運営者 Bitlet 姉妹サービス
33051件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-22 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号 またダムが建設されることにより人口が減少する等の問題も出てくる。このようなことから県においては行財政的にも特段の配慮が必要であるとの意見が出されました。執行部からは、整備計画については現在国と最終的に協議中であるが、村及び地域住民の期待にこたえる整備計画であるよう県としても最善の努力をしてまいりたいとの答弁がなされました。   もっと読む
2045-06-15 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号 昨年の十一月、厚生省人口問題研究所が発表いたしました「将来人口新推計」によりますというと、わが国の六十五歳以上の老齢人口は、昭和三十五年の五百三十九万八千人に対しまして、五十五年の国勢調査時点におきましては一千五十七万四千人となっておりまして、二十年間に約二倍の増加になっておるわけでございます。 もっと読む
2045-06-14 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号 その中身は、たとえば人口五万人以下の中小都市あるいは農山漁村では、鉄道や定期バスを廃止して、相互扶助の立場から、自家用車を使用する者と、その利用を希望する者を、地域的組織の力、たとえば町役場とか農協とかによって結びつける自家用利用の導入を検討するとしているのであります。農山村等の地方のバスや鉄道などの公共交通を、マイカー中心の交通体系に変更するという答申であります。 もっと読む
2045-06-11 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号 現在、労働力人口の急速な高齢化が進展しつつある中で、本県におきましては全国平均を上回るテンポで進展している状況であります。このような状況の中で、高齢者を取り巻く雇用情勢はきわめて厳しく、雇用の安定と職場の拡大を図ることは社会の重要な課題となってまいります。   もっと読む
2019-03-20 兵庫県議会 平成31年 2月第343回定例会・速報版(第10日 3月20日) 人口が減っても日本のGDPを維持するために1人当たりGDPを増加させ、県民の所得水準や生活水準、生産性を政策目標の中核に据えるべきです。  地域別最低賃金は、最も高い東京都で時給985円、兵庫県では871円、毎日フルタイムで働いていも月11万円から13万円にしかなりません。   もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 一方で、国立社会保障・人口問題研究所、社人研は、東京及び特別区の人口動態を五年ごとに出しているわけでありますけれども、これが五年前に発表されたときと大きく将来予想が異なっているということであります。   もっと読む
2019-03-13 兵庫県議会 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日) 北区の人口は今、減少している。それは、どこに行くにも交通費が高いというのが最大の要因であって、逆に言えば、それを解決したら非常に投資も、あるいは人口の張り付きもあって、それが地域の活性化になれば当然、兵庫・神戸のプラスになることだから、前向きに考えていただけたらというふうに思うのである。  それで今ちょっと、これは質問になるかもしれない。 もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 28 ◯小池知事 東京は二〇四〇年代になりますと、これまで世界のどの都市も経験したことのないような少子高齢、人口減少社会を迎えることになります。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 また、今後、東京二〇二〇大会のレガシーを将来に生かす、さらにはエポックメーキングの年となるでありましょう二〇二五年以降の人口減少、そしてさらなる高齢化といった、まさしく大きな時代の変化に対応していくためには、より長期的な視点で、東京の進むべき道のりを具体的に示すことが必要と考えております。   もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日厚生・産業常任委員会−03月12日-01号 人口で推定しますと、これの1%ということで、3万人から3万7,000人の患者、感染者数が推定されているところです。  これに対しまして、滋賀県におきましては、肝炎の医療費助成制度を初め、掘り起こしとしまして、ウイルス性肝炎の無料検査、ウイルス性肝炎と判明した場合の重症化予防として、重症化予防事業を実施しているところです。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日県民生活・土木交通常任委員会−03月08日-01号 若い人の人口も減っていく中で、スポーツ人口も減っていくと思います。 アスリートが県内企業に採用されるよう促進事業に取り組むということですが、具体的にどのように取り組んでいくのかは、なかなか難しいと思います。どういったことから事業を進めていくのか、お考えがあればお聞かせください。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会文教・警察分科会−03月08日-01号 その中で、年齢別の人口や面積、あるいは高齢者の方が通われる施設、商業施設、道路整備状況等、必要な情報を踏まえて、優先順位をつけ、各警察署、それから市町、行政機関等と協議し、各警察署が12カ所ありますので、県下各1カ所ずつ、県下全体で12カ所の思いやりゾーンを選定することになっております。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会厚生・産業分科会−03月08日-01号 売り上げも話に出ていますけれども、大事なことは、そこで滋賀をどのように知っていただき、関係人口をどのように広め、滋賀への誘客をどのように図るかも重要なポイントです。一度来ていただいて、ファンになっていただいて、どうつなげていくかが、1つの切り口として大事だと思います。この取り組みは、来年度に1つの情報ツールとしてもう少し強化をお願いします。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会県民生活・土木交通分科会−03月07日-01号 米原駅周辺の開発に取り組む中で、在来線の鉄道駅につきましては、琵琶湖環状線の開業効果や北琵琶湖の地域資源を生かした観光誘客が一定ありますが、少子高齢化や人口減少社会の進行により、利用者が減少していくことが懸念されております。そういったことを踏まえまして、観光の誘客事業や地元の利用促進事業に取り組んできたところです。   もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日厚生・産業常任委員会-03月07日-01号 これはなぜかというと、ある意味人口のスケールメリットというスケールサイズの問題があります。例えば患者は自分の状態がなかなかわからないことも多いわけですので、全科がバックアップしていないと小児救急は成り立たないのです。これが近畿圏でされているのは、兵庫県と大阪府の小児のいわゆる総合病院です。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日環境・農水常任委員会−03月07日-01号 ◎山口 農政水産部理事  今後、ハラールは人口が多いので、確かに輸出できれば、それにこしたことはないわけですけれども、現在の滋賀県の屠場の能力で、ハラールに対応しようとしますと、かなりコストがかかります。どうしても今のところは見合わないという判断をしておりますので、しばらく先になるかと思っております。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会厚生・産業分科会-03月07日-01号 人口が減少して、人手不足という局面であることに間違いありません。しかしながら、健康医療福祉部の予算は今度プラスです。何でもっと絞らないのですか。福祉の予算だからといって通る時代ではもうありません。具体的に絞った例を二つ、三つ言ってください。これは無理だと思って絞った施策があったら教えてください。  それから、病院事業への繰出金です。 もっと読む
2019-03-06 福井県議会 2019.03.06 平成31年第405回定例会(第5号 閉会日) 本文 (1)スポーツ・文化局(仮称)設置構想について     設置に当たっては、スポーツイベントや文化施設を活用した交流人口の拡大など、観光振    興の視点を取り入れるべきと考えるがどうか、との質問に対し、「観光部局と連携をとるこ    とは重要であり、幸福度2番目の東京に比べて弱い、楽しみや非日常的な分野を盛り上げる    方向を目指す」との見解が示された。 もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 人口減少・少子高齢化時代の公共交通政策について」                              井ノ部 航太 委員 ◯井ノ部委員  希望ふくいの井ノ部航太である。人口減少、少子高齢化時代の公共交通政策について質問させていただく。   もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 概要 ……… 15       3 eスポーツについて ……………………………………………… 16 3 小寺 惣吉 委員       1 犯罪被害者支援条例の制定について …………………………… 18       2 教育問題について ………………………………………………… 19       3 新ふくいの農業基本計画について ……………………………… 20 4 井ノ部 航太 委員       1 人口減少 もっと読む