85件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡山県議会 2020-03-04 03月04日-04号

次に,日本初の防止条例の制定から30年の節目を迎えた井原市美星町で,星空の世界遺産版である「星空保護区」のうちダークスカイ・コミュニティについて,アジア初の認定を目指して星守プロジェクトが進められています。星空保護区の認定制度とは,の影響のない,暗く,美しい星空を保護・保存するための優れた取組をたたえる制度であります。

鳥取県議会 2020-02-01 令和2年2月定例会(第8号) 本文

また、美しい星空と天体観測に良好な環境を守るための防止条例の制定と星空を通した教育の推進を求め、県に提言。県は、鳥取県星空保全条例を2017年12月議会で可決いただき、その後、星空保全地域鳥取市佐治町、日南町、若桜町、倉吉市関金町と4地域に拡大しました。同じく2017年、星と滞在型観光に主眼を置いたグラマラス、豪華なキャンプ、グランピングを岩美町東浜海岸のアルマーレで実施。

岡山県議会 2019-12-12 12月12日-06号

一部の報道では,「天体観測の妨げとなるの軽減に配慮しつつ,原則として毎日点灯する方向で取りまとめを図ることを確認した」とされていますが,同委員会は,「原則,毎日点灯してもよいと思う」,「ワークショップで365日の点灯にある程度の合意が見られる」という意見がある一方,「を最小限とするための技術的な見地を追求する」,「不用意な点灯拡大にならないようルールづくりが大事」など,慎重な意見も出されたと

鳥取県議会 2018-02-01 平成30年2月定例会(第1号) 本文

さらに、豊かな自然との共生に向け、星空保全条例に基づき、環境教育活動防止対策、星空を活用した地域振興策を進め、山陰海岸ユネスコ世界ジオパークの再認定に向けた強化策を講じ、全国みどりの愛護の集いの開催準備や大山登山道・トイレ等の整備、ごみゼロ社会実現に向けた食品ロス削減の取り組み支援などを行います。  

鳥取県議会 2018-02-01 平成30年2月定例会(第10号) 本文

しかし、星空の自然環境を守るため、となるサーチライトレーザー光線についての立証性、つまり、条例立法する理由を客観的な事実に基づいて説明できるのか、また、違法か合法なのかを判断する基準、つまり、立法性が不明確であり、行政罰である過料を伴う条例としては、もう少し時間をかけ、県民的な議論と理解を深める必要があるという判断から、私は賛成できませんでした。  

鳥取県議会 2018-02-01 平成30年2月定例会(第1号) 本文

さらに、豊かな自然との共生に向け、星空保全条例に基づき、環境教育活動防止対策、星空を活用した地域振興策を進め、山陰海岸ユネスコ世界ジオパークの再認定に向けた強化策を講じ、全国みどりの愛護の集いの開催準備や大山登山道・トイレ等の整備、ごみゼロ社会実現に向けた食品ロス削減の取り組み支援などを行います。  

鳥取県議会 2017-11-01 平成29年11月定例会(第9号) 本文

県内全市町村で星空を守るための要件は、まず第1に大気が透き通って清浄であること、第2に光の害が少ないこと、これは誰もが認めることですが、今回の条例にはのみが取り上げられ、大気汚染には触れられず、大気汚染防止法をよりどころとしてつくられています。しかし、大気汚染防止法があるにもかかわらず、大気汚染を完璧に守ることができないのが現状です。それでは星空が守れないことは明白でもあります。

鳥取県議会 2017-11-01 平成29年11月定例会(第1号) 本文

議案第25号、鳥取県星空保全条例の設定につきましては、本県の美しい星空が見える環境を子へ孫へと将来にわたって県民の財産として保全していくため、サーチライト等の使用の適正化や星空保全地域の設定など予防対策や支援対策を実施するとともに、本県の貴重な星空を環境教育などへ活用しようとするものであります。  

