29628件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-22 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号 まず、執行部から、県道熊本玉名線の福祉会館前から市役所前に至る交通車線の拡幅工事の計画について説明がありましたほか、最近の県内における交通事故の多発にかんがみ、委員から、長距離輸送トラック運転者の労務管理について行政指導の徹底を図ること、またシートベルト着用励行者に対する表彰体制について、さらに自動二輪車の運転免許取得に係る年齢制限の引き上げについてなどの要望が出されたほか、熊本の空の玄関道と言われている もっと読む
2019-03-20 兵庫県議会 平成31年 2月第343回定例会・速報版(第10日 3月20日) 本請願にもあるように、現在の日米地位協定では米軍が事故、事件を起こしても、日本側が立入調査することや裁判することができず、住民の命が脅かされている状態を見過ごすことはできません。  兵庫県議会は2003年日米地位協定の見直しを求める意見書を全会一致で採択しています。 もっと読む
2019-03-19 兵庫県議会 平成31年建設常任委員会( 3月19日) (主      な      発      言) ○(いそみ恵子委員)  ① 説明にあった約5,900万円の事故繰越は、どのような案件か。 ○港湾課長(雨宮 功)  ① 当該事故繰越は、明石港東外港地区再開発推進事業における物件補償等に時間を要したことによるものである。 ○(いそみ恵子委員)  ② 第181号議案の繰越明許費、「公共事業道路橋りょう新設改良事業」は東播磨南北道路と浜坂道路を含む。 もっと読む
2019-03-19 沖縄県議会 総務企画委員会記録 平成31年 第 2 回 定例会第 5 号 ○山本将之警務部長 昨年12月末、昨年中の座間味管内の取り扱いにつきましては、座間味駐在が管轄をいたします座間味と阿嘉・慶留間でございますけれども、刑法犯認知件数が2件、交通事故が13件、水難事故が5件、保護取り扱いが4件ございました。 もっと読む
2019-03-18 沖縄県議会 経済労働委員会記録 平成31年 第 2 回 定例会第 4 号 会議録の閲覧と検索へ 1つ前に戻る   経済労働委員会記録   平成31年 第 2 回 定例会 第 4 号   開会の日時 年月日平成31年3月18日 月曜日開議午前 10 時 0 分散会午後 3 時 35 分場所 第1委員会室議題 1 乙第14号議案 沖縄県中央卸売市場条例の一部を改正する条例 2 乙第29号議案 車両損傷事故に関する和解等について 3 請願平成29年第2号、請願平成30 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 当然、住民からは、騒音、落下物や墜落事故、大気汚染、資産価値の低下など、命と暮らしが脅かされることへの不安、そして計画の撤回を求める声が上がっています。  みなとの空を守る会による住民アンケートでも、我が党の品川区議団のアンケートでも、中止や反対は八割を超え、都議会には、延べ七千人以上の都民の方々から、計画の撤回を含めて、都が国に強く迫るよう求める請願、陳情が提出をされています。   もっと読む
2019-03-14 滋賀県議会 平成31年予算特別委員会−03月14日-04号 次に、警察本部所管予算では、犯罪被害者への支援の拡充について、児童虐待を受ける子どもたちを守るため、本県においては子ども家庭相談センターに警察官を派遣し、市町等とも連携を進めていただいているが、虐待を未然に防げるように継続して取り組まれたい、高齢運転者安全・安心事業について、高齢者の運転に関しては事故が増加しており、今年に入ってからは死亡事故もふえていることから、運転免許証の自主返納も含めて、高齢者 もっと読む
2019-03-13 兵庫県議会 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日) 実際、私の家の前の道路でも、道幅が狭いにもかかわらずスピード超過の車が多く、いつ事故があってもおかしくない。  わずかな区間、抜け道を通るリスクを負わなくても時間にしてみたら、さほど変わらないだろうと思うのだが、抜け道を飛ばす車が後を絶たないのが現状である。   もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 高速道路でございますが、一般道路に比べますと事故率は低い、また所要時間の見通しが立てやすいということから、多くの競技会場への輸送ルートといたしたわけでございます。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 まず、安全でありますけれども、都内の地下鉄のホームドア、先日も中目黒の駅において、三十代の方ですけれども、インフルエンザと思われるふらつきによって、死亡事故が残念ながら起きてしまいました。