運営者 Bitlet 姉妹サービス
24355件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-16 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号 子供を学校に通わせる保護はもちろんのこと、県民全体がこのような事態を深く憂慮していると思います。県教委並びに行政当局は、このような事態をどのように認識し、受けとめ、改善について努力しておられるか、お伺いいたします。  次に、人材養成を目指す教育研修のあり方についてであります。   もっと読む
2045-06-15 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号 現在実施している神奈川県では、保健所で行う乳児の三カ月検診の際、保護に尿検査用のろ紙を渡し、生後六カ月目にそのろ紙を尿に浸して、県衛生研究所に返送してもらい検査するという方法をとっています。すでにこの方式を導入している京都市では八年間に五人、名古屋では五年間に二人の患者が発見されています。また横浜市では、昨年四月以降に四人が発病し、五十六年十二月現在で十三人の子供が治療を受けています。   もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 六時十分に保護への連絡、七時に生徒指導報告書の作成、その後も保護からの連絡や個別対応、教育委員会へのいじめ報告書の作成や、翌日の準備はようやく夜の九時半からになります。十時三十分にやっと退勤で、十時四十五分にはやっと帰宅ができました。何と十八時間働いて睡眠三時間という勤務がたびたびあるわけです。  教師の一日の労働実態がいかに苛酷であるかがわかります。   もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 もう一つが保護であります。最後に、高齢者の方というのが実はこのプロジェクト、非常に重要な役割を担っていただく予定だと聞いております。  子供にとりましては、放課後の安心に過ごす場所です。保護からしてみれば、やはり子育てと仕事の両立というところが課題になっている中で、安心して子供が放課後行ける場所があるという意味で、仕事との両立ができる。必要な機能になってきます。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 まだまだ保育所の整備を待ち望んでいる保護の皆さんに対して、知事の待機児童にかける熱意を伺いたいと思います。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 児童相談所では、虐待をした保護からの児童の連れ戻し防止や、非行児童の入所施設の分散、感染症の拡大防止などを図るため、一時保護所や児童養護施設等の入所に当たりましては、広域での調整を行っているところでございます。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 今回の条例案では、都道府県で初として保護の体罰禁止規定が盛り込まれています。また、健診受診の勧奨に応じる保護の努力義務や児童相談所間の的確な引き継ぎの実施の徹底等が盛り込まれており、私たちの指摘の趣旨が盛り込まれたものと受けとめています。この条例案の狙いと基本的な考え方、重要な視点について、知事の見解を伺います。  児童相談所への虐待や障害、育成相談などの相談件数は、年々増加しています。 もっと読む
2018-12-21 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会−12月21日-05号 また、一人だと職員の体調が悪くなれば閉所するしかない、困るのは保護と子供です。こういう声があるからこそ、ことし六月十九日に自民党の学童保育推進議員の会が放課後児童クラブの「従うべき基準」の維持を求める決議を採択し、七月四日には厚労大臣へ直接申し入れをしているではありませんか。 もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 ○生活文化局関係  一 私学教育において、基幹的補助である経常費補助等の学校助成や特別奨学金等の保護負担を軽減する制度の充実に努められたい。  二 グローバル人材の育成に取り組む私立学校や、障害児及び障害者が在籍する私立学校等に対する支援の充実に努められたい。  三 授業料軽減助成金について、授業料が未納の場合も支給の対象とされたい。  四 特別奨学金の申請期間を延長されたい。 もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日厚生文教委員会-12月19日-01号 4月当初から面談などを通して、就職を希望する職種や企業について、生徒の意思や保護も交えて、いろいろと丁寧に確認をしていく作業を始めます。7月中旬までには、企業の業務内容はもとより給与や勤務時間を含めた処遇等についても理解を深めるために学校でもいろいろと勉強をしますし、実際に企業の担当者から直接情報が得られる企業ガイダンスに参加するとか、求人応募前の企業訪問といったことも行っています。   もっと読む
