194件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

香川県議会 2018-11-02 平成30年11月定例会(第2日) 本文

この指針は、人道支援のための国際基準であるスフィア基準の内容を明確に示しているものではございませんが、避難者の良好な生活環境の確保を図るために、パーティションなどの間仕切りによりプライバシーを確保することや、避難所内の温度管理や衛生管理に努めることなど、避難生活に対するきめ細かな支援のための配慮事項等を定めております。  

広島県議会 2017-11-22 2017-11-22 平成29年度決算特別委員会(第9日) 本文

その団体は、ピースウィンズ・ジャパンという国内外の被災地や紛争地で人道支援活動を行う認定NPO法人でありまして、その団体広島県の神石高原町で人と犬の助け合いを通じた地域の活性化を目指して運営しているピースワンコ・ジャパンという施設に、広島県が譲渡して引き取られた犬たちが入っています。

愛媛県議会 2017-06-26 平成29年経済企業委員会( 6月26日)

ここにJICA事業を活用した海外進出というふうにありますけれども、JICAといいますと、ODAを活用した国際協力事業、主に開発途上国に対しての人道支援とか難民支援とかいうふうなイメージが非常に強いんですけれども、これをどのように活用して、本県のスゴ技企業等とマッチングさせていくのか。もう少し具体的な事業内容を教えていただけたらと思います。

高知県議会 2017-03-17 平成29年  2月 定例会(第339回)-03月17日−08号

9月19日の国連報告書は、7月のジュバでの戦闘を境に、南スーダン政府軍による人道支援職員を標的にした攻撃の激しさと範囲がエスカレートしていると述べています。11月15日の国連報告書は、南スーダン政府と軍による持続的、組織的な地位協定への違反、いわゆる南スーダンPKOであるUNMISSへの敵対的行為が続いており、政府軍は恒常的にUNMISSの任務遂行を妨害していると述べています。  

北海道議会 2017-03-16 平成29年第1回予算特別委員会第1分科会−03月16日-03号

◆(田中英樹委員) 健康医療分野における交流は、人道支援の観点からも極めて意義あるものと考えます。  ぜひ、先進的に取り組む道内の医育大学や関係機関との連携はもとより、日ロ間の動向などを踏まえ、両国政府医療機関などの動きとも連携を図っていただきたいと考えますが、道として、明年度、国などと連携して、具体的にどのような交流を図っていくのか、伺います。

北海道議会 2017-03-03 平成29年第1回定例会-03月03日-03号

これは、道が今まで積み上げてきた医療保健分野での交流でありますが、人道支援としても、これこそがまさに貢献に値するものと考えます。新年度、具体的にどのように展開されるのか、伺います。  次に、空港民営化、いわゆる空港運営の民間委託についてであります。  地域が抱える不安を解消するためにも、新しい空港活性化ビジョンを策定しなければなりません。この点について再度伺います。  

高知県議会 2016-12-22 平成28年 12月 定例会(第338回)-12月22日−資料

違憲の武力行使につながり、自衛隊員の命を危険にさらす新任務付与の撤回はもちろん、自衛隊を速やかに撤退させ、日本の支援は非軍事人道支援、民生支援に切りかえることこそ必要である。  よって、国におかれては、新たな任務で南スーダン共和国に派遣された自衛隊の撤退を速やかに実施するよう要望する。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。                        

石川県議会 2016-12-20 平成28年11月第 4回定例会-12月20日-05号

日本の貢献は非軍事人道支援、民生支援に切りかえるべきであり、南スーダン政府軍と自衛隊の交戦による悲劇を生まないためにも各位の賛同を求めるものであります。  第三号核兵器禁止条約締結に関する意見書について。日本被弾協とヒバクシャ国際署名連絡会の共催で十一月二十五日夜、参議院議員会館で開かれた緊急集会では、日本共産党仁比聡平民進党岡田克也公明党浜田昌良、社民党福島瑞穂の各氏が出席をしております。

千葉県議会 2016-12-01 平成28年12月定例会 発議案

いま政府がやるべきことは、紛争解決への外交努力、非軍事人道支援、民生支援 の抜本的強化に努めることである。  よって、政府においては、南スーダンPKO部隊への新任務付与を直ちに撤回し、 即時撤退させることを強く求めるものである。   以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。    

長野県議会 2016-10-07 平成28年 9月定例会本会議−10月07日-06号

自衛隊を南スーダンから直ちに撤退させ、非軍事人道支援、民生支援を抜本的に強化してこそ、憲法9条を持つ日本が行う国際貢献であることを申し添えさせていただき、本請願の賛成討論といたします。 ○議長(向山公人 君)以上で討論は終局いたしました。  本件を採決いたします。  本件、委員長の報告は不採択とすべきものでありますので、本件について改めて採決いたします。

愛媛県議会 2016-10-06 平成28年第348回定例会(第8号10月 6日)

自衛隊を南スーダンから撤退させ、日本の貢献は憲法9条に沿った非軍事人道支援、民生支援の抜本的強化でその役割を果たすべきであり、請願の採択を強く求めます。  憲法違反の安保法制、戦争法を廃止し立憲主義を取り戻すために、民進党や社民党の皆さんを初め、野党、広範な県民、市民の運動と連携し全力を挙げることを改めて表明し、反対討論を終わります。(拍手) ○(赤松泰伸議長) 討論を続けます。

滋賀県議会 2016-09-29 平成28年 9月定例会議(第9号〜第15号)−09月29日-04号

私は、国際貢献は憲法9条に立った非軍事人道支援、民生支援を抜本的に強化する方向に徹するべきであると強く求めるものです。県民の命と安全を守る知事として、新たな任務を付与し、南スーダン自衛隊を派遣することに反対の立場に立ち、安保法制の発動を許さず、反対の意思を表明していただきたい。知事の見解を伺います。  

徳島県議会 2016-06-30 平成28年 6月定例会-06月30日−04号

これに対し、理事者から、  本県では、大規模災害時における災害関連死ゼロを目指し、戦略災害医療プロジェクトを展開しており、車中避難者や高齢者のためのテント、簡易型の洋式トイレの備蓄に加え、人道支援国際基準の視点を取り入れた避難所運営研修の実施により、衛生環境の向上を図ることとしている。  今後も、人材育成衛生環境の整備などで、災害関連死をなくす取り組みを進めてまいりたい。

山口県議会 2016-06-24 平成 28年 6月定例会-06月24日−07号

米国海兵隊は、自衛隊と力を合わせ、平和を守り、域内のパートナーと連携し、人道支援及び災害救援を行っています。  皆さんは、フィリピンとタイを襲った洪水や、バングラデシュに崩壊的な被害をもたらしたサイクロンの対応に当たりました。二〇一一年の東日本大震災では、救助・救援活動で極めて重要な役割を果たしました。日米は、ともに域内で数え切れない数の人命を救ったのです。このことは、我々の大きな誇りです。  

徳島県議会 2016-06-14 平成28年 6月定例会-06月14日−02号

さらに、避難所運営において、人道支援国際基準でありますスフィアスタンダードの考え方を取り入れるとともに、今回の熊本地震の教訓をしっかりと踏まえ、新たに、野外避難に対応したテント設備高齢者にも配慮した簡易洋式トイレなどの緊急備蓄に取り組むほか、仮設トイレを含めた避難所衛生環境の向上に取り組んでまいります。