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会文教・警察分科会−03月08日-01号 平成30年12月末で自主防犯活動団体の数が254団体ありまして、このうち青色回転灯パトロール車については約400台を運用されておりますが、特にその中でも専用車として使われているのが53台、そのうちの50台にはドライブレコーダーを無償貸与して、パトロール中の事件事故遭遇時の記録能力の向上等、防犯活動の活性化を図る、さらに見守りの空白地帯はパトロールを強化してもらいます。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日環境・農水常任委員会-03月08日-01号 簡単な原因ではありますが、それが気づけなかったことでいろいろな事故が発生しました。その辺をやはり十分に気をつけてやっていただかないと、行政はいろいろな面から指導する立場にあるのだから、指導する立場がそんな不祥事を起こしているようなことでは話になりません。県民の信頼が得られないと思いますので、この辺はしっかりともう一遍気合いを入れて物事に当たっていただくことが必要であろうと思います。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日県民生活・土木交通常任委員会-03月07日-01号 5 議第86号 損害賠償の額を定めることにつき議決を求めることについて (1)当局説明  久保道路課道路保全室長 (2)質疑、意見等 ◆川島隆二 委員  事故をされたのは、ビワイチをしていた男性ですか。 ◎久保 道路課道路保全室長  そうです。ビワイチの最中に事故に遭われたものです。 もっと読む
2019-03-06 福井県議会 2019.03.06 平成31年第405回定例会(第5号 閉会日) 本文 福島原発事故から間もなく8年、深刻な被害が続いております。日本の原発海外輸出計画は全て失敗しました。本州で再稼働を認めているのは福井県だけであります。この時期に新たな原子力開発を推し進めるのではなく、原発ゼロへと進むべきであります。  第5号議案国民健康保険特別会計予算は、国保の新年度の納付金総額を今年度に比べ18億円ふやし、福井市など4市町で保険税引き上げにつながるものであり反対です。 もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 一方で、今指摘のあった交通事故など──先般も大きい事故があったが、通行どめなどの課題があることから、早期に4車線化を図る必要がある。   もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 本文 交通死亡事故の発生状況についてである。  棒グラフと、その下の表にあるように、昨年の交通事故死者数は41人で、前年より5人減少したが、赤の折れ線グラフにあるとおり、人口10万人当たりの死者数は5.26人で、全国ワースト1位となった。  事故の特徴としては、ページ上部の1)から3)で掲げているが、高齢者の死者が多いこと。高齢運転者が第一当事者となる事故が増加していること。 もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 昨年1年間の交通事故発生状況については、死者数は41人で5人減少したほか、人身事故件数、負傷者数ともに前年に比べて減少している。また、ことし1月からの交通事故による死者数は、2月25日現在、昨年同期より3人増の8人で、うち4人が高齢者となっている。   もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 私は、二十数年前、テレビ局の報道記者でカイロ支局長だった夫が、突然、取材中の小型飛行機の墜落事故で亡くなり、幼い息子二人とともに約四年ぶりに日本に帰国したときのことを思い出します。主婦として、母として暮らしていた人生が、悲しみとともに大きく転換しました。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 現在、警視庁においては、歩行者の交通事故防止を重点に掲げ、各種対策の推進や関係機関、ボランティア等と連携した地域ぐるみの活動を展開し、平成三十年中における都内の交通事故死者数が戦後最少の百四十三人となるなど、大きな成果をおさめていると認識しています。   もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 建築都市委員会 本文 開催日: 2019-02-18 例えば、いろんな展示場で爆発が起こったりとか、花火を見ていて、そこで爆発があったりとか、いろんな事故が起こっていまして、興行場といったら、いつ火を使うかもわかりませんし、そういうことの不安が非常にあるんですが、その辺はどうでしょうか。 もっと読む