運営者 Bitlet 姉妹サービス
11959件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-20 兵庫県議会 平成31年 2月第343回定例会・速報版(第10日 3月20日) 全国の認可保育の90%以上が加入する全国保育団体連絡会などは、食への取組は教育、保育の大切な役割だと無償化を求めています。  さらに、保育の最低基準を満たす認可保育の増設や保育士確保の上で急がれる保育士の処遇改善が求められています。  無償化によって、それらが後継に追いやられないかという懸念も請願要旨にもあるとおりです。  そして、これらの財源を消費税に求めていることも問題です。   もっと読む
2019-03-19 兵庫県議会 平成31年健康福祉常任委員会( 3月19日) また宝塚については、保育の新設について、計画段階で住民の反対があり、調整に時間を要し延びてしまったという状況である。 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 156 ◯内藤福祉保健局長 都は現在、待機児童の九割以上を占めるゼロ歳児から二歳児の保育サービスにつきまして、年度当初の待機児童数以上の定員拡充等を行う区市町村に対しまして、保育等の整備費負担を軽減しているところでございます。   もっと読む
2019-03-13 兵庫県議会 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日) 併せて、子育てしながら働くために、保育・認定こども園の整備による、より一層の定員拡大を行う。小規模保育事業や企業主導型保育事業など多様な受け皿の整備の推進も図る。需要の多い病児・病後児保育事業や放課後児童クラブの事業の拡充も図っている。これからも女性が安心して働きながら子育てできる環境整備を進めていく。   もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 166 ◯内藤福祉保健局長 来年度検討を開始いたします自然環境を活用して保育を行う東京都版保育モデルは、自然と触れ合う活動を通じまして、保育等における幼児教育の充実に資することを目的としております。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 まだまだ保育の整備を待ち望んでいる保護者の皆さんに対して、知事の待機児童にかける熱意を伺いたいと思います。 もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日厚生・産業常任委員会−03月12日-01号 ◎堀井 子ども・青少年局副局長  利用しやすい保育づくり推進事業費ですが、今回の減額で大きなウエートを占めていますのが、保育体制強化事業です。これにつきましては、保育に係る周辺業務である清掃、遊具消毒、給食配膳、寝具の用意、片づけなどに従事する支援者の配置に要する費用の補助をしておりました。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会文教・警察分科会−03月07日-01号 教育委員会の所管になるので、いつも幼稚園という表記が出てきますが、幼児教育と小学校をスムーズに連携していくための取り組みでは、子供たちが在籍をしている保育や認定こども園なども対象となると思いますので、教育委員会が中心となって、そういう施設とも連携していかれるのかをお聞かせください。 ◎山田 教育総務課長  まず1点目のトイレですが、何年という計画はありません。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会厚生・産業分科会-03月07日-01号 ただ、もちろんそれより前からアプローチする必要は認識しておりまして、今、食育連携推進協議会を開催して、小学校、中学校の関係者や保育の関係者にも来ていただいております。そういうところで各取り組みを共有していただくとともに、連携に向けて意見交換等もしていますので、そういった場も活用して二十よりも前の方の食育も引き続き考えて行きたいと思っております。 もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 このため、委員が言われた学校であるとか保育の先生方や父兄の方などの関係者に対しては、少しでも心配な様子があったら知らせていただきたいということで、市町や県において、関係者を集めて研修会や連絡会を開催するなど、早期発見と予防というところに今は取り組んでいるところである。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 この冊子を、産院、保育、幼稚園等での普及啓発活動に活用するとともに、子育て世代向けの情報誌等に織り込むなど、広く周知を図ってまいります。    〔下水道局長小山哲司君登壇〕。 もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 私は、待機児童の解消を都政の最重要課題の一つに位置づけまして、保育等の整備促進、人材の確保・定着の支援、利用者支援の充実、この三つを柱といたしまして保育サービスの拡充を図ってまいりました。  来年度は、区市町村が取り組む保育等の整備をさらに後押しするとともに、多様化する保護者の働き方を踏まえまして、夜間、休日保育に取り組む認証保育への支援を開始いたします。   もっと読む
2019-02-20 広島県議会 2019-02-20 平成31年生活福祉保健委員会 本文 そういった意味でのサポートの一元化は図られつつあると思っているところですけれども、保育や医療の申請などさまざまある行政上の手続については、まだ一元化まで至っておりません。 もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2019-02-18 これは、保育等の運営につきまして、市町村において保育環境充実の取り組みが促進されたことにより、利用児童数が当初の見込みを上回ったことなどによるものでございます。  下の百五十三ページをお願いいたします。四項三目障がい措置費で二十二億三千八百万円余の増額をお願いしております。主なものは、説明欄の上段、障がい者援護措置費でございます。 もっと読む
2019-02-13 福井県議会 2019.02.13 平成31年第405回定例会(第1号 開会日) 本文 子育て支援策としては、国は本年10月から0歳児から2歳児までの非課税世帯、また3歳児から5歳児にかかる保育等の利用者負担を無償とする方針を示しております。また本県ではこれに加えて保育士の業務負担を減らし余裕を持って保育に専念できるよう、さらに離職者を減らすためにも、新年度からでありますが、民間保育園の保育補助者などの確保に対して支援を行い、子育て環境の充実に努めてまいります。   もっと読む
2019-02-13 栃木県議会 平成31年 2月議会運営委員会(平成30年度)-02月13日-01号 第25号議案は、保育の計画的な整備等の財源に充てる安心こども基金につきまして、平成32年度まで終期を延長するため、同基金条例の改正をするものであります。  16ページをお願いいたします。  第26号議案は、水道法施行令の一部改正に伴い、県が経営する水道用水供給事業の水道技術管理者の資格等を定める条例について一部改正するものであります。   もっと読む
2019-02-10 福岡県議会 平成31年2月定例会(第10日) 本文 待機児童を解消していくため、平成二十三年度から二十九年度までの七年間で二万二千四百二十七人分の保育の定員をふやすとともに、保育士確保に取り組んでまいりました。しかしながら、待機児童は平成三十年四月に、この時点で福岡地域が八百四十一人、北九州地域が二十三人、筑豊地域が四十五人、筑後地域が八十六人で、全体の八五%を福岡地域が占めております。 もっと読む
2019-02-08 福岡県議会 平成31年2月定例会(第8日) 本文 より多くの対象者に検査を受けていただきますよう、幼稚園、保育を通じたチラシの配布、若い人の利用が多いLINEそれからフェイスブックによる情報の発信、子育て世代に向けたフリーペーパーへの記事の掲載、コンビニへのチラシの配架など周知を図ってきているところでございます。 もっと読む
2019-02-07 福岡県議会 平成31年2月定例会(第7日) 本文 無償化の対象となるのは、保育に通うゼロ歳から二歳の住民税非課税世帯の子供と、幼稚園や保育に通う三歳から五歳の全ての子供たちとなります。この無償化により保育の需要がますます高まるのは明らかですが、供給が追いつかないまま保育の需要が高まることになれば、待機児童がさらにふえるおそれがあります。  そこで、一点目に、保育士の処遇改善についてお尋ねをいたします。 もっと読む
2019-02-01 福岡県議会 平成31年2月定例会(第1日) 本文 これまで、若者のライフステージに合わせたきめ細かな施策を総合的に切れ目なく講じ、出会い応援団体、子育て応援宣言企業の登録の推進、保育の整備や保育士の確保などを進めてまいりました。また、子供医療費支給制度を大幅に拡充いたしまして、入院、通院とも、その対象を小学校就学前から小学校六年生まで引き上げました。   もっと読む