25501件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

愛媛県議会 2020-04-30 令和 2年第368回臨時会(第1号 4月30日)

ただ、人口割プラス感染者数等を指標として考えているという答えが、この段階でいただいている回答であります。単純に1兆円を人口割にいたしますと、愛媛県は140万ですから約100億円となりますが、東日本大震災で同じような配分の仕方をしたことがあります。そういったことを考えると、恐らく40億か50億というぐらいでございます。

石川県議会 2020-04-28 令和 2年 4月第 2回臨時会−04月28日-01号

〔谷内律夫君登壇、拍手〕 ◆谷内律夫君 新型コロナウイルス感染症は残念ながら六例目となるクラスターが発生をし、感染者が増え続けており、また人口十万人の感染率は東京に次いで多く、大変に危惧するものであります。そうした中で、患者の命を守るために昼夜を問わず奮闘を続けている医療従事者や関係者の皆様に心から感謝を申し上げ、質問に入ります。  

滋賀県議会 2020-04-28 令和 2年 4月招集会議(第1号)-04月28日-01号

いま一つ、人口減少を見据えた未来へと続く滋賀総合戦略について申し上げます。  昨年の全国の出生数が初めて90万人を割り込む中、子供、若者を初め、県民一人一人の希望にしっかりと寄り添い、それらをかなえられる滋賀県をつくっていくため、第2弾となります人口減少を見据えた未来へと続く滋賀総合戦略を策定し、今年度から取組をスタートさせました。

青森県議会 2020-03-24 令和2年第301回定例会(第11号)  本文 開催日: 2020-03-24

三村知事は二年目を迎えた青森県基本計画「選ばれる青森」への挑戦と第二期まち・ひと・しごと創生青森県総合戦略人口減少対策として進めようとしております。県もこれまでの事業についてしっかりとした検証を行い、抜本的な対策を講じていかなければ、六十年後の総人口の八十万人から七十二万人に修正した数値は、さらなる修正が迫られることになりかねません。  

富山県議会 2020-03-23 令和2年経済産業委員会 開催日: 2020-03-23

何よりも人口減少や少子高齢化、どうも世の中に閉塞感が漂う中で、前向きに、マインドを持って新しく展開していこうというのは大変すばらしい事業だと思いますので、しっかり取り組んでいただければと思います。  また、この延長線上というか、周辺部分になってこようかと思いますが、1月の末に徳島県へ視察に行ってきました。神山町や美波町というところで、サテライトオフィスを幾つか見てきました。  

富山県議会 2020-03-23 令和2年県土整備観光委員会 開催日: 2020-03-23

この背景には、国内の市場そのものが数年前から縮小している、これは少子高齢化に伴いまして人口が減っていますので、そういった事情もあると理解しています。  そういったこともあって、観光の需要、消費をきちんと底支えするためには、一定程度のバランスをもって国内、インバウンドともに取り組んでいくことが必要なのだろうと。

富山県議会 2020-03-23 令和2年経営企画委員会 開催日: 2020-03-23

そのこととの関連で、まず、日本における人口減少、少子化社会の到来から実際の消滅、地方の衰退という、この流れに何とか歯どめをかけようということだったと思いますが、この間の事業展開の中で、こうした戦略目標をどの程度達成されたのか、さまざまな困難に直面をしたように私は思います。そういう点で、例えば人口減少、少子化に歯どめが少しでもかかったか。ほとんどかかっていないように思います。

滋賀県議会 2020-03-23 令和 2年 2月定例会議(第23号〜第31号)−03月23日-09号

委員会は、付託事件のうち地方創生については、人口減少や高齢化に対応した社会づくりについてを、ブランド推進については、魅力ある滋賀のブランドの発掘、普及および育成についてを重点調査項目として、調査研究を進めてまいりました。  まず、地方創生について申し上げます。  

石川県議会 2020-03-18 令和 2年 3月18日総務企画県民委員会-03月18日-01号

本県では平成27年10月に、今後50年間の人口の展望を示すいしかわ創生人口ビジョンと、その具体の行動計画であるいしかわ創生総合戦略を策定し、具体の取組を進めてきたところですが、国においては、来年度から5か年の計画となる第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略が昨年12月に策定されたところであり、現行の総合戦略の施策の検証と同時に、国の第2期総合戦略を勘案し、今月末までに第2期いしかわ創生総合戦略を策定することにしています

愛知県議会 2020-03-18 令和2年総務企画委員会 本文 開催日: 2020-03-18

56 【水野富夫委員】  東三河地域人口は5年前からどれだけ減っているのか。東三河振興ビジョンをつくっても人口が増える要素がない。県民事務所を含めての東三河地域の在り方を根底で考え直さないと、東三河地域は崩壊してしまう。高齢化が進むだけで若手が全く住まないような状態になる。県を挙げて取り組まないと産業は育たたず若者は移住してしまう。

群馬県議会 2020-03-16 令和 2年第1回定例会総合計画に関する特別委員会−03月16日-01号

前回のアンケートは若者や女性、県民に対しての意向調査であり、今後の人口動態の参考とするものであった。昨年度の段階で実施しており、総合計画の計画期間が4年であったとしても20年の長期のものとなったとしても、同じく2060年を見据えて実施したアンケートであるため、同じことについては再度聞かないという趣旨で説明をさせていただいた。

石川県議会 2020-03-13 令和 2年 3月13日予算委員会-03月13日-01号

総務省からの人口移動報告の発表では、石川県全体でも転出超過で、特に能登地域から転出超過が目立っております。また、県の発表によれば能登地域の高齢化率も高まっており、珠洲市では51.1%、能登町では49.9%、輪島市では45.9%など、奥能登地域では総人口に占める65歳以上の割合が5割にまで迫っているとのことであります。  

東京都議会 2020-03-13 2020-03-13 令和2年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文

東京人口減少が見込まれる中、今後あるべき姿を描き、その実現のため、時期を逸することなく、大胆に実行しなくてはなりません。  こうした投資の核になるものは長期ビジョンに掲げる事業であり、二十八年度予算で長期ビジョンの事業を一〇〇%予算化し、一兆二千五百四十八億円を計上しています。また、その総事業規模は二兆五千億円になるとも示しています。