8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

香川県議会 2014-10-17 平成26年[閉会中]決算行政評価特別委員会[総務部、危機管理総局、公安委員会] 本文 開催日:2014年10月17日

きのうの入間の話じゃないですけども、犯罪をしようとする人は死角になったところを逆にわかっているわけで、そこの部分は非常に難しいとは思いますけれども、どう考えていらっしゃるのか、再度お聞きしたいと思います。 羽白総務部長  委員お尋ねのLED化についてまずお答えさせていただきます。  

東京都議会 2007-06-20 2007-06-20 平成19年_第2回定例会(第10号) 本文

多摩地域を俯瞰いたしますと、国道一六号線沿線に工業立地がなされ、目を転じますと、この一六号線沿線には、従来から工業集積がなされてきた神奈川県相模原市埼玉県西部の狭山市入間とつながるベルトゾーンが見てとれます。加えて、圏央道の整備により、埼玉県においては、田園都市産業ゾーン基本方針を策定し、この沿線自治体産業団地の造成等に動き出しておりますし、千葉、茨城にもポテンシャルがあります。

埼玉県議会 1998-06-01 07月27日-02号

お尋ねの、通水口上流部の水質浄化対策につきましては、入間宮寺地先に浄化施設を計画し、平成十二年度完成を目標に用地買収を進めているところでございます。さらに、狭山市南入曽地先の林川の水質改善を図るため、不老川合流点に浄化施設の設置を計画しているところでございます。 

鹿児島県議会 1998-03-17 1998-03-17 平成10年農林水産委員会 本文

平成八年の十一月から第一回が始まっておりまして、埼玉県入間において第一回がスタートしております。それから、第二回が平成十年、ことしの二月に静岡県掛川市において、テーマとしましては、「緑茶文化日本人」ということをテーマにして開催されております。その第二回のときに、次の第三回につきましては知覧町で開催されるということに決まっております。

埼玉県議会 1997-06-01 08月05日-06号

昭和五十八年から三年連続の不名誉な記録を残した不老川も、その後、狭山市市民運動である「不老川をきれいにする会」をはじめとする、入間川越市の同様な市民運動の盛り上がりと、県市一体の取組もあって、一昨年は全国で十六位、昨年は二位と、どうにかワースト一の汚名を返上しているところであります。

群馬県議会 1995-06-08 平成 7年  6月 定例会−06月08日-02号

次に、長野県茅野市より埼玉県入間を結ぶ国道299号についてであります。過疎化や高齢化の進む奥多野地域につきましては、若者が定住し、地元での経済生活基盤が確保されることが緊急の課題であります。都市部との交流という観点から考えますと、国道462号を利用しての一方への流れがほとんどと言ってよい現状であります。

埼玉県議会 1988-06-01 08月03日-06号

本県の松くい虫による被害は、昭和四十九年に、入間所沢市など、県南西部で初めて確認されたところでございますが、松材の需要の減少から伐採が行われなくなったこと、予防効果の優れている薬剤の散布が、自然環境や生活環境の保全などへの配慮から、実施面で限界がありましたことなどによりまして、被害が県下一円に拡大したものでございます。 

埼玉県議会 1986-06-01 07月21日-07号

初めに、第九十号議案「埼玉県流域下水道設置条例の一部を改正する条例」については、「今回の改正により荒川右岸流域下水道入間が供用開始となるが、その時期、対象面積人口はどのくらいか。」とただしたところ、「十一月から供用開始となり、処理区域面積は百六十ヘクタール人口は一万四千人である。」との答弁がなされました。 

  • 1