10467件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 例えば、福井でも開始されたショッピングリハビリとか、松江城、出雲大社、温泉を活用したヘルスツーリズム、山間地域を生かした森林セラピーや認知症予防の高齢者塾などである。   もっと読む
2019-02-26 福井県議会 2019.02.26 平成31年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 ◯山本(正)委員  さらに5ページには、これが活用されると、災害とか離島や山間地域、また都市の混雑したところでの活用というのが、すごく有用な感じがして、希望が見えるわけであり、大変すばらしいと思うので、実現に向けて、しっかりと頑張って、着実な努力をしていただけると大変うれしいと思う。   もっと読む
2019-02-21 広島県議会 2019-02-21 平成31年生活福祉保健委員会 本文 特に、山間地域などはもう中学までやっているわけです。県が今負担しなくても何とかやっているのです。でも、それを県が負担することによって、山間地域の市町がほかの子育て支援の事業にお金を使えるかもしれません。 もっと読む
2019-02-21 広島県議会 2019-02-21 平成31年総務委員会 名簿 法務担当)、秘書課長、人事課長、業務プロ   セス改革課長、業務プロセス改革課政策監(情報システム担当)、福利課長、財政課長、   財産管理課長、税務課長、経営企画チーム政策監(経営改革担当)、経営企画チーム政   策監(地方創生担当)、経営企画チーム政策監(戦略推進担当)、経営企画チーム政策   監(地方分権担当)、広報課長、統計課長、研究開発課長  [地域政策局]   地域政策局長、地域振興部長、山間地域振興部長 もっと読む
2019-02-20 広島県議会 2019-02-20 平成31年総務委員会 名簿 法務担当)、秘書課長、人事課長、業務プロ   セス改革課長、業務プロセス改革課政策監(情報システム担当)、福利課長、財政課長、   財産管理課長、税務課長、経営企画チーム政策監(経営改革担当)、経営企画チーム政   策監(地方創生担当)、経営企画チーム政策監(戦略推進担当)、経営企画チーム政策   監(地方分権担当)、広報課長、統計課長、研究開発課長  [地域政策局]   地域政策局長、地域振興部長、山間地域振興部長 もっと読む
2019-02-20 広島県議会 2019-02-20 平成31年総務委員会 本文 特に山間地域におきましては、若年層を中心とした人口流出、また集落の小規模化、高齢化が大きく進むなど厳しい現状に直面していると認識しております。  また、さきの7月豪雨災害により、自然災害に対する危機意識はより一層高まっており、新たな取り組みも行われております。 もっと読む
2019-02-07 福岡県議会 平成31年2月定例会(第7日) 本文 第三に、山間地域における農業の振興についてであります。一昨年の九月議会において、我が会派が代表質問でこの山間地域における農業振興についての認識と振興方策についてただしたところ、山間地域の主要な産業は農業であることから、その振興は地域の発展にとって重要である。国の交付金を活用した荒廃農地対策や県独自の支援策を総合的に進めることで、中山間地農業の振興を図っていくと答弁されました。 もっと読む
2019-01-18 広島県議会 2019-01-18 平成31年総務委員会-1 名簿 総務課政策監(法務担当)、秘書課長、人事課長、業務プロ   セス改革課長、業務プロセス改革課政策監(情報システム担当)、財政課長、財産管理   課長、税務課長、経営企画チーム政策監(経営改革担当)、経営企画チーム政策監(地   方創生担当)、経営企画チーム政策監(戦略推進担当)、経営企画チーム政策監(地方   分権担当)、広報課長、統計課長、研究開発課長  [地域政策局]   地域政策局長、地域振興部長、山間地域振興部長 もっと読む
2019-01-18 広島県議会 2019-01-18 平成31年総務委員会-1 本文 ▼最初のヒット個所へ(全 0 ヒット) 1 7 会議の概要  (1) 開会  午前10時30分  (2) 記録署名委員の指名        宮 崎 康 則        山 下 真 澄  (3) 当局説明    山間地域振興課長 もっと読む
2019-01-18 広島県議会 2019-01-18 平成31年農林水産委員会 本文 6 ◯質疑(高木委員) 農家の皆さんの高齢化は本当に厳しい状況にありますし、山間地域で広島県の農地は本当に耕作に向かないと言ったほうがいいぐらいの田んぼがたくさんあります。そういったものが今回の災害で一気に進むのではないかと非常に心配しております。   もっと読む