2018-12-18 石川県議会 平成30年12月18日予算委員会−12月18日-01号 これらの対応の厳しさから、保護が疲弊してしまうことも少なくないと聞いています。また、特定の事柄に強いこだわりを示したり、他人とコミュニケーションがうまくとれないなどのさまざまな特性について、周囲の保護の理解が得られず、孤立感が増してつらい状況に陥ってしまうこともあるそうです。  そこでお聞きします。 もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 ◯教育長  県においては、24時間電話相談を設置しており、子供や保護からのいじめや不登校に関する相談に対応している。そして、年度の初め4月、それから長期休業前7月に相談機関の周知を図っている。また、保護に対しては、それぞれ学校やPTAのほうで講座などを開いているが、県としては、不登校の未然防止につながる県が企画したテレビ番組の放映を来年3月に予定している。 もっと読む
2018-12-13 北海道議会 平成30年第4回定例会-12月13日-05号 ───────────────────────────────── 請願第31号 ゆたかな私学教育の実現を求める私学助成に関する件                             文教委員会 請願第32号 「私学の授業料無償化」と「一人当たりの経費補助の       公私間格差是正」を求める件                             文教委員会 請願第33号 私立学校の保護負担 もっと読む
2018-12-13 愛知県議会 2018.12.13 平成30年文教委員会 本文 さらに、定期考査の前に、希望者を対象として開催する学習会等での支援や、入学前の合格者説明会や保護会等における保護への通訳、授業で使う教材や配布物の翻訳等を行っている。  夜間定時制課程に外国人生徒等が増加している現状を踏まえ、今後、外国人生徒教育支援員の配置拡充に加え、支援の必要な生徒が多く在籍する定時制高等学校に多言語対応の小型通訳機を新たに配備したいと考えている。 もっと読む
2018-12-13 愛知県議会 2018.12.13 平成30年総務県民委員会 本文 この進学率は、中学校でのきめ細かな進路指導により、学力不足や不登校、保護の経済的な理由など、それぞれの生徒の状況を勘案して、通信制や定時制、専修学校高等課程といった様々な選択肢の中から、その生徒に最適な選択がなされた結果と考えている。  募集数に対する入学者の割合は、公立高等学校がどの地区もおおむね95パーセントを上回っているのに対して、私立高等学校は、地区ごとの差が大きい状況となっている。 もっと読む
2018-12-13 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会-12月13日-04号 九月議会で教育長は「学校給食法では、学校給食に要する経費のうち、人件費や施設設備の整備費以外の経費は学校給食を受ける児童生徒の保護負担とされている」としましたが、加賀市では十八歳以下の子供が三人以上の世帯における第三子以降の保護負担をゼロにしているわけです。 もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 今後は、都内全公立学校の担当者対象の連絡会等で、子供のSOSの受けとめ方に関する演習を行うなどして、児童生徒理解を深めるとともに、保護等との効果的な連携のあり方について、実践事例をもとに検証し、各学校におけるいじめ防止対策を一層充実させてまいります。   もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会文教企業委員会-12月12日-01号 それは教員の問題だけではなくて、やはりそれは子供や保護にとっても深刻な問題、教育のあり方にもかかわってくると思うわけです。そこで、改めて長野県の長時間労働の実態について、労働時間やそれに伴う健康や生活への影響、どのように捉えていらっしゃるのか伺いたいと思います。 ◎北村康彦 参事兼義務教育課長 長時間労働の実態をどう捉えているかというお尋ねでございます。 もっと読む
2018-12-12 北海道議会 平成30年第16回文教委員会会議録−12月12日-01号 ◎(磯貝特別支援教育担当局長) 個人情報の扱いなどについてでございますが、先ほど御答弁申し上げたように、地域における支援体制の整備を検討する中で、あわせて関係法令に基づき、保護の意見等を聴取しながら対応を検討していきたいと考えております。 ◆(佐々木委員) 特別支援学校には寄宿舎があります。他の都府県には余り寄宿舎はありませんが、本道には寄宿舎がとても多くあります。   もっと読む
2018-12-12 群馬県議会 平成30年第3回定例会弱者・高齢者対策特別委員会-12月12日-01号 また、これまでは年金を受給できていたのに、ここ数年受給できない、あるいは支給額を減額された事例が増えているようで、心臓病疾患患者の保護は、国が年金支給額を減らす方針を持っているのではないかと考えている。 もっと読む