27632件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-14 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号

一方、家事にあっても、電化製品の普及や住宅様式の近代化、さらには食生活の変化等によって婦人の家事における負担も軽減されてまいりました。婦人が家事を離れて自由に過ごす時間がふえ、この余暇をどのように過ごすかは、人生の生きがいとして、また社会的な問題として大変重要なことであります。

熊本県議会 2045-06-12 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号

第一次のオイルショック以降、住宅の新築や畳の張りかえ需要が減少いたしましたため、畳表の需要が停滞しまして、イグサ生産が過剰基調となり、生産費に見合った価格が実現せず、イ業経営が厳しい環境に置かれてきましたことは御指摘のとおりでございます。イ業経営を安定させるためには、需給の均衡化、品質の向上、コストの低下が最も重要な課題であると存じます。  

熊本県議会 2045-06-11 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号

昭和五十六年の全体を顧みましても、個人消費住宅投資などの個人部門の需要を中心として停滞ぎみで推移いたしておりまして、内需回復のおくれが、ひいては景気回復のおくれとなっているようであります。  本県におきましても同じ動きを示しておりますが、素材産業のウエートが高い本県では、とりわけ中小企業の不況感が強いものと考えられます。

熊本県議会 2045-06-07 平成57年 6月 定例会-06月07日−01号

熊本県学校医、学校歯科医及び学校薬剤師公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例の制定について 第十七号 熊本県立総合体育条例の制定について 第十八号 専決処分の報告及び承認について 報告第一号 昭和五十六年度熊本県一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について 報告第二号 昭和五十六年度熊本県港湾整備事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について 報告第三号 昭和五十六年度熊本県中小企業従業員住宅事業特別会計繰越明許費繰越計算書

愛知県議会 2019-10-10 令和元年議会運営委員会〔資料〕 開催日: 2019-10-10

5 第108号議案から第134号議案まで、以上27件の議案を一括簡易採決 6 決算第1号平成30年度愛知県一般会計歳入歳出決算から決算第13号平成30年度愛知  県県営住宅理事特別会計歳入歳出決算までを一括議題として、閉会中継続して審査する  ことを簡易採決 7 決算第14号平成30年度愛知県県立病院事業会計決算から決算第17号平成30年度愛  知県用地造成事業会計決算までを一括議題として、閉会中継続

青森県議会 2019-09-25 令和元年第299回定例会(第2号)  本文 開催日: 2019-09-25

そのほか、給料は公立の場合、一律人事院勧告に従っているので、どこの地域でも一緒ですが、都会の民間等の病院などは、交通費や住宅補助費などのほか、さまざまな手当がつくことで、実質、給料に差が出てくるようです。また、看護師のスキルアップのための教育施設が身近である都会に人材が流出するといったケースもあるようです。

石川県議会 2019-09-24 令和 元年 9月24日総務企画県民委員会-09月24日-01号

◎加藤隆佳 企画振興部長  ほかの市町に対する対応ですが、まず自衛隊機は民航機と比べて騒音が特に大きいので、小松空港周辺では自衛隊機の飛行に伴い、一定以上の騒音をこうむる地域において、地域指定をした上で防衛省住宅工事などを助成しているという状況であり、こちらについては小松市、加賀市、能美市、川北町の4市町が対象となっているところです。  

富山県議会 2019-09-24 令和元年 文化教育常任委員会 会期中(第2日・9月24日)本文

ではないですけれども、先ほど屋外運動場の面積の中にプールが入っていると教育財務課長が申し上げましたが、このプールを除却して別のところにプールを借りるような形で屋外運動場の面積を広げることですとか、あとは仙波小のほうの大規模改造に当たっても、校舎の位置をもう少し屋外運動場側から外側にずらすことによって若干の屋外運動場の面積を広げるとか、いろんな案を考えているところなんですが、先ほどから申し上げていますように周辺が住宅

富山県議会 2019-09-24 令和元年 総務財政常任委員会 会期中(第2日・9月24日)本文

平成三十年度がその評価替えの年度になりまして、家屋の主な増減内訳ですが、新増築家屋分の増によりまして、約二億九百四十四万円の増、新築住宅の軽減期間が終了したことによりまして、約一億九百四万円の増でしたが、今申し上げました三年に一度の評価替えによりまして、約四億五千九百八十五万円の減、それから滅失によりまして三千六百五万円の減等によりまして、家屋の合計では前年度対比で約二・一一%、税額で約一億九千四十二万円

石川県議会 2019-09-20 令和 元年 9月20日予算委員会−09月20日-01号

先ほど申しましたが、近年、日本の至るところで集中豪雨によって住宅地での浸水被害が発生しております。平成27年の関東東北豪雨で鬼怒川の決壊、一昨年は九州北部での豪雨、昨年は西日本での豪雨、石川県においても能登地方の豪雨など甚大な被害をもたらしました。河北潟においては今現在、国の直轄事業で周辺地域の浸水対策として排水機場の整備に着手することとなっております。

石川県議会 2019-09-18 令和 元年 9月第 4回定例会−09月18日-04号

関連して、まず郵便運送業の働き方改革実現に向けた戸建て住宅への宅配ボックス設置促進についてお尋ねいたします。宅配ボックスの設置は再配達の減少につながることから、働き方改革の実現、物流生産性革命の推進のため非常に重要と言われていますが、まだまだ本県の戸建て住宅には宅配ボックスの設置が進んでいないように見受けられます。

富山県議会 2019-09-18 令和元年第4回定例会(第17日・9月18日) 本文

農業地域に非農家の住宅がふえたり、工場が建てられたりしたために、農業用水路に非農家の浄化槽で処理された排水が放水されているという現状があります。そして、これらの水路法人は、土地改良区、管理をしており、農家の納める組合費を主な収入源としており、今後、農家が減少すれば、収量も減ることは予想し得ることであります。