80件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

愛媛県議会 2018-12-06 平成30年第360回定例会(第3号12月 6日)

伊藤博文板垣退助のはるかに及ぶところではないと断言しています。また、北岡伸一東大名誉教授は、閉塞状況にある日本で、我々が振り返るべき時代は明治維新であり、振り返るべき人物は福沢諭吉であると述べております。独立自尊という言葉は福沢が特に好んだ言葉であり、それは福沢の人生そのものでありました。

鹿児島県議会 2018-12-06 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文

その後、文部卿として近代教育基礎を築き、元老院議長、初代枢密院副議長として、伊藤博文大隈重信岩倉具視とも渡り合っています。  少し長くなりましたが、このように寺島宗則の功績は枚挙にいとまがなく、明治十三年には明治天皇東京芝の寺島邸に行幸されたことも、その功績ゆえのことであったのではなかったかと思います。  

鳥取県議会 2018-06-01 平成30年6月定例会(第6号) 本文

もし境二郎が明治政府に願い出ることがなければ、山縣有朋が島根県鳥取県を含む島根県を、明治14年7月17日から2週間かけて、道路状況の悪さや県民の経済的に困窮した状況を見ることがなく、伊藤博文らとともに明治天皇に対して鳥取県再置を願い出ることがなかったかもしれないと。そう考えてみると、岡崎平内という存在が今の我々の鳥取県をつくった生みの親だというふうに私は思うのです。

滋賀県議会 2018-02-20 平成30年 2月定例会議(第22号〜第30号)−02月20日-02号

明治国家建設の大きな原動力となった日本国初代の内閣総理大臣伊藤博文さんは、あらゆる日本人が持てる力を結集し近代化を一気に推し進め、独立を守り抜き、国難とも言うべき危機を克服してきました。今、日本少子化という国難とも呼ぶべき危機に直面しています。しかし、全ての日本人にチャンスあふれる一億活躍社会をつくり上げることができれば、日本の輝かしい未来を切り開くことができます。

鹿児島県議会 2017-12-06 2017-12-06 平成29年第4回定例会(第4日目) 本文

薩摩の凋落と長州の勃興を比較すれば、長州、山口県伊藤博文、山縣有朋、桂太郎寺内正毅、田中義一、岸信介、佐藤榮作、さらには、私どもが現在お支えする自民党総裁安倍晋三氏と、総理大臣も長州から多数出ております。大正時代の政界で薩摩と長州が張り合っていたのを考えれば、今の状況を喜ぶべきか憂えるべきか、悩みどころであります。  

鹿児島県議会 2017-09-28 2017-09-28 平成29年第3回定例会(第7日目) 本文

胴体、つまり固定する銅座が四体あって、三つ、大隈重信板垣退助伊藤博文があります。一体だけありません。これは未完だからであります。政治は未完です。未完だからこそ批判し続けられるわけです。批判を受ける立場であるということであります。だからこそ、何をしなきゃいけないかというと、完成へ向けて県民のために、安心・安全そして生活がよくなるように努力し続けることが大事であります。

滋賀県議会 2017-06-28 平成29年 6月定例会議(第2号〜第8号)−06月28日-03号

慶応4年1月の戊辰戦争の開戦間もなく、1月11日──1968年2月4日の神戸事件、一月後に切腹した滝善三郎、そして、事の後始末に動いた伊藤俊輔、後の伊藤博文であります。この事件も謎でございます。いまだにタブーという側面があるように感じます。  彦根東校出身の原田伊織氏の書『明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト』などを読むと、こうした謎が幾分解けたように思います。  

滋賀県議会 2015-12-07 平成27年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月07日-03号

明治天皇は、1879年に節倹の聖旨を出して過度な財政支出を戒め、また内閣制度発足時に伊藤博文が作成した官紀五章には、「繁文を省くこと、冗費を節すること」が掲げられています。さらに1893年、帝国議会に艦船の新造を認めてもらうために、官吏給与一部返上と行政整理を約束した和衷協同の詔が出されているのであります。  

栃木県議会 2015-10-13 平成27年度栃木県議会第331回通常会議−10月13日-06号

その中には、その後の日本をつくる大久保利通、木戸孝允、伊藤博文といった重鎮がいた。そのことを考えても、この狭い国で生きている我々は、常に海外に目を向けなければいけない。その気概を我々は忘れるわけにいかないと、皆さん、そのように思いませんでしょうか。(議場で発言する者多し)  ですから、今回この機会を捉えて行く議員の皆さんには、必要最小限の費用で最大の効果を出していただけると思います。

