陳情書についてであります。  

熊本県議会 2045-06-11 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号

また、見直しに当たりましての今後の見通しでありますが、チッソ株式会社に対する費用負担計画を変更する前提として、公害防止事業費事業者負担法の規定により県公害対策審議会の意見を聞く必要がございますので、煮詰まりましたならば、なるべく早くこの審議会に諮問し、その答申を得たいと思っております。

千葉県議会 2019-03-05 平成31年_環境生活警察常任委員会(第1号) 本文 2019.03.05

次に項目の5、自動車交通公害対策事業、予算額5,055万5,000円でございます。このうち、自動車交通公害監視指導事業につきましては、ディーゼル車運行規制の遵守状況を監視指導する立入検査や、駐車場管理者へのアイドリングストップ周知等の業務を行うものでございます。  次に、154ページをお開きください。第5款第1項第6目環境研究センター費で、予算額4,861万4,000円でございます。

千葉県議会 2018-09-04 平成30年9月定例会(第4日目) 本文

江戸川左岸流域下水道本体は、昭和45年9月、公害対策基本法に基づく水質環境基準の類型指定を受け、流域別下水道整備総合計画をまとめ、流域内の当時6市2町の汚水を広域的に集め処理した後、東京湾放流する事業として、昭和48年3月に都市計画決定及び許可を得て事業に着手いたしました。しかしながら、その前途には多くの課題が山積しておりました。

千葉県議会 2018-03-07 平成30年_環境生活警察常任委員会(第1号) 本文 2018.03.07

次に項目の5、自動車交通公害対策事業、予算額5,802万円でございます。主な内容としては自動車交通公害監視指導事業で、ディーゼル車運行規制の遵守状況を監視指導する立入検査や、駐車場管理者へのアイドリングストップの周知等の業務を行うものでございます。  次に、155ページをお開きください。第5款第1項第6目環境研究センター費で、予算額4,673万1,000円でございます。

宮城県議会 2017-06-29 平成29年  6月 定例会(第360回)-06月29日−06号

特措法には放射線防護の原則をゆがめて市町村と住民に犠牲を押しつける誤り、汚染者の負担で解決するという公害対策の原則をゆがめて東電を免罪するという不当性や住民合意を無視する強権性という多くの誤りがあります。その誤りは知事の方針にも持ち込まれており、住民合意は不可能です。一斉焼却の方針は撤回し、特措法そのものの見直しを求めるべきです。答弁を求めます。  原発政策について伺います。  

大分県議会 2017-06-28 平成29年 第2回定例会(6月)-06月28日−05号

養豚業などの農業振興のためには重要な予算ではありますが、竹田市議会や県議会議長に対し、地元自治会大野川漁協からも公害対策等の陳情が提出をされています。本施設は、最新技術によって臭気対策やふん尿処理など対策を講じていますが、地域住民の不安払拭のために、竹田市と共同して、企業に対し、公害対策強化や設備等の老朽化対策をきちんと行うことを求めて、賛成討論といたします。  

千葉県議会 2017-06-06 平成29年6月定例会(第6日目) 本文

さて、本日はこの問題に熱心に取り組んでおられます君津市議会の三浦章議員、そして請願を提出されました御腹川と久留里地区の水を守る会、御腹川沿線公害対策議会、ちば水源愛護会、小櫃川の水を守る会の4団体の皆様も傍聴においででございます。ありがとうございます。  さて、新井総合施設について再度御説明いたします。皆様のお手元にございます資料、そしてこのパネルをごらんください。

福岡県議会 2017-03-23 平成29年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2017-03-23

二十一年度の研修に参加したタイの天然資源環境省公害対策局、以下、PCDといいますが、ここの職員が帰国後に研修で学んだ福岡方式処分場をタイ国へ導入するよう提案したところ、タイ国政府がこれを採用して、本県に協力を求めてまいりました。これを受けまして、二十四年度からはJICA草の根技術協力事業を活用し、バンコク都の北東三百五十キロにありますシーキウ市におきまして処分場の整備を支援してまいりました。