2018-12-19 熊本県議会 平成30年11月 定例会-12月19日−06号 本県においても、これまで農地、農業水利施設等の整備を干拓地から山間地域に至る県土の広い地域で行ってきたことによって、野菜や果樹等多様な営農が可能となり、また豪雨や地震等の災害時における県民の生命、財産に対する被害が軽減されてきた。   もっと読む
2018-12-18 石川県議会 平成30年12月18日予算委員会−12月18日-01号 ◎遠藤知庸 農林水産部長  山間地域の保全を図るには、里山に人の手を入れて活用することが重要であると考えております。このため、山間地域等直接支払制度等の活用によりまして集落ぐるみの農地等の保全活動を支援いたしまして、集落の維持活性化や農地の荒廃防止に成果を上げてきたところでございます。 もっと読む
2018-12-18 鹿児島県議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第7日目) 本文 企画部の関係では、山間地域等集落活性化指針─仮称─の骨子案について、論議が交わされました。  地域リーダーの育成について、どのように指針に盛り込んでいくのか質問があり、「企画部を初め、関係部局における集落の活性化の取り組みを体系的に取りまとめるとともに、リーダーだけでなく、リーダーを支える人々にも焦点を当てていかなければならないと考えている」との答弁がありました。   もっと読む
2018-12-14 山口県議会 平成 30年11月定例会-12月14日−07号 山間地域を多く抱え、高齢化が進み、人口減少が加速している本県においては、選挙における投票所の統廃合が進み、投票所までの距離が遠くなったこと等から、投票したくても、投票に行くことが困難というケースがふえており、投票環境は厳しさを増しております。 もっと読む
2018-12-12 鹿児島県議会 2018-12-12 平成30年産業経済委員会 本文 三つ目につきましては、本県には多くの山間地域が存在しておりまして、この山間地域での持続的な農業を展開するための仕組みづくりが必要であること。  四つ目につきましては、農業者の高齢化に伴いまして、熟練農家のノウハウの喪失が懸念されておりますが、その中で、若者が就農・就業しやすい環境づくりが重要であるという、その四つを整理しております。   もっと読む
2018-12-11 富山県議会 2018.12.11 平成30年農林水産委員会 農業は、食糧供給だけではなく、国土の保全や、水源の涵養など多面的な機能を担っているわけでございますので、日本型の直接支払制度の地域政策によって、農業の多面的な機能の発揮、営農の継続といったことをしっかり支援することによって、地域を下支えしつつ、山間地域といった生産条件が不利な地域も含めて、地域の特色を生かした支援も必要であろうと思います。   もっと読む
2018-12-11 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月11日-05号 また、今年度からは、山間地域の集落が大学や企業などと協定を締結し、3年以上にわたり連携して取り組む活動への支援も始めたところでございます。  今後とも、集落営農組織を初めとした集落内のさまざまな組織が農村コミュニティーの維持に役割を果たし、高齢者等が活躍する場を提供することで健康しがが実現されるよう、県といたしましてもしっかりと支援してまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-12-11 鹿児島県議会 2018-12-11 平成30年企画観光建設委員会 名簿 レベル放射性            廃棄物最終処分場の鹿児島県内            への設置反対」を表明すること            について   陳情第三〇四五号 「核のゴミ最終処分場」の受け            入れ拒否および放射性物質等受            け入れ拒否に関する条例制定を            求める陳情書 (三)所管事務等の調査(県政一般)   [特定調査]   山間地域等集落活性化指針 もっと読む
2018-12-11 長野県議会 平成30年11月定例会県民文化健康福祉委員会-12月11日-01号 ◎小山靖 介護支援課長 平成29年度から委員御指摘のような問題意識を踏まえて、山間地域の介護サービス確保モデル事業というのを新たに実施しております。   もっと読む
2018-12-11 長野県議会 平成30年11月定例会農政林務委員会−12月11日-01号 ◎小林安男 農村振興課長 山間地域直接支払の関係でございますけれども、確かに第4期に入りまして、わずかではありますけれども協定の面積が増加傾向にありまして、現在、9,424ヘクタールということでなってございます。これにつきましては、国の制度改正がございまして、要件緩和、超急傾斜地加算という加算をされる取り組みの要件が緩和されたこと。 もっと読む