3874件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿児島県議会 2020-12-17 2020-12-17 令和2年第4回定例会(第7日目) 本文

次に、危機管理防災局関係で、令和二年度鹿児島県地域防災計画修正案について報告があり、台風等による広範囲・長期間の停電通信障害対応するため、電力会社との連携や継続的な電力供給が必要な重要施設への対応強化を図るとともに、防災拠点確保するため、防災機能を有する道の駅を広域防災拠点として位置づけ、機能強化に努めること、その他にも、被災者への物資支援の充実や適切な外出抑制実施などについて、必要な記述

東京都議会 2020-12-09 2020-12-09 令和2年第4回定例会(第22号)(速報版) 本文

また、電気設備に付着した場合には停電が起きると報告書にあり、停電が起きれば地下鉄もとまってしまいます。  こうした中で、富士山が噴火した場合の備えを行うことは重要でありますが、富士山降灰対策に関する都のこれまでの取り組みと今後の対応についてお伺いをいたします。  次に、外国人に向けた取り組みです。  「やさしい日本語」は、一九九五年の阪神・淡路大震災きっかけに生まれた表現であります。

茨城県議会 2020-12-08 令和2年第4回定例会(第5号) 本文 開催日: 2020-12-08

次に,審査の過程におきまして論議されました主な事項を申し上げますと,霞ヶ浦導水事業計画変更による料金等への影響水道施設浸水対策停電,耐震化老朽化対策の現状,霞ヶ浦導水事業による那珂川への影響那珂川の魚に親しむ水族館の設置道路維持管理におけるICT技術利活用災害発生防止のためのダム事前放流のあり方,国道51号水戸大洗インターチェンジから国道6号間の道路整備,県道の着実な整備による

東京都議会 2020-12-08 2020-12-08 令和2年第4回定例会(第21号)(速報版) 本文

近年、日本各地気候変動影響とされます豪雨や台風によって大規模停電被害発生しており、災害時においても電力確保を図ることは重要であります。  都内への電力供給につきましては、電気事業者によりまして送電線ルートの二重化、電源分散立地など供給網整備され、レジリエンスの強化が図られております。  

千葉県議会 2020-11-16 令和2年_決算審査特別委員会(第6号) 本文 2020.11.16

◯説明者添谷防災政策課長) これは5年で終わるところだったんですけども、昨年度の台風等災害を踏まえまして、さらに、やっぱり長期停電への対応とか、情報が途絶してしまったような場合のそういった状況が出たということを踏まえまして、さらにライフライン、情報伝達体制を強めていく必要があるということで、期間を3年間と定めた上で、重点的に支援をさらに進めていくということにしたものであります。

千葉県議会 2020-10-23 令和2年_決算審査特別委員会(第3号) 本文 2020.10.23

令和2年度は、昨年の台風により一部施設停電発生したことを踏まえ、さらなる対策強化を図るため計画の一部を前倒し、福増浄水場を初め計6施設実施設計に着手します。一方、停電がさらに長期にわたった場合も想定し、燃料販売事業者燃料備蓄供給に関する協定を結び、燃料確保強化に取り組んでいます。  浄水課からは以上でございます。 ◯委員長(今井 勝君) 密本給水課長

石川県議会 2020-10-21 令和 2年10月21日総務企画県民委員会-10月21日-01号

災害が起こったときに、いわゆるブラックアウトという形で広域停電してしまった。千葉県で昨年、台風でありましたが、そうならなかった地域がある。そこはいわゆるその地域再生可能エネルギーを活用して、その地域だけ遮断して供給ができたという事例があったようです。地域マイクログリッドという小規模送配電網というのがあるようで、国も地域マイクログリッド支援事業というものを行っているようです。  

茨城県議会 2020-10-16 令和2年防災環境産業常任委員会  本文 開催日: 2020-10-16

避難所になっていて,ここに災害が起こった際は避難して,実は,焼却施設というのは電気をつくっているので,停電が起こってもここで過ごすことができるし,そういう意味では快適な避難所の環境が整っているということが一つの売りになっていて,防災拠点として活用されるということになっています。  

神奈川県議会 2020-10-13 10月13日-09号

次に、県営水道における揚水ポンプ所停電対策について申し上げます。  電源車導入に伴い、災害時においても運用できるよう要望いたします。  最後に、本県指定管理者制度とかながわ共同会について申し上げます。  本県指定管理者制度導入している障害福祉施設である津久井やまゆり園において、指定管理者の元職員が、平成28年、2016年7月に、世界的、歴史的大惨事と言える殺傷事件を引き起こしました。  

