運営者 Bitlet 姉妹サービス
5733件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-14 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号 現在就航中の日本航空の利用率についてでありますが、御指摘の数字は冬期一月から四月までのものでございまして、その後五月は五六%と向上をしてきておりまして、六月は九二%の予約状況となっております。さらに九月までの予約の状況も好調である旨の報告を受けております。  一方、国際線チャーター便の実績を見てみますと、昨年までに便数は三百六十八便、旅客数は約四万七千人に達しております。 もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 バーベキュー広場の特性に応じた運用をしていると聞いておりますけれども、まず、予約方法についてです。  私の地元の光が丘公園では、前月の五日の十時が申し込みの開始となります。申し込みは窓口か電話のみ、夏場の土日などは定員オーバーになることもあることから、五日の朝から窓口に並ばなければなりません。  ある団体で、私が予約をとる担当になりまして、先日朝七時から並びました。 もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 高齢者が認知機能検査及び高齢者講習の予約のために今、教習所に電話した際、係員が対応する教習所もあれば、中には予約ができない旨の音声ガイダンスのみが流れて、予約状況や更新期間内の予約が新たにできない場合の相談窓口など全くない、そのような状況が今続いております。 もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 しかし、その後の高齢人口の増加は一層著しく、特に七十五歳以上の免許更新で必要な認知機能検査は、都内四十六カ所の民間教習所の多くで数カ月先まで予約がとれない状態にあり、検査後の高齢者講習においても長い受講待ちが余儀なくされています。  高齢者講習の通知は免許の有効期限の六カ月前に伝達されますが、検査や講習をスムーズに利用できないことに不満が高まっています。   もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日商工観光公安委員会-12月19日-01号 4番目の商品開発・販路開拓の東京オリンピック・パラリンピック枠で採択した金沢市の株式会社心結の案件については、同社は、観光客向けの着物レンタルサービスを行っている企業ですが、新幹線開業後、外国人利用者がふえていることから、欧米人に適したサイズ、柄、色の着物の開発や予約サイトの多言語化、ファミリーで楽しめる体験型観光プランの開発にも取り組むものです。   もっと読む
2018-12-17 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会−12月17日-付録 ──────────────────────┼────┼─────┤  │ 27│西毛地区開発に関する請願〈2項1号・2号・4号〉    │一部採択│     │  │  │                  (2項2号・4号) │    │     │  ├──┼────────────────────────────┼────┼─────┤  │ 28│(国)指定野菜価格安定対策事業に係る交付予約数量引 もっと読む
2018-12-13 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会-12月13日-04号 本県にはいしかわ総合スポーツセンターという立派な施設がありますが、休日の利用率は九割を超えているとのことであり、また金沢市総合体育館や野々市市民体育館も予約がいっぱいで、利用したくてもなかなか利用できないとの声を聞きます。 もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会県民文化健康福祉委員会-12月12日-01号 おっしゃるとおり、保健福祉事務所での実施というのは、予約をして平日の昼間に行くということで、利便性につきましては検討の余地があると考えております。今回、国から出されました風疹に関する追加的対策の中にも医療関係者、また検診事業者等の団体と連携し、できる限り対象者の利便性の向上を図るようにと書かれてございます。 もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会環境産業観光委員会−12月12日-01号 具体的には、ネット予約の機能とか、それから情報発信の強化につきましては、ことしの信州アフターDCキャンペーンでは、長野県公式観光インスタグラム長野ジャパンの投稿を行わせていただいたり、先ほど御紹介させていただいた長野県観光インスタアワードなども実施させていただきました。 もっと読む
