運営者 Bitlet 姉妹サービス
21200件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-15 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号 人生の中で最も活力にあふれ、思慮深く経験も豊かな年代であるべき世代に種々の問題が生じているわけであります。かつて不惑と言われた世代であったが、いまでは惑い多き世代、悩み多き世代と言える現在、そこに共通している問題は、人間関係の希薄化と自立心の欠如ではないかと思います。このような老人問題に対処していくためには、やはりきめ細かな行政の手だてがぜひとも必要だと思うわけであります。   もっと読む
2045-06-12 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号 次の世代を担う小中学生の段階から、学校教育の中で、郷土を知る学習、すなわち「郷土教育」の重要性が認識され始めているのも地方志向という時代の要請があるからだ」と述べております。熊本市教育委員会は、これらの要請にこたえまして本格的に郷土教育の推進を決定したそうでありますが、心の底から拍手を送りたい気持ちであります。   もっと読む
2019-03-20 兵庫県議会 平成31年 2月第343回定例会・速報版(第10日 3月20日) 次に、請願第74号「幼児教育・保育の無償化、待機児童解消、保育士の処遇改善のための必要な措置を求める意見書提出の件」ですが、年収200万円以下のワーキングプア1,100万人のうち、女性が7割を占めており、特に子育て世代やシングルマザーの多くは大変な経済的困難を抱えています。  今回、幼児教育・保育の無償化が進むことは大いに評価していますが、多くの会派も現状で満足しているわけではないと思います。   もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 あわせまして、子育て世代の方などが、正しい理解のもとで災害時に適切に使用できるように、専門家等の意見も聞きながら普及啓発を行うなど、今後、災害時における乳幼児液体ミルクの活用に向けた取り組みを推進いたしてまいります。   もっと読む
2019-03-13 兵庫県議会 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日) さらに、シニア世代が子供の見守りや一時預かりを行う地域祖父母モデル事業や、老人クラブが子育て支援等の社会貢献活動を行う場合の支援を実施している。また、平成31年度には、スポーツは社会参加の更なる促進が期待できることから、老人クラブがワールドマスターズゲームズ2021関西の競技種目の講習会等を実施した場合に、経費の一部を助成することとしている。   もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 6 ◯武市財務局長 旧こどもの城につきましては、長年にわたり、子供から大人まで、あらゆる世代の多くの人たちに親しまれてきた施設でございまして、その歴史や果たしてきた役割の重要性は十分に認識をしております。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 また同時に、予算規模が過去最大となる中でも、将来世代の負担を見据えまして、都債の発行を抑制するほか、基金を戦略的に活用するなど、財政の健全性にも目くばせをしながら、これまで以上にめり張りをきかせた予算とさせていただきました。  まさしく、ただいま橘教授の財政教室がわかりやすく指し示していただいたとおりでございます。ありがとうございます。   もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日厚生・産業常任委員会−03月12日-01号 団塊の世代が死んでいきますので、施設を余りつくりたくないという国、県の方針に間違いはないと思うのです。しかし、それで在宅が全部を賄えるかといえば、かなり苦しいところに来ております。在宅での介護力が落ちているがゆえに、非常に厳しい状態です。今、子供が親の面倒を見るだけのかい性はありません。高齢者が高齢者を見るか、ひとり住まいです。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会文教・警察分科会−03月08日-01号 県にはほかにも消防団を応援する店や子育て世代のファミリーが利用できる応援店に対して予算を付けています。消防団員応援の店の前には、そうとわかる大きな旗があって、わかりやすい表示がされているのですけれども、高齢者の運転免許自主返納協力店については、わかりやすい取り組みがされていないのではないかと思うのですが、協力店の表示や利用に関する取り組みについてお願いします。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日厚生・産業常任委員会−03月08日-01号 先ほどの事業承継ネットワークと、次の世代へ引き継いでいただくところのつながりはできているのですか。その確認をさせてください。 ◎平岩 中小企業支援課長  伝統的工芸品の指定のメリットといいますと、基本的に県でPRの冊子をつくったり、伝統的工芸品の事業者だけに販売のブースが提供されることなどがメリットと考えております。