2822件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

千葉県議会 2019-10-07 令和元年_健康福祉常任委員会(第1号) 本文 2019.10.07

今現在、法定研修のあり方についてちょっと御意見がございまして、私からも1点確認させていただきたいところでありますけれども、研修日程が長くて振りかえがきかないため、研修修了に複数年かかるケースがある方がいらっしゃるとお聞きしております。法定研修の組み方について県はどのような助言を行っているのか。

北海道議会 2019-10-01 令和元年第3回予算特別委員会第2分科会−10月01日-04号

初めに、学院への入校状況や修了生の就職状況は、現状、どのようになっているのか、伺います。 ○(畠山みのり委員長) 職業訓練担当課長内藤智之さん。 ◎(内藤職業訓練担当課長) 高等技術専門学院への入校状況などについてでございますが、本年度の8学院全体の入校者数は290名となっており、入校定員に対する入校者の割合を示す定員充足率は50.9%と、平成21年度以降、低下傾向が続いております。  

群馬県議会 2019-09-27 令和 元年 第3回 定例会(暫定版)-09月27日-04号

ただ、これは日本国内でのみ適用されるものでありまして、子どもが学齢期を外国で過ごした場合は、一般的には日本人学校などで教育を受けておりますが、まれには、議員のお話がございましたように、義務教育修了していないケースがあることも、市町村教育委員会のほうから伺っております。  

青森県議会 2019-09-25 令和元年第299回定例会(第2号)  本文 開催日: 2019-09-25

なお、同制度では、事業主自身の健康診断の受診や、県が指定する健康づくり担当者養成研修等を修了した者の配置、従業員に対するがん検診の受診勧奨等、六項目の必須要件と、従業員の定期健康診断の一〇〇%受診等、九項目の選択要件を定め、事業所に対し、職場の健康診断に係る環境づくりと受診率向上に向けた取り組みを求めています。  

愛媛県議会 2019-09-25 令和元年第365回定例会(第6号 9月25日)

これらを考慮すると、さまざまな理由で義務教育修了できなかった人や不登校等でほとんど学校に通えなかった人、また、本国義務教育修了していない外国籍の人などが学ぶ夜間中学の必要性は高まってきているとつけ加えさせていただき、私の質問を終わります。  御清聴ありがとうございました。(拍手) ○(西田洋一議長) 理事者の答弁を求めます。

北海道議会 2019-09-25 令和元年第3回定例会-09月25日-07号

このワイン産業を牽引する専門人材育成を図るため、平成27年度から全道を対象に開講しているワイン塾、ワインアカデミーにおいては、これまでに9名の修了生がワイナリーを新設したほか、今年度からは、ブドウ栽培やワイン醸造の技術の高度化を図るため、専門コースを設けるなど、取り組みが進められております。  

石川県議会 2019-09-20 令和 元年 9月20日予算委員会−09月20日-01号

また、人材育成の面では、いしかわ耕稼塾におきまして基礎技術知識を学べる研修を実施しているほか、地域のリーダーとして活躍が期待される若手農業者を対象に経営戦略やマーケティングの手法を学ぶコースも開講しており、これまでの修了生の中には奥能登地域で活躍している後継者候補も複数名おります。

愛媛県議会 2019-09-20 令和元年第365回定例会(第4号 9月20日)

県では、市町の要望に応じて、公立医療機関自治医科大学卒業医師等を配置いたしまして、僻地医療等の確保に努めておりますほか、平成21年度に地域医療医師確保奨学金制度を創設してから、これまでに約190人の地域医師奨学金を貸与するとともに、愛媛大学医学部地域医療支援センターを設置し、キャリア形成支援体制の構築を進めているところでありまして、来年度から必要な研修を修了した医師を順次、医師が不足する地域