千葉県議会 2020-10-08 令和2年_環境生活警察常任委員会(第1号) 本文 2020.10.08

昨年、房総半島台風の際、本県は大規模停電となりましたが、現在、本県が進めている再生可能エネルギー導入、あるいは研究について、災害時の非常用電源の1つとして検討していただくように、担当部局とお話し合いをしていただければと思います。  続いて、本県では、自転車乗車中の交通事故が多発していることを憂慮し、千葉自転車条例が施行されました。

千葉県議会 2020-10-08 令和2年_総合企画企業常任委員会(第1号) 本文 2020.10.08

そこで令和2年度、浄水給水場における企業局停電浸水対策取り組みと、また工業用水に対する取り組みについてお伺いします。 ◯委員長岩井泰憲君) 秋場浄水課長◯説明者秋場浄水課長) 浄水課でございます。  県営水道では、浄・給水場等における停電対策浸水対策計画的に進めております。停電対策としては、燃料販売事業者燃料担保協定を締結し、燃料安定確保を図りました。

茨城県議会 2020-10-07 令和2年総務企画常任委員会  本文 開催日: 2020-10-07

最初,正直言うと,防災科研が何で停電で出動しなければいけないのだろうと僕は思っていました。が,実は,被害の全容がわかってくると,1カ月以上停電が続きましたよね。  結局,原因は,倒木影響により送電線が切れてしまったりとか通信線が切れてしまったことが原因でした。従来の工事事業者さんたちは,あれだけ大規模倒木発生してしまうと重機を入れたりとかできないのです。

青森県議会 2020-10-07 令和2年原子力・エネルギー対策特別委員会 本文 開催日: 2020-10-07

具体的な対策としましては、火災、内部溢水停電等への対策を図り、共通要因による安全機能の一斉喪失に起因する重大事故発生を妨げる対策、津波の影響を受けない高台への非常用電源追加設置電源車配備等電源確保対策代替の水源の確保代替給水設備強化等の最終的な除熱機能確保対策、緊急時対策所設置、大規模自然災害、テロ、故意による航空機衝突等対応するための特定重大事故等対処施設設置を行ってまいります

千葉県議会 2020-10-07 令和2年_健康福祉常任委員会(第1号) 本文 2020.10.07

また、故障時のバックアップ体制停電時の対応はどうなるのか。情報漏えいや改ざんを防ぐ対策はどのようになっているのか。県民の健康と命に直結する非常に大事なシステムですので、そのあたりについて教えていただきたいと思います。  以上です。 ◯委員長小野崎正喜君) 原見障害福祉事業課長◯説明者(原見障害福祉事業課長) 障害福祉事業課でございます。  

千葉県議会 2020-10-07 令和2年_総務防災常任委員会(第1号) 本文 2020.10.07

また、7月30日には東京電力パワーグリッド株式会社千葉総支社と災害時における停電復旧及び停電未然防止連携等に関する基本協定を締結しました。本協定では、災害時における大規模停電早期復旧等取り組みを進めるとともに、平時における計画的な樹木伐採についての相互協力についても取り組んでいくこととしております。

長野県議会 2020-10-06 令和 2年 9月定例会危機管理建設委員会-10月06日-01号

林務部でも予算20数億円ついて、茅野市でも2,500万円ぐらい、去年、つけていただいたと思うんですけれども、それは、大きい電線など停電事故にならないところを主にやっていて、細かいところまで到底手が回らないと思うんです。これをやりだしたらきりがないんじゃないかと思うし、判例として過去にそういうものがあったから、県が半分ということになったのか、きっかけがあったんでしょうか。

長野県議会 2020-10-06 令和 2年 9月定例会産業観光企業委員会−10月06日-01号

さらに、新しく建設する発電所には、災害時に周辺地域停電しても自立運転して発電できる機能を付加することとしておりまして、災害時に地域電源として活用いただけるように整備し、将来的には、この機能を活用して、発電所から地域拠点電気供給する地域連携水力発電マイクログリッドの構築についても、送配電事業者地元市町村の皆さんと研究してまいります。

東京都議会 2020-10-05 2020-10-05 令和2年総務委員会 本文

昨年の台風十五号では、千葉県などで停電があったり、屋根が吹き飛んだり、水道がとまったり、土砂崩れだったり、多くの被害発生をいたしました。私の知っている家では、いまだに屋根のふきかえが終わっていないそうでございます。平時より、都民の防災意識を高める取り組みを行うことが必要であると思っております。