9846件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-01 06月14日-04号

間島橋から野間橋間が未改良のため、年々増加する交通に対処できず、交通の隘路となっていることは御指摘のとおりでございます。 本工区につきましては、河川改修事業及び圃場整備事業との関連があるため、その調整を図りながら昭和五十六年度から未改良区間の六百三十四メーターの事業に着手し、現在国庫補助事業により整備を進めているところでございます。 

兵庫県議会 2021-06-08 令和 3年建設常任委員会( 6月 8日)

それから、渋滞解消目的一つと言われているが、南工区が完成し、開通したことにより南北交通が増えたことは、私たちが今までの討論の中でも言っていることであり、加古川バイパス東西交通渋滞も悪化した。やはり、今、渋滞解消ということで、高規格幹線道路を作ることが本当にいいのかと思っている。それから、何度も指摘してきたが、これは破綻した全国総合開発計画に位置付けられた高規格幹線道路である。

兵庫県議会 2021-06-08 令和 3年建設常任委員会( 6月 8日)

それから、渋滞解消目的一つと言われているが、南工区が完成し、開通したことにより南北交通が増えたことは、私たちが今までの討論の中でも言っていることであり、加古川バイパス東西交通渋滞も悪化した。やはり、今、渋滞解消ということで、高規格幹線道路を作ることが本当にいいのかと思っている。それから、何度も指摘してきたが、これは破綻した全国総合開発計画に位置付けられた高規格幹線道路である。

石川県議会 2021-04-27 令和 3年 4月27日商工観光公安委員会-04月27日-01号

期間中、県内における交通事故が前年より増加した要因については、その明確な理由を申し上げることは困難ですが、昨年の同時期には、新型コロナウイルス感染症感染拡大に伴い、東京をはじめとする7都府県に緊急事態宣言が発出されるなど、不要不急外出自粛が強く求められた時期であり、本年と比べ人出や交通に差が見られたことが発生件数負傷者数増加に係る一つ要因であると考えています。  

滋賀県議会 2021-03-17 令和 3年予算特別委員会−03月17日-06号

議案の調査の過程で、各委員からは、まず、土木交通部所管予算では、通学路の安 全対策について、これまで関係機関との点検結果等に基づき、交通が多いところから順次対策を進めているが、引き続き、交通だけに限らず危険な通学路改善対策を積極的に進められたい、都市公園民間活力導入検討事業および単独都市公園事業費について、新しい生活様式が取り入れられていく中で公園の在り方も変化してきており、新たなPark−PFI

熊本県議会 2021-03-10 03月10日-07号

天草地域サイクリングコース整備する上での大きなメリットは、旧本渡市の中心街を除くと、車やバイクなどの交通が少なく、信号機もあまり設置されていないことから、安全で走りやすいといったことではないでしょうか。 さらに、海岸線を巡るサイクリングコースは、太陽の光に反射してきらきらと輝く海や海岸線に沈む幻想的な夕日などのすばらしい絶景を楽しみながら走ることができ、魅力にあふれています。 

茨城県議会 2021-03-10 令和3年第1回定例会(第7号) 本文 開催日: 2021-03-10

バイパス開通後、当バイパスを利用する車両の交通がどの程度になるのかが判明しないことから、調査に当たりましては、道路管理者において予定されている現県道267号線と当バイパスを接続する丁字路交差点改良工事完成時期や完成後の交通も考慮しながら、原宿台団地内交差点への信号機設置必要性について判断してまいります。  

兵庫県議会 2021-03-10 令和 3年度予算特別委員会・速報版(第6日 3月10日)

これは、関係機関団体による地道な交通安全に対する取組のほか、法律改正による罰則強化、または、コロナ禍による交通減少といった影響があったものと思われる。  最近では、悪質なあおり運転高齢者による運転操作誤り等が社会問題となったほか、いまだになくならない飲酒運転自転車安全利用、安全な歩行空間確保など、安全・安心な交通社会を実現するためには、まだまだ多くの課題がある。  

兵庫県議会 2021-03-10 令和 3年度予算特別委員会・速報版(第6日 3月10日)

これは、関係機関団体による地道な交通安全に対する取組のほか、法律改正による罰則強化、または、コロナ禍による交通減少といった影響があったものと思われる。  最近では、悪質なあおり運転高齢者による運転操作誤り等が社会問題となったほか、いまだになくならない飲酒運転自転車安全利用、安全な歩行空間確保など、安全・安心な交通社会を実現するためには、まだまだ多くの課題がある。  

長野県議会 2021-03-10 令和 3年 2月定例会危機管理建設委員会−03月10日-01号

対岸の千曲川の左岸も交通が多くなってしまって、信号で右折できないなどの状況渋滞も起きている。そしてさらには、通学路であるにもかかわらず、朝・夕に脇道から入らなければ行けない細い道で通行がかなり多くなってしまっている。こういう課題がかなりあるんです。地域交通にとっても大きな問題なので、一刻も早くやっていただきたいと思いますので、強く要望してお願いしたいと思います。  

広島県議会 2021-03-10 2021-03-10 令和2年度予算特別委員会(第5日) 本文

その中で、駅周辺踏切に、青崎の第10踏切という一番交通の多い踏切がございまして、ここは、1日の8時間は踏切が下りているようなところです。この踏切の混雑も解消されるということは、それだけ交通の流れがスムーズになり、そして、そこに近接する、先ほど申し上げた県道につながっていくということは、交通が増えていくことが当然考えられますので、そのこともしっかりと踏まえていただきたいと思います。

滋賀県議会 2021-03-09 令和 3年 3月 9日予算特別委員会土木交通・警察・企業分科会−03月09日-01号

本田秀樹 委員  もう一遍、通学路安全対策のほうですけれども、通学路点検ということで交通が1万台以上のところは終わっているのですよね。1万台以下はまだ終わっていないですよね。この部分で1万台以下が終わっていないのに、対応の金額をもう少し上げることができないのかなと思ってお聞きしました。状況を教えていただきたいと思います。