岐阜県議会 2017-03-17 平成29年  2月定例会 厚生環境委員会-03月17日−01号

同じく3目公害対策費の説明欄、◯公害対策費が3億8,502万4,000円でございます。  主な内容といたしましては、一番下の項目、大気環境等調査費では、県民の健康保護、生活環境の保全のため、県内の大気汚染状況について専用のシステムを運用して引き続き常時監視するとともに、関市内に大気測定局を新たに設置し、必要な自動測定機器を購入するなど、大気環境測定体制のさらなる整備を進めてまいります。  

岐阜県議会 2017-03-13 平成29年  2月定例会 厚生環境委員会-03月13日−01号

次に、このページ中ほどの3目公害対策費が1,547万3,000円の減額でございます。主なものといたしましては、説明欄の〇公害対策費の上から3つ目、大気環境等調査費が863万7,000円の減額でございます。これは、大気汚染防止法に基づく大気常時監視業務の委託契約額の確定や、大気測定局に整備した自動測定機器の更新経費に係る契約差金等に伴う減額でございます。  次に、126ページをごらんください。  

千葉県議会 2017-02-22 平成29年_環境生活警察常任委員会(第1号) 本文 2017.02.22

次に項目5、自動車交通公害対策事業、予算額5,379万8,000円でございます。主な内容としては自動車交通公害監視指導事業で、ディーゼル車運行規制の遵守状況を監視、指導する立入検査や駐車場管理者へのアイドリングストップ周知等の業務を行うものでございます。  次に、149ページをごらんください。項目の6、債務負担行為予算額3億8,100万円でございます。

群馬県議会 2016-11-30 平成28年 第3回 定例会−11月30日-08号

また、広域にわたる高速道路沿線の県が連携いたしまして騒音対策を行っております「高速自動車公害対策10県協議会」という組織がございまして、これを通しても今後、要請活動を行っていきたいというふうに考えております。  こうした要請を遮音壁の設置につなげていくためには、騒音レベル測定結果をしっかりと示していくことが効果的であるというふうに考えております。

千葉県議会 2016-11-08 平成28年_決算審査特別委員会(第6号) 本文 2016.11.08

主たる施策の中の81ページ、自動車交通公害対策事業があるんですけども、この中で公用車で燃料電池車を導入という形があるんですけども、この概要と活用状況について伺いたいと思います。  また、決算書の4ページにあります収入未済があるんですけども、こちら、利息を含めまして3,500万円以上の未済額とありますけれども、こちらの返還状況はどうなっているのかを伺いたいと思います。

福岡県議会 2016-08-02 平成28年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2016-08-02

この研修に参加しました公害対策局、以下PCDと略しますが、このPCDの職員が帰国後に、福岡方式の処分場をタイ国へ導入するよう提案しましたところ、タイ国はこれを採用して、本県に協力を求めてまいりました。このため平成二十四年度から、JICA草の根技術協力事業を活用し、シーキウ市におきまして処分場の整備を支援してまいりました。シーキウ市の場所ですが、恐れ入ります、三ページの地図をごらんください。

滋賀県議会 2016-07-13 平成28年 7月13日環境・農水常任委員会−07月13日-01号

あと、企業等がやっているいろいろな環境管理の取り組み、そういった公害対策、水質改善といった部分の取り組みであるなど、かなり幅広く研修で見ていただいているように思います。委員おっしゃるように、滋賀県でやっている環境の取り組み全般を、パッケージでごらんいただけるような研修内容にはなっていると思っております。

山口県議会 2016-06-20 平成 28年 環境福祉委員会-06月20日

それで、確かに騒音対策、遮音をしないといけないので、すごく丈夫、頑丈な設備が必要で、そこにお金がかかってしまうということで要望が出てきたということでございますので、今、市長会のほうには、防災で重要な設備であることから騒音防止という公害対策の観点に加え、災害防止に伴う防災対策の要請も踏まえながら条例の改正による適用除外について検討していこうというふうに、今、考えております。