運営者 Bitlet 姉妹サービス
35083件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-16 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号 一方、昭和四十九年の人材確保法成立で教員の待遇が改善されたことから、教師志願者は年々増加してきましたが、半面、採用者にはペーパーテストに強い受験エリートも目立つようになってまいりました。こうしたエリート教師が一般的に苦手とするのが、落ちこぼれ、非行に走る児童生徒の扱いであります。 もっと読む
2045-06-14 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号 次は、高齢者労働能力活用事業・シルバー人材センターについてお伺いをいたします。この問題につきましても、私は一昨年十二月議会で提起したわけであります。一年半経過いたしました今日なお実現を見ていないわけであります。したがって改めて伺ってまいりたいと思います。   もっと読む
2045-06-12 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号 私は、地方の時代創造の二大要素といたしまして、地域産業経済の振興と人材の育成を掲げ、過去三回の一般質問におきましても、県当局の基本的な考え方並びに具体的な施策につきまして内容を伺ってまいりましたけれども、今回も重ねて質問をさせていただきたいと思います。 もっと読む
2045-06-11 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号 この中で、まず竹中先生の考え方は、日本農業は先進国型農業であって、市場、土地、技術、人材革命によって輸出産業化の可能性があり、過保護農業から脱却をして効率化農業を求めるならば、高い所得水準や教育レベル、総合技術開発能力を持っているので、すぐれた産業に成長し得る条件があると言っております。 もっと読む
2045-06-07 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-目次 ………… 101    ・免許運行の適正化と交通秩序の確立につ     いて    警察本部長廣谷干城君答弁…………………… 104   林田幸治君質問…………………………………… 107    ・県道六嘉秋津線及び秋津川の改修につい     て    土木部長梅野倫之君答弁……………………… 108   林田幸治君質問…………………………………… 109    ・高齢者労働能力活用事業・シルバー人材 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 民間から専門人材を出向させて活用していくというやり方は、短期間に広報力を上げるいい手であるなと感じたことを思い出します。   もっと読む
2019-03-14 滋賀県議会 平成31年予算特別委員会−03月14日-04号 議案の調査の過程で、委員からは、まず、健康医療福祉部所管予算では、介護職員実務者研修等代替職員確保事業について、対象者が研修に参加する場合には、人材バンクや地域から代替職員を確保するとのことだが、他の職員の負担がふえることのないように留意されたい、里親支援ネットワーク事業費について、里親制度をさらに幅広く利用していただくために、希望者の目に届く広報に努めるとともに、里親になった後のサポートを適切に継続 もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 また、配偶者暴力に関する相談対応や区市町村の人材育成など、被害防止や被害者支援のための事業を実施し、女性に対するあらゆる暴力の根絶に取り組んでおります。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 保育所などの整備の促進や人材を確保すること、定着も支援していかなければなりません。それから、利用者支援の充実、この三つを柱として保育サービスの拡大を精力的に進めてきた、その結果がそちらの数字にあらわれてきているのかなと、このように思います。十年ぶりの五千人台でございます。   もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日厚生・産業常任委員会−03月12日-01号 保育士が本来やっていただく仕事に専念できるように、周辺業務に携わる保育の補助者を積極的に使ってもらうため、県としても市町と一緒に努めているところですが、現状としては、なかなかそうした人材が確保できない事情がありますので、今後とも努めてまいりたいと思っております。 ◆駒井千代 委員  まず、病床機能については入札の結果ということですので、数的には進んでいるということでよろしいですね。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日県民生活・土木交通常任委員会−03月08日-01号 ◆節木三千代 委員  人材育成について、これまで質問と要望をしてきましたが、歴史公文書の保存や整理、県民の皆さんに広く知らせる活動は、今、何人でしておられるのですか。体制について教えてください。 ◎小川 県民活動生活課県民情報室長  現在、県政史料室で、その事務をしておりますが、非常勤の専任の職員4人と県民情報室の職員が兼務で対応しております。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会環境・農水分科会−03月08日-01号 そういう中で市町に、困難な森林のことをやらせるということですが、市町にはそういう技術も人材もなく、基金をつくって、市町を支援するというけれども、困難な森林を市町に任せて、本当にできると思っているのですか。 ◎廣瀬 森林政策課長  委員御指摘のように、市町におきましては、林業の専門で採用されている職員がほとんどいないのが県内の現状です。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会厚生・産業分科会−03月08日-01号 ですけれども、事業全体をプロデュースできる人材の育成というと、かなりハードルは高いと思うのですが、1年では無理だと思います。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会県民生活・土木交通分科会−03月08日-01号 5つの戦略と申しますのが、1つ目が地域産業、2つ目が安全・安心、3つ目が働き方・行政サービス、4つ目が人材、5つ目がICTの基盤の確立です。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日厚生・産業常任委員会−03月08日-01号 ただ、今度の3月15日に新たな外国人材の受け入れについての法務省の説明会があります。栗東であるのですが、その受け付け状況等を聞いておりますと、例えば、技能実習生を新しい就労資格に変更する手続をしたいけれども、どのようにしたらいいかという問い合わせもあります。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日文教・警察常任委員会-03月07日-01号 アンケートの自由記述の中でも実際に、生徒指導など急に対応できるような人材、担任を持っていますとだれかが飛び出したときにその子だけにかかわることができないと。やはり生徒指導の部分が大きいのではないかと認識しております。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日厚生・産業常任委員会-03月07日-01号 多職種連携という名の難しさ、人材不足、在宅における介護力が弱っている状況の中で、県の皆さん方が思っているほど、地域包括ケアシステムはなかなかうまくいかないと思います。  それと人材育成において、例えばリハビリの人たちが在宅に行く研修をどこでされているかといえば、されていません。それから、訪問看護ステーション関係のナースたちも、本当の意味で在宅に行ける研修はできていないことが現実にあります。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日県民生活・土木交通常任委員会-03月07日-01号 もう一つは人材確保の観点ですが、市町の中には事業量がそれほど多くないところもあります。昔は、割と市町との人事交流があったと思います。大津市など、市町から土木事務所に出向してもらい、県が給料を半額でも持つと言えば喜んで来てもらえる話ではありませんか。連携を深めることもできると思います。  今、いろいろなところで提案しているのですが、真剣に考えてもらえないでしょうか。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会厚生・産業分科会-03月07日-01号 ◎堀井 子ども・青少年局副局長  保育の現場では、保育人材、保育士の確保が非常に求められております。現在も大津市と一緒にやっている委託事業ですが、保育人材バンクに取り組んでおります。 もっと読む
2019-03-06 福井県議会 2019.03.06 平成31年第405回定例会(第5号 閉会日) 本文 また、林業に関し、4月から新たな森林の管理制度が導入されるが、所有者が管理できな    い森林の増加が見込まれる中、森林を管理する人手をどのように確保していくのか、との質    問に対し、「人材の確保に加え、高性能林業機械の導入により作業効率を高め、これまで以    上に多くの面積を管理していきたい」との見解が示された。      もっと読む