北海道議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会-09月17日-03号

このうち、産業発展に不可欠な人材育成に関しては、商品の磨き上げやマーケティングを学ぶ地域フード塾において、修了生がみずからOB会組織を結成し、自主的な勉強会の実施や、連携による商品開発が進められていることなども踏まえ、本年度からは、新たに、修了生を対象とした経営力向上に向けたコースを設けたところであります。  

北海道議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会-09月13日-02号

こうした結果を見ると、地域の実情に明るくない若者などを地域の外から招き入れることは至難のわざと言わざるを得ず、むしろ、地域で生まれ育った子どもたちが、学校教育修了する段階で地元に就職してもらう、あるいは、将来、地元に戻ってくるよう、早い段階から意識づける方向で施策展開をするほうが効果が高まる可能性があることにも留意する必要があります。  

東京都議会 2019-09-12 2019-09-12 令和元年文教委員会 本文

あと一つ、ちょっと現場の声で困っている話ということで、教員免許の更新については、現在は六十五歳が修了確認時期ですね。いわゆる旧免許保持者の更新時期となっていますので、それで、そういう教師が多いと聞いております。最新の知識技能を持っているとしても、更新講習受講の免除を得られるには、講習受講期間中に校長、副校長、主幹であることが必要だったわけです。

千葉県議会 2019-09-05 令和元年9月定例会(第5日目) 本文

県では、平成29年度から在宅医療に取り組む医療機関をふやすために開業医などを対象とした研修事業を実施し、2年間で医師88名を含む229名が研修を修了したところでございます。また、在宅医療の関係機関の連携強化に向け、地区医師会へコーディネーターを設置する事業を今年度から2カ所で開始してございます。

北海道議会 2019-07-05 令和元年第2回予算特別委員会第1分科会−07月05日-02号

修了した人は何人いますか。  土・日などの休みの日に研修を受けるのであれば、本人にとって負担となりますし、平日なら、研修を受ける保育士が勤務していなくても、保育体制を守るためにパートを雇うなどの措置が必要となります。  受ける場所や時間、代替保育士の費用など、受けやすくする支援が必要だと考えますが、どう対処するのか、伺います。

広島県議会 2019-06-28 2019-06-28 令和元年警察・商工労働委員会 本文

次に、外国人材に対する調査でございますが、県内に在住する外国人のうち、現に県内で就労しており、技能実習修了後に試験で特定技能へ移行できる技能実習生や、特定技能を活用した就職が今後見込まれる日本語学校留学生らを主な対象といたしまして、特定技能による就労の移行、希望する産業分野や重視する雇用労働条件、県内における就労、生活上の不安や課題とする点などを聞いてまいりたいと考えております。  

長野県議会 2019-06-26 令和 元年 6月定例会本会議-06月26日-03号

平成31年3月末までの実績では501回開催され、講座を修了した者の数は延べ12,834名となっております。講座を開催した団体の内訳としては、福祉施設及び福祉団体が約4割を占めて最も多く、次いで市町村、住民団体となっております。企業を単位として開催されたのは7回、7社の開催となっております。  以上です。       

島根県議会 2019-06-25 令和元年_建設環境委員会(6月25日)  本文

募集期間修了後、実行委員会で選考の後、組織委員会に推薦をいたしまして、最終的に組織委員会が聖火ランナーを決定することとなっております。これらの詳細につきましては、資料には6月下旬にスポーツ振興課のホームページでお知らせすると書いておりますが、先週の金曜日、6月21日に公開をいたしましたので、またごらんいただければというふうに思っております。  

愛媛県議会 2019-06-24 令和元年第364回定例会(第7号 6月24日)

また、就職後の早期離職を防止するため、知識、経験が豊富な高齢者を障がい者サポーターとして養成し、希望する企業に派遣する取り組みも行っておりまして、これまでに45名が研修を修了し、うち6名は企業での活動実績がございます。  今後は、受け入れ企業と障がい者就業・生活支援センターなどとの連携も促進し、民間企業による障がい者雇用の拡大をさらに支援してまいりたいと考えております。  以上でございます。