10228件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茨城県議会 2019-11-01 令和元年11月臨時会(第1号) 本文

国土交通は,堤防は必要ない,大丈夫としてきましたが,何の根拠もありませんでした。  以上を踏まえ,4点について伺います。  第1に,生活再建支援のさらなる拡充と災害救助法に基づく生活必需品の品目や支援のあり方を改善すること。  第2に,県北地域の背骨である水郡線の早期全線開通と沿線地域への支援策とともに,鉄道の改修補強など,災害対策の強化を国とJRに求めること。  

茨城県議会 2019-10-09 令和元年決算特別委員会  本文 開催日: 2019-10-09

これまでであれば,東京延伸と書かれていたのだろうと思いますけれども,知事の方針もありまして,県内延伸,下りへの延伸ということもありまして,このような「延伸」という表現に変わってきているのかなとも印象を受けるわけでありますけれども,東京延伸のほうに関しましても,国土交通交通政策審議会2016年の答申にも,都心地下鉄線との一体整備ということが答申に掲載がされまして,これまで東京延伸に関しましてはなかなか

青森県議会 2019-10-07 令和元年第299回定例会(第7号)  資料 開催日: 2019-10-07

から11月13日まで       │ ├────────┼───────────────────────────┤ │派遣場所及び目的│1)東京都千代田区                   │ │        │ 第19回都道府県議会議員研究交流大会出席      │ │        │2)東京都千代田区                   │ │        │ 道路の整備等に関する国土交通

愛媛県議会 2019-10-02 令和元年建設委員会(10月 2日)

○(道路建設課長) 国土交通の資料によりますと、過去10年間で交通事故件数が約4割減少する中、歩行者対自転車事故件数に限っていえば、約1割の減少にとどまっておりまして、歩行者や自動車自転車が適切に分離された通行空間の確保が必要であると考えております。しかしながら、完全分離された幅員2m以上の自転車道については、用地等の制約から、その整備が進んでいない状況でございます。  

愛媛県議会 2019-10-02 令和元年スポーツ文教警察委員会(10月 2日)

通常、ダムの場合は一定の水位を超えないと放流ができないという性質がございますが、平成23年に国土交通が鹿野川湖の洪水吐き工事を開始しておりました。これは、早目に放流してダムの水位を下げるという目的のために、ダムの擁壁とは別のところにバイパスを通して放流するルートを構築するための工事でございます。  

青森県議会 2019-09-30 令和元年第299回定例会(第5号)  本文 開催日: 2019-09-30

東日本大震災等を契機として、近年、全国的に続く大規模災害時に、主要経路が寸断されたときにかわりとなる経路、代替経路の重要性が見直されているところであり、国土交通でも現在、代替経路を評価する方法が議論されておると聞きます。災害で主要経路が通行できないとき、代替経路が大きく迂回するものでは、救援活動におくれが生じてしまい意味がありません。  

青森県議会 2019-09-25 令和元年第299回定例会(第2号)  本文 開催日: 2019-09-25

また、下北未来塾は、議員のお話のとおり、平成二十九年度より全国みちづくり女性ネットの世話人となり、全国会議の運営や国土交通道路局長への要望活動を行うなど、全国における道路整備促進の一翼も担っており、こういった活動も下北半島縦貫道路予算確保に貢献しているものと感じるところでございます。  

愛媛県議会 2019-09-25 令和元年第365回定例会(第6号 9月25日)

国土交通四国地方整備局の発表している四国地区無電柱化推進計画に、愛媛地区における整備の考え方が記載されています。当該部分だけを抜粋しますと、1、都市景観の向上及び防災対策の観点から、まちなかの緊急輸送道路を重点的に整備する。2、くらしのみちゾーンに指定している道後温泉街の景観整備とともに、そのアクセス道となるJR松山駅から道後温泉間を愛媛の顔となるような路線と位置づけ、優先的に推進する。