鳥取県議会 2017-11-01 平成29年11月定例会(第4号) 本文

それから防止条例を制定すべきだと、そういう提案を持ってこられました。  このの防止というのは、実は全国的にもなかなか手がつけられにくかった面があったのだろうと思います。若干えたいの知れないものでありますし、新しい概念ということがあろうかと思います。でも、美星町を初め、そうしたところは他にもないわけではなかったですが、県レベルで正面からそういうことを捉えたところはなかった。

鳥取県議会 2017-11-01 平成29年11月定例会(第9号) 本文

県内全市町村で星空を守るための要件は、まず第1に大気が透き通って清浄であること、第2に光の害が少ないこと、これは誰もが認めることですが、今回の条例にはのみが取り上げられ、大気汚染には触れられず、大気汚染防止法をよりどころとしてつくられています。しかし、大気汚染防止法があるにもかかわらず、大気汚染を完璧に守ることができないのが現状です。それでは星空が守れないことは明白でもあります。

鳥取県議会 2017-11-01 平成29年11月定例会(第9号) 本文

県内全市町村で星空を守るための要件は、まず第1に大気が透き通って清浄であること、第2に光の害が少ないこと、これは誰もが認めることですが、今回の条例にはのみが取り上げられ、大気汚染には触れられず、大気汚染防止法をよりどころとしてつくられています。しかし、大気汚染防止法があるにもかかわらず、大気汚染を完璧に守ることができないのが現状です。それでは星空が守れないことは明白でもあります。

鳥取県議会 2017-11-01 平成29年11月定例会(第1号) 本文

議案第25号、鳥取県星空保全条例の設定につきましては、本県の美しい星空が見える環境を子へ孫へと将来にわたって県民の財産として保全していくため、サーチライト等の使用の適正化や星空保全地域の設定など予防対策や支援対策を実施するとともに、本県の貴重な星空を環境教育などへ活用しようとするものであります。  

長野県議会 2017-07-03 平成29年 6月定例会環境産業観光委員会-07月03日-01号

今、星をよく見るためには、への対応が非常に大事になってくるだろうということで、環境省が取りまとめました光対策ガイドラインがございますが、それに対して周知を図りまして、星空がよく見えるような光の照明の仕方を各市町村で取り組んでいただけるような形の取り組みをしているところでございます。

石川県議会 2016-12-09 平成28年11月第 4回定例会−12月09日-03号

では、ですが、照射が動植物の生育上影響、特に水稲は短日植物であり夜間照明によって出穂遅延が生じ、特に出穂前二十日から四十日が一番影響されるとされています。光源の形式や照明灯の高さ照明時間、照度、品種間差異により多少の違いはありますが、五ルクス以上になると出穂遅延があらわれるとのことでした。  では、この五ルクスがどのぐらいの明るさなのかといいますと、ここから少々物理の時間となります。

滋賀県議会 2016-09-14 平成28年 9月14日県民生活・土木交通常任委員会-09月14日-01号

できるだけ、周辺への、あるいは景観面の圧迫を抑えるような構造にしたいと考えております。  第3種のほうですが、基本的に夜間にフィールド、あるいはトラック競技できるような照明をしますと、野球場まではいきませんけど、照明柱が必要になりますので、基本的には夜間スポーツに対応できる照明設備は第3種のほうには整備しないという予定です。

滋賀県議会 2016-06-20 平成28年 6月20日スポーツ振興特別委員会−06月20日-01号

地元との調整で、野球場は薄暮対応しか認めておりませんが、1種陸上競技場につきましては、可能な限り地元へのの負担を軽減して、夜間使用が理解されるように、今後、地元とお話を進めてまいりたいと考えております。 ◆冨波義明 委員  私たちが競技団体を通じて聞いていることは、特に子供たちの熱中症対策ですね。そのためにも、できるだけナイターなど、涼しい時にやらせてほしいという要望を聞いているのです。