鹿児島県議会 2015-06-18 2015-06-18 平成27年第2回定例会(第6日目) 本文

また、伊藤博文憲法起草者は、大日本帝国憲法制定に当たり、日本の歴史古典を調べ上げ、外国の異質な憲法の原理を日本の伝統の上に構築しました。これは、ヨーロッパでの憲法制度の調査で、ベルリン大学のグナイス教授やウイーン大学のシュタイン教授から、「憲法民族精神のあらわれであって、自国の歴史慣習に根差したものでなければならない。

鹿児島県議会 2015-03-03 2015-03-03 平成27年第1回定例会(第5日目) 本文

この長州ファイブは、井上馨、遠藤謹助、山尾庸三、伊藤博文、野村弥吉─井上勝─の五人の長州藩士であります。この長州ファイブの百五十年は、二〇一三年でありました。井上馨は外交、遠藤は造幣、山尾は工学、伊藤は内閣、井上勝は鉄道のそれぞれ父とされています。また、この五人は二〇〇六年に映画化もされております。  

群馬県議会 2014-11-28 平成26年 第3回 定例会-11月28日-08号

伊藤博文候の揮毫です。進退に命あり、去就に義あり。政治家の出処進退は天の命ずるところにある。その職に対する去就は義にある。「義を見てせざるは勇無きなり」と申します。多くの方々からお願いがあったとき、そして多くの方々から要請があったとき、これまでの経緯があっても、断固として行う決断があっても良いのではないかと思います。これから策定される新計画を御自身で実施されるお考えがありますか。

長野県議会 2014-10-08 平成26年 9月定例会本会議−10月08日-07号

であるとすれば、プライドと意地にかけて建物を仕上げた職人さんたち、そして彼らを結束させた尾高惇忠という地元の名士、さらには、欧米列強の属国になることをおそれ、近代的製糸場の建設を急いだ大隈重信伊藤博文とその命を受けた渋澤栄一、あるいは建物のお手本となった横須賀製鉄所建設に心血を注ぎながらも幕府側ということであらぬ疑いをかけられ、打ち首という非業の最期を遂げた小栗上野介らも立派な世界遺産の一つであろうと

和歌山県議会 2014-06-01 平成26年6月 和歌山県議会定例会会議録 第6号(全文)

最近、従軍慰安婦少女の像をアメリカ各地に設置したり、南京事件世界遺産に登録しようとしたり、伊藤博文暗殺者の記念館をつくったりと、我が国と我が民族をおとしめるネガティブキャンペーンを熱心に繰り広げる国があります。日本政府も、その都度、訂正記事や広告を出して打ち消しているようですが、そんなネガティブキャンペーンを一瞬にして消し去るほどのインパクトを世界に与えたようです。  

北海道議会 2013-12-09 平成25年第4回予算特別委員会第1分科会−12月09日-03号

また、今年6月、北京を訪問した韓国の朴大統領は、中国の習近平国家首席との会談の席で、伊藤博文元首相を暗殺した安重根の記念碑を、暗殺の現場となったハルビン駅に設置することを要請したことは御承知のとおりであります。  さらに、11月18日には、朴大統領は、訪韓した中国の楊国務委員に、計画がうまく進んでいると謝意を示しました。

香川県議会 2012-09-01 平成24年[9月定例会]文教厚生委員会[教育委員会] 本文

その門下生からは高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山縣有朋、前原一誠ら明治の中心人物を輩出した塾であります。また、塾として緒方洪庵の私塾もありましたけども、これも天保年間のようですが、福沢諭吉とか大村益次郎、佐野常民、橋下左内、大鳥圭介らを輩出しております。それから、同じ時代に、少し違いますけども、剣道の千葉周作の玄武館からは清河八郎などが輩出されております。

茨城県議会 2012-03-12 平成24年文教警察常任委員会  本文 開催日: 2012-03-12

私の塾があったり,例えば萩なんかには松下村塾があったり,全くの私塾ですけれども,そこから伊藤博文とか,山県有朋とか,高杉晋作とかいろいろな連中が来たり,また坂本龍馬なんかも勉強したり,いろいろそこから出てきたわけですね。明倫館という藩校もあったんですけれども,古河の場合は,先ほど話した盈科堂,それがその後盈科塾として,私塾としてやって,そこからたくさん出たわけです。  

群馬県議会 2012-03-01 平成24年  2月 定例会-03月01日-05号

この結果、明治政府による総力を挙げての支援体制の中で、明治10年10月2日に時の内務大臣大久保利通、大蔵大臣大隈重信、工部大臣伊藤博文、観農局長松方正義氏等、政府の高官が勢ぞろいして華々しく開業したと。翌年11年には明治天皇が行幸されて所員を激励したということがございまして、新町屑糸紡績所は今も官営工場としては、建築物等がほとんど残る国内でも有数の産業資産と聞いているところであります。