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日環境・農水常任委員会-03月08日-01号 竹村委員長もそうですけれども、栗東市の子供たちは非常に思い出深いものがあり、当時の子供達も我々の世代になっていますので、鹿深の森をいろいろな形で盛り上げようと思いますので、そういうことがしてもらえるのであればお願いしたいと思います。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会厚生・産業分科会-03月07日-01号 もう少し若い世代にアプローチが必要ではないかという御指摘をいただきました。二十以上に着目しましたのは、例えば、朝食欠食率あるいは食育への意識など、どうしても二十歳台の意識調査の結果が、他の世代に比べてかなり悪い状況があります。そういう意味で、ライフステージの変わり目でもある子育てや就職などの機会を捉えて行う事業です。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会環境・農水分科会−03月07日-01号 今、皆さんといろいろと調整をしながら、とにかく前を向いて進みましょう、それぞれの商取引のことを、それぞれで考えるのではなくて、次の世代、将来に向けて、後継者の皆さんが近江牛をしっかりと世界に向けて発信できるように考えてくださいと、今、関係団体の皆さんと調整をしているところです。 ◎伊地智 農業経営課地域農業戦略室長  2点目、3点目の集落営農の広域連携モデルについてお答えさせていただきます。 もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 通勤などの移動手段に車が必要であるということに加えて、特に福井県では共働き世帯、また3世代同居などが多くあって、車が必需品である。世帯当たりの自動車保有率が高くなっている。   もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 自殺対策を支える人材の育成や、SNSの活用などによる多様な相談体制の強化、児童生徒、働き世代、高齢者の各世代に合わせた施策を進めていく。また、無職者や自殺未遂を繰り返す人などのハイリスク者への支援も充実させていく。  報告は以上である。よろしくお願い申し上げる。 ◯清水委員長(分科会長)  説明は終わった。  ここで休憩する。   もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 若い世代では、友人の間でも電話はめったにかけず、SNSを利用することが当たり前となっており、また、誰にも打ち明けられないことを相談するためには、放課後や帰宅後、夜間が多くなります。  妊娠相談ほっとラインについて、若年世代が相談しやすくなるよう工夫をするべきと考えますが、見解を伺います。  親にも相談できない若年の妊婦などは、相談機関の方に同行してもらい、医療機関を訪れる場合も多くあります。 もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 次に、働き方改革推進のための取り組みについてでございますが、都内公立学校においては、教員の世代交代が進む中、若手教員が授業準備等に時間を要していることや、一部の中堅教員に校務事務の負担が集中していることなどが、長時間労働の一因となっております。   もっと読む
2019-02-21 広島県議会 2019-02-21 平成31年生活福祉保健委員会 本文 ネウボラをしてはいけないというのではなくて、乳幼児医療の公費負担は、やはり子育て世代は人生の中でも一番収入の少ないときです。そういったときに、やはり少しでもこういった制度が充実していれば、もう1人頑張ろうという可能性もあるかもしれないと思います。  それから、この乳幼児医療の公費負担については何度も請願が出ていますが、ネウボラに対する請願は出ていません。 もっと読む
2019-02-21 広島県議会 2019-02-21 平成31年警察・商工労働委員会 本文 確かに地域の取り組みをということで、外部から取り組まれている方を招聘するというのは全然悪くないのですけれども、地域づくりのリソースになり得るのは、実は我々世代だけではなくて、高齢者の方もいらっしゃるのです。ですから、我々世代が行くのは当たり前だと思いますが、高齢者で何か思いを持って何かしたいという人を発掘できているかどうかというのは、実は今後のポイントになるかと思います。 もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 建築都市委員会 本文 開催日: 2019-02-18 また、既存団地の整備につきましては、若い世代の入居を促すことも重要な課題と考えておりまして、バリアフリー化を進めるための五階建て住棟にエレベーターを設置する福祉型改善工事や、今年度から実施を進めてまいりましたけれども、子育て支援型の改善工事などを進めているところでございます。  本年四月からは、住宅管理のほうを、管理代行制度をもちまして、募集計画の策定など、一部の業務が県から公社のほうに移ります。 もっと読む