4366件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-01 06月15日-05号

さきに県が発表した総合計画の「交通基盤整備」の中で、「本地域における流通及び観光拠点港湾として重要な役割を果している長洲港の港湾機能拡充をはかり、今後の産業発展観光客増加等に対応し、海上輸送の量的、質的増大に備える必要がある。」という基本的な方針が出されていますが、私なりに所見を申し上げお尋ねをしたいと存じます。 

大分県議会 2022-09-13 09月13日-02号

大分空港は、本県唯一の空の玄関口であり、地域発展のための重要な交通基盤です。観光振興企業誘致関係人口増加など、本県地方創生を加速させるためには、その活性化を図る必要があります。 そこで、このたび、大分空港の目指すべき将来像を官民で共有し、一体となって戦略的に取組を推し進めるために、大分空港宇宙港将来ビジョンの素案を策定しました。 

茨城県議会 2022-09-06 令和4年第3回定例会(第2号) 本文 開催日: 2022-09-06

道路は、地域暮らしに最も身近で重要な交通基盤であり、災害時には避難路救急、救援、復旧活動に大きな役割を担いますが、この道路が寸断された場合、円滑な救命活動や物資の輸送に支障を来します。  災害発生後の対応よりも、災害を未然に防ぎ、被害を最小化するための事前防災が極めて重要であり、あらゆる角度から考えられる対策を最優先で考えるべきと思います。  

神奈川県議会 2022-06-17 06月17日-06号

ツインシティ橋は、県央湘南都市圏道路網骨格を形成し、地域交流を促進するとともに、新幹線新駅誘致を目指すツインシティまちづくりを進める上でも重要な交通基盤です。  そこで、県では、寒川町の県道相模原茅ケ崎平塚市国道129号の間を東西に結ぶ新たな約1.7キロメートルの路線事業に取り組んでいます。  

愛媛県議会 2022-06-13 令和 4年第379回定例会(第4号 6月13日)

その幅員狭小区間のうち、海岸埋立てによる拡幅工事中の上泊地区1,050mと並行して、道路脇に民家や倉庫が建ち並び、特に見通しが悪く、トラックや救急車両通行の難所と言われる大釜地区720mを、県では2010年から約8億7,000万円をかけ、2車線の拡幅工事を行っていましたが、今年1月26日、念願の大釜バイパス230mが開通し、真穴地域日常生活を支える重要な交通基盤完成住民は感謝の声を上げています

広島県議会 2022-06-02 令和4年6月定例会(第2日) 本文

地方鉄道は、地域住民通学通勤通院などの日常生活を支える重要な交通基盤であると同時に、観光による地域活性化など、まちづくりを含めた地方創生を進めるために必要不可欠な広域ネットワークであると認識しております。  こういった認識の下、県では令和二年度に、「鉄道ネットワークを活かした中山間地域魅力向上事業」を創設し、芸備線、福塩線の沿線自治体と共に、様々な利用促進取組を推進してまいりました。  

京都府議会 2022-06-01 令和4年6月定例会(第7号)  本文

道路整備鉄道維持確保駅周辺にぎわいづくりなど、人々生活になくてはならない交通基盤等の機能強化支援に一層努めること。また、公共事業を支える建設業者生産性向上のため、ICTの普及促進に係る研修を実施するとともに、機器の整備に対し支援すること。  このほか、本委員会審議の中で、各委員から述べられた事項につきましても御配慮いただくよう願うものであります。  

滋賀県議会 2022-03-18 令和 4年 2月定例会議(第25号〜第34号)−03月18日-10号

モーターボート競走事業について 委員会名 土木交通警察企業常任委員会 事件   1.交通基盤整備について      2.公共土木施設整備および災害復旧対策について      3.上水および工水供給事業について      4.警察施設整備について      5.生活安全対策について      6.交通事故防止対策について 委員会名 環境・農水常任委員会 事件   1.琵琶湖水政について

長野県議会 2022-03-11 令和 4年 2月定例会総務企画警察委員会−03月11日-01号

いずれにしましても、北しな沿線の首長としましても、やはり生活するためにはなくてならない公共交通基盤ですので、しな鉄道だけに任せるんではなくて、地元もみんなで支えていくという認識で一致したところでございまして、これから県も含めて、沿線市町と協調しまして、将来にわたって安全かつ安定的にしな鉄道が運行できるように、引き続きしっかりと支えてまいりたいと思っております。

大分県議会 2022-03-09 03月09日-08号

大分空港は、本県唯一の空の玄関口であり、地域発展のための重要な交通基盤です。観光振興企業誘致関係人口増加など、本県地方創生を加速させるためには、議員御指摘のとおり、その活性化を図ることが大変重要だと思います。 そこで、県では、三つの夢の大きなプロジェクトに取り組んでいます。 一つは、アジア初となる水平型宇宙港取組です。

大分県議会 2022-03-04 03月04日-05号

空港航空路線地域発展にとって重要な交通基盤であり、航空需要増を確実に取り込むことで、地方創生を加速化させることが重要です。そこで最大の課題とされたのが、他の空港よりも著しく時間がかかる大分空港アクセス改善でした。大分空港アクセス改善については、高速の船舶を活用した海上アクセスが最も有効かつ効果的であるとの判断により、ホーバークラフトの運航再開が決定されました。

奈良県議会 2022-03-03 03月03日-02号

令和4年度は、本県未来を切り拓くこの重要な交通基盤完成を見据えて、本県をさらなる発展へと導くプロジェクトの実現に向け、着実に歩みを進める都市にしたいと考えております。 まず、この奈良附近駅の早期確定リニア中央新幹線建設に伴う発生土を活用した大規模広域防災拠点整備奈良附近駅と関西国際空港との接続線整備の3つの関連するプロジェクトを一体的に進めてまいりたいと思います。

奈良県議会 2022-02-25 02月25日-01号

県土マネジメントを推進し、効率的で便利な交通基盤をつくります。 「奈良道路整備基本計画」に基づき、京奈和自動車道とその関連道路国道168号・169号をはじめとする骨格幹線道路ネットワークの形成と、県経済の進展に対応した目的志向道路整備を推進します。併せて、「選択と集中」の深化と道路整備体系化により、効率的な道路整備にも取り組んでまいります。