福井県議会 2019-09-25 2019.09.25 令和元年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 本文

北陸新幹線福井・敦賀開業と同時期の全線開通を目指し、先月7日には「高速道路ミッシングリンクを解消し日本の再生を実現する10県知事会議」として、また、21日には「中部縦貫・北陸関東広域道路建設促進同盟会」として、財務省、国土交通等に対し、必要な予算の確保など強く要望をした。  

石川県議会 2019-09-20 令和 元年 9月20日予算委員会−09月20日-01号

◎遠藤知庸 農林水産部長  現場環境改善費につきましては、国土交通関係の工事では周辺住民の生活環境への配慮や現場労働者の作業環境の改善などを目的平成29年度から計上できるとされております。他方、土地改良事業では建設現場の環境改善として水洗機能を備えた洋式の仮設トイレの計上は可能であるものの、国土交通関係の工事での取り扱いに相当するものは定められておりません。  

愛媛県議会 2019-09-20 令和元年第365回定例会(第4号 9月20日)

さて、県では、高速道路の南予延伸を最重要施策の一つに位置づけ、これまでも機会あるごとに国に対し、早期整備を強く要望し続けていただき、また、知事におかれましては、先週にも国土交通を訪問され、未整備区間である岩松-宿毛間の早期着工に向けて提言をしていただいており、まことに感謝にたえません。この高速道路の南予延伸、早期整備も南宇和郡にとっては知事の公約である3本柱のいずれにも関連してまいります。  

富山県議会 2019-09-20 令和元年 産業建設常任委員会 会期中(第1日・9月20日)本文

(1)の労務単価の上昇に対する対応としまして、国土交通から「技能労務者への適切な賃金水準の確保について」に関する通達があり、川越駅東口駅前広場(ペデストリアンデッキ)改修工事及び脇田歩道橋耐震補強工事(下部工)が対象工事となっているため、労務単価の上昇に伴う契約変更が想定されているところです。  

石川県議会 2019-09-18 令和 元年 9月第 4回定例会−09月18日-04号

国土交通は、宅配ボックス設置部分を一定の範囲内で容積率規制の対象外とする、宅配ボックスを次世代住宅ポイント制度の対象設備とするなど取り組みを進め、また地方自治体でも福井県あわら市では実証実験の結果を受け、一昨年度から宅配ボックス設置補助制度化し、山口県では本年七月から「荷物の受け取り方法 実はいろいろあります!」キャンペーンをスタートさせたと聞いています。  

富山県議会 2019-09-17 令和元年第4回定例会(第16日・9月17日) 本文

厚生労働省と国土交通が定める住宅宿泊事業法施行要領によりますと、住宅宿泊事業、いわゆる民泊を営むことができる家屋として、随時居住の用に供されていることが居住要件として定められておりまして、この中で、転勤や相続等により一時的に空き家となっている家屋で、将来的に居住の用に供することを予定している空き家につきましても居住要件として認められております。  

石川県議会 2019-09-13 令和 元年 9月第 4回定例会−09月13日-03号

バス事業者がバス停の新設または移設を行う場合、警察庁と国土交通の申し合わせによりまして、バス事業者があらかじめそのバス停の位置を管轄する警察署長の意見を聴取するように国土交通からバス事業者に指導が行われていると承知しておりまして、協議を受けた警察署では現地調査を行った上で交通安全と円滑を確保するために必要な指導を行うこととしております。

石川県議会 2019-09-11 令和 元年 9月第 4回定例会−09月11日-02号

こうした中、先般、自民党のプロジェクトチームにおいて、敦賀までの確実な開業と敦賀─大阪間への切れ目ない着工を実現するため、来年度予算において国費の最大限の増額を行うことが決議をされ、国土交通から国費の増額を求める概算要求がなされたところでございます。また、同プロジェクトチームではJRが支払う貸付料の算定期間の延長の議論など、財源確保に向けた検討が進められていると承知をしております。