28172件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-01 06月22日-07号

その間、開銀融資の実現や、いわゆる念書など、部分的には評価できるけれども、そのほかについては明確な方針が示されていない現状からして、今後は、国、チッソ株式会社の対応を見守りながら対処せざるを得ないとの結論に至ったところであります。 

福岡県議会 2019-12-13 令和元年 警察委員会 本文 開催日: 2019-12-13

本件交通事故の発生を受けまして、県が加入しております任意保険会社原告御本人と示談交渉を行っていたところでありますけれども、交渉は決裂し、平成三十一年四月十一日、原告は、県を被告として治療費など約三百九十万円の損害賠償を求めて長崎地方裁判所島原支部に提訴をいたしております。  

福岡県議会 2019-12-13 令和元年 県土整備委員会 本文 開催日: 2019-12-13

このたび、株式会社日本海水TTS苅田パワーが、同工業団地に木質チップなどを燃料としましたバイオマス発電所建設することを目的に、令和元年九月二十七日に県と土地売買契約締結し、同年十一月二十六日に苅田町と立地協定締結しましたので、御報告いたします。  今回、売却いたしました財産は、京都郡苅田町鳥越町の土地、約六万六千平方メートルでございます。

千葉県議会 2019-12-01 令和元年12月定例会 発議案

昨年の「種子法」廃止に続く「種苗法」改正で、地域農業を支えてきた優秀で安価に提供される品種が減り、大手種苗会社とグローバルアグリビジネスによる品種が席巻するならば、地域の食生活・食文化の衰退、ひいては地域社会そのものと日本食文化そのものも衰えてしまいかねない。  「食」は人間の生活の根幹であり、また共有権利でもある。

千葉県議会 2019-12-01 令和元年12月定例会 議案付託表

令和元年度千葉県特別会計土地区画整理事業補正予算(第1号) 議案第 9号  千葉県流域下水道事業の設置等に関する条例の制定について 議案第14号  使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定について 議案第18号  千葉県県営住宅設置管理条例の一部を改正する条例の制定について 議案第20号  契約締結について 議案第21号  契約締結について 議案第22号  契約の変更について 議案第24号  首都高速道路株式会社

福岡県議会 2019-11-26 令和元年 空港・交通等調査特別委員会 本文 開催日: 2019-11-26

それで、先ほどもお話がありましたように、報道等で、福岡国際空港株式会社のいわゆる赤字の幅が三十億円ぐらいだったでしょうか、ふえたと。その原因は、韓国線が運休、減便になってということが要因であるというようなことだったと思います。それで、今後、国のいわゆる外交の状況等で、よくなったり、悪くなったりということがあるんだろうと思うんですよ。

熊本県議会 2019-11-25 11月25日-01号

まず、一般会計補正予算は、養豚農場の防疫対策強化や新たな空港運営会社への出資に要する経費などを計上しており、総額で18億円の増額補正となります。これにより、補正後の現計予算額は8,242億円となります。 このほか、今定例会には、条例案件や工事関係、専決処分の報告・承認案件などもあわせて提案しております。 また、今会期中には、人事案件等についても追加提案する予定です。 

茨城県議会 2019-11-01 令和元年11月臨時会(第1号) 本文

また,鉄道災害対策については,今回の台風被害を初め,近年,大規模な自然災害により,鉄道施設が被災し,住民生活に影響を及ぼす事例がふえてきていることから,鉄道行政を所管する国や施設を管理する鉄道会社に対し,鉄道施設等の防災減災対策の検討を求めてまいります。  次に,樋管や県管理ダム治水対策の課題についてお答えいたします。  まず,樋管の操作要領についてでございます。  

茨城県議会 2019-10-28 令和元年産業の育成・振興に関する調査特別委員会  本文 開催日: 2019-10-28

それから,第4回委員会におきましては,株式会社カスミ代表取締役社長の石井様をお招きいたしまして,食育ですとか環境活動など,持続可能な地域社会づくりに積極的に取り組んでおられるお立場から,貴重な御意見をいただいたところでございます。  第5回委員会,前回におきましては,提言を取りまとめまして,第3回定例会では中間報告を行い,その後も調査・検討を進めてきたことを記載してございます。  

兵庫県議会 2019-10-25 令和元年10月25日討論①(きだ 結議員)

県の設備投資補助は、全国でもまれな上限がないなど、大企業立地のための補助金であり、2018年度も設備基準補助として住友化学株式会社に、5,630万8,000円、旭ガラス株式会社高砂工場に5,345万6,000円、三洋電機株式会社洲本工場に5,244万8,000円、株式会社神戸製鋼に3,709万1,000円と、それぞれ支給しておりますが、いずれも力のある大企業に支給する必要のない補助金です。

愛媛県議会 2019-10-08 令和元年第365回定例会(第8号10月 8日)

また、県内周遊については、ことしは初寄港ということもあり、多くのツアーが松山市内の観光を中心に企画されていたが、次回以降については、限られた時間の中で県内周遊ができるよう、旅行会社等に対して提案や観光資源のPRを行っていきたい旨の答弁がありました。  第2点は、消費税率引き上げによる影響等についてであります。  このことについて一部の委員から、県内企業への影響はどうか。

千葉県議会 2019-10-07 令和元年_環境生活警察常任委員会(第1号) 本文 2019.10.07

具体的な相談の内容としましては、被害者宅に押しかけ勝手に工事をし、高額な料金を請求された、市町村保険会社からの依頼とかたって家屋調査を行い、すぐに修理が必要と工事契約を迫られた、応急措置のみを行い工事代金を受け取り、その後の工事をせずに連絡がとれなくなったなどが挙げられるところであります。

千葉県議会 2019-10-07 令和元年_県土整備常任委員会(第1号) 本文 2019.10.07

災害時に緊急車両の通行を確保すべき重要な路線である緊急輸送道路につきましては、電力会社との調整が必要な箇所を除きまして、台風当日の9月9日に規制を解除しております。  3の(2)の1)ですが、市町村道の通行どめについて御説明いたします。市町村道につきましては、最大で402カ所で通行どめが発生しましたが、10月5日現在では69カ所となっております。  続いて6ページをごらんください。

千葉県議会 2019-10-07 令和元年_総務防災常任委員会(第1号) 本文 2019.10.07

◯説明者(旭危機管理課長) 今回の台風で発生しました多数の倒木に対しましては、自衛隊ですとか電力通信会社道路管理者等が連携して処理に当たったところでございます。今、御指摘されたとおり、迅速な処理体制を構築する上では協定締結有効な一手段でありますから、今後、関係各課、電力会社通信会社等で構成する千葉県ライフライン対策連絡協議会などの場を活用しまして検討してまいります。