2018-12-12 群馬県議会 平成30年第3回定例会公共交通・観光振興特別委員会−12月12日-01号 予約には、AIシステムを活用することで、追加の予約が入ったときでも、最適なルートを選択して相乗りを促すことが可能となるもので、12月13日から実証実験をスタートさせる予定である。  次に、安中市の細野地区では、バスが走っていない地域の移動手段として、話し合いを始めたところである。 もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 〔教育長中井敬三君登壇〕 82 ◯教育長(中井敬三君) TOKYO GLOBAL GATEWAY、いわゆるTGGの利用状況及び利用促進についてでございますが、九月のTGG開設後、三カ月間で約二万人の児童生徒が利用し、今後の予約も好調な状況にございます もっと読む
2018-12-12 群馬県議会 平成30年第3回定例会弱者・高齢者対策特別委員会-12月12日-01号 自主返納の希望者は高齢者が中心であり、体調不良等の理由により窓口に来ることができず、返納ができない者もいることから、県警察では、自主返納することによって行政サービスが確実かつ平等に受けられるよう、平成28年2月1日から、代理人による自主返納、予約制による日曜日の申請受理、警察職員の申請者宅訪問による申請受理の3つの対策を全国でもいち早く取り入れており、代理人による自主返納と日曜日の申請受理については もっと読む
2018-12-11 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会−12月11日-03号 まず、貸し出しの面では来館することが困難な障害者を対象とした無料の郵送貸し出しサービスや予約した本を自宅などに届ける有料宅配サービス等々、一方、返却の関係では総合図書館の分館はもちろんのこと、地下鉄の駅やショッピングセンター、変わったところでは九州がんセンターといった病院施設などにも返却ポストを設置し、利便性の向上を図っているとのことでありました。  そこでお尋ねいたします。 もっと読む
2018-12-11 鹿児島県議会 2018-12-11 平成30年企画観光建設委員会 本文 予約の受け付け、利用の調整、利用の許可・取り消しがありますが、この施設は条例第一条にあるように、トップアスリートの合宿と県民の競技力の向上という面をあわせ持っているわけですけど、この施設の予約に関してはどちらが優先されるのか、来た順番なのか。その考え方については県は示すのか、管理者に任せるのか。 もっと読む
2018-12-10 群馬県議会 平成30年第3回定例会厚生文化常任委員会(こども未来部・健康福祉部・病院局関係)−12月10日-01号 相談の予約が一杯で、実際に相談できるまでに1か月以上待たされると聞く。相談件数や予約待ちの状況はどうか。 ◎小林 障害政策課長   発達障害者支援センターは、平成18年に県機関として設置された。同センターは、専門的な相談機関であり、家族等からの相談、市町村や関係機関などの支援・人材育成などを行っている。 もっと読む
2018-12-07 群馬県議会 平成30年第3回定例会産経土木常任委員会(産業経済部・労働委員会関係)-12月07日-01号 その結果、実際の予約も入っており、成果が上がりつつあると考えている。オーストラリアからのスキー客というと北海道のニセコや長野県の白馬をメインに多くの来客があるが、いずれも外国人で飽和状態にあると聞いている。今後も、首都圏に近く雪質も良い本県スキー場の強みを活かして誘客を進めていきたい。なお、オーストラリアから県内への観光客は直近4年間でほぼ倍増している。 もっと読む
2018-12-07 北海道議会 平成30年第4回予算特別委員会第2分科会−12月07日-03号 ◆(内田尊之委員) もう一つ、大きな問題として、ふっこう割の対象商品に乗りかえるために、事業実施前に行っていた予約をわざわざキャンセルして、改めて同様の内容の商品を購入し、補助金分の割引を受ける例があると聞いております。   もっと読む
2018-12-07 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会−12月07日-02号 警察の取り締まりについては、配車予約から支払いまでインターネット上で完結するため摘発が難しいと言われていますが、東京、大阪、福岡等では国土交通省など関係団体などとも連携をし、警戒を強めていると聞きます。  さて、本県でも急増する外国人を対象としての白タクが進出、拡大しているのではないかと懸念をいたします。その実態把握と取り締まりの状況、また今後の対策について伺います。   もっと読む
2018-11-30 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-11月30日-08号 また、公共交通が運行されていない地域では、デマンドバス、あるいはデマンドタクシーなどの予約や相乗りのマッチングにIT技術を活用することで運行効率が向上して導入しやすくなることや、将来自動運転が実用化されれば、これまで導入が難しかった地域にも路線バスなどが運行できるようになることから、この導入についても検討しておるところでございます。 もっと読む
2018-11-29 北海道議会 平成30年第18回北海道地方路線問題調査特別委員会会議録-11月29日-01号 2017年から順次、道内の各方面に、インターネットで予約できるお得な商品の「えきねっとトクだ値」を導入してまいりました。この施策により、現在は、混んでいる列車は若干割引率を抑えて、すいている列車は大きく割り引くなどしまして、御利用の拡大、収入の確保に努めてきているところでございます。   もっと読む