8195件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-14 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号

第四番目といたしまして、母性の保護健康づくりの促進が必要であると考えております。御婦人の方々の健康の問題はもちろんでございますが、次代を担う子供健康を守りますために母性保護の充実が必要でありますし、健康づくりの促進が必要であるというように考えております。  第五番目といたしまして、婦人教育の推進でございます。

福井県議会 2019-07-12 2019.07.12 令和元年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文

県では、東京大学とのジェロントロジー、総合長寿学と言っているが、共同研究によって、「栄養」「運動」「社会参加」の3つの要素を高齢者みずからがチェックし、自発的な健康づくりを促進する「フレイル予防プログラム」に取り組んでいる。  昨年度までに7市町で取り組みが始まっていて、さらに今年度は、全国で初めて、全ての市町で、住民を対象としたフレイルチェックが実施される見込みである。  

福井県議会 2019-07-09 2019.07.09 令和元年第407回定例会(第4号 一般質問) 本文

例えば、今回提案させていただいております予算の中でも、植物工場の誘致に当たって人も一緒に誘致しないといけないということで、社宅補助、こういったことも対象に加えさせていただいたり、県が6月補正予算なのに、市や町は当初予算で新しいこと始めているんだ、健康づくりなんかでもこれも対象にしてほしいというようなお話についても配慮するということで、お話も申し上げたところでございます。  

福井県議会 2019-07-03 2019.07.03 令和元年第407回定例会(第2号 代表質問) 本文

具体的に申しますと、今度6月補正予算の中で健康づくりを市や町と一緒にやっていこうという補助金がございます。これにつきましては今回6月補正ということもありましたので、市や町からは、せっかく新しいことを4月からやっているんだけど9月補正で新しいことをやらないとだめなのと、こういうお話しもございました。  

福岡県議会 2019-07-03 令和元年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2019-07-03

福岡県が策定しました自転車活用推進計画では、今後、自転車を活用してサイクルスポーツの推進や健康づくりの推進、サイクルツーリズムによる観光振興などの施策に取り組んでいくこととされておりまして、私も、地域の振興のためにも、このような自転車を活用した施策をぜひ進めていただきたいと考えております。  

千葉県議会 2019-06-21 令和元年_健康福祉常任委員会(第1号) 名簿 2019.06.21

宇野 亨併任書記         岩木桂子担当書記、五寶壽也担当書記、増田 吏担当書記 5 説明員 [健康福祉部] 横山正博部長、岡田就将保健医療担当部長、神部眞一次長大谷俊介次長、         久保秀一健康危機対策監、中村勝浩健康福祉政策課長、石黒真平副参事、         井上宣之副参事人権室長、田中泰史健康福祉指導課長、         江口洋副参事福祉人材確保対策室長、大野義弘健康

青森県議会 2019-06-20 令和元年第298回定例会(第3号)  本文 開催日: 2019-06-20

政策分野別に見ると、仕事づくりに係る政策分野では、製造品出荷額や県産農林水産品輸出額、外国人延べ宿泊者数を初めとする多くの指標で目標を達成している一方で、若者の県内定着、還流や、県民の健康づくりに関連する政策分野では、合計特殊出生率など目標を達成している指標もあるものの、目標未達成の指標が多くなっているところです。  次に、これまでの取り組みの成果の評価についてです。  本県では、これまで「A!

青森県議会 2019-06-19 令和元年第298回定例会(第2号)  本文 開催日: 2019-06-19

また、若者、女性の県内定着、還流、そして県民の健康づくりなどの引き続く課題や、労働力不足、超高齢化時代への対応など顕在化してきた大きな課題に対しましても、臆することなく集中的に取り組みを展開してまいります。  計画に掲げた取り組みを着実に進め、県民の方々誰もがここ青森に生まれてよかった、ここで暮らしてよかったと思えるような青森県づくりに全力で取り組んでいきます。  

福岡県議会 2019-06-15 令和元年6月定例会(第15日) 本文

この構想は、ふくおか健康づくり県民運動とスポーツ立県福岡との二本柱となっておりますが、見る限り、健康寿命を維持していこうという人の体の健康ということが中心のように見えます。人が充実した人生を送るためには、体の健康とともに心の健康、生きがいが必要であります。そのためには、学び直しや社会貢献、生涯学習の視点も非常に重要だと私は思うところであります。

福岡県議会 2019-06-14 令和元年6月定例会(第14日) 本文

二〇一八年から始まったふくおか健康づくり県民会議設立総会の資料によりますと、本県の平均寿命、男性は八十・七二年、健康寿命は七十一・四九年で全国四十位、すなわち九・二三年の間は健康でない期間であります。女性の平均寿命は八十七・三二年、健康寿命七十四・六六年で全国三十位、すなわち十二・六六年の間健康でない期間であるということになります。

福岡県議会 2019-06-13 令和元年6月定例会(第13日) 本文

来年、東京オリンピック・パラリンピックが開催され、福岡県においてもスポーツ熱は過熱しており、また人生百年時代に向けた健康寿命を延ばす、ふくおか健康づくり県民運動もこれから進んでいくところでございます。覚えていらっしゃいますでしょうか、幼いときに自分の好きなスポーツに出会ったころのことを。

東京都議会 2019-06-12 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第11号)(速報版) 本文

公園は、スポーツを楽しむ学生や地域住民の利用者が多いこと、また、震災時の避難場所でもあることから、都は、健康づくりの場の充実や防災機能の強化等を目指しまして、整備に取り組んでおります。  具体的には、現在、平成二十七年度に取得した用地の将来のあり方につきまして、地元区と連携し検討を進めるとともに、開園した区域におきましては、停電時も点灯する照明灯や防災トイレなどの整備を実施しております。  

福岡県議会 2019-06-11 令和元年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2019-06-11

保健医療介護部といたしましては、以上、説明いたしました体制によりまして、県民の健康づくりの推進、がんなど疾病対策感染症食の安全対策などの健康危機管理、質の高い医療提供体制の確保、薬物の乱用防止、医療保険介護保険の安定的な運営、地域包括ケアを初めとした高齢者への支援、こういった政策課題に対しまして、関係団体市町村と連携、協力を図りながら、しっかりと取り組んでまいりたいと考えております。

福岡県議会 2019-06-09 令和元年6月定例会(第9日) 本文

このため、県民一人一人の健康寿命を延ばす、ふくおか健康づくり県民運動と、スポーツの力でもって県民生活を元気にするスポーツ立県福岡、これらを推進し、その相乗効果によりまして県民の皆様を元気にし、百年の人生を充実して過ごせる福岡県にしたい、そういう思いを込めまして、三期目のビジョンの一つとして、百年グッドライフ福岡県というものを掲げさせていただいたところであります。  次に、現在の課題でございます。

福岡県議会 2019-06-08 令和元年6月定例会(第8日) 本文

具体的には、歳出面では、必要性や効果の低いものにつきまして、廃止、効率化、重点化を行う事務事業の見直し、歳入面におきましては、個人県民税の徴収対策強化、未利用県有地売却によります収入の確保などによりまして、合わせて約百三億円の財源を確保した上で、豪雨災害の復旧、復興の加速、中小企業の生産性の向上、スマート農業への転換など第四次産業革命への取り組み、健康づくり県民運動の充実とスポーツ立県福岡の推進、地方創生

千葉県議会 2019-06-04 令和元年6月定例会(第4日目) 本文

この行政協力についてですが、昨年の11月に船橋市保健所健康づくり課が協力することを決定し、市のホームページで、髪の毛を寄附することで誰かが笑顔になるヘアドネーションに参加しませんかという市民への呼びかけを掲載し、また市の成人式においては、新成人にチラシを配布し、ヘアドネーションへの協力を呼びかけました。