運営者 Bitlet 姉妹サービス
25479件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-15 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号 人生の中で最も活力にあふれ、思慮深く経験も豊かな年代であるべき世代に種々の問題が生じているわけであります。かつて不惑と言われた世代であったが、いまでは惑い多き世代、悩み多き世代と言える現在、そこに共通している問題は、人間関係の希薄化と自立心の欠如ではないかと思います。このような老人問題に対処していくためには、やはりきめ細かな行政の手だてがぜひとも必要だと思うわけであります。   もっと読む
2045-06-12 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号 次の世代を担う小中学生の段階から、学校教育の中で、郷土を知る学習、すなわち「郷土教育」の重要性が認識され始めているのも地方志向という時代の要請があるからだ」と述べております。熊本市教育委員会は、これらの要請にこたえまして本格的に郷土教育の推進を決定したそうでありますが、心の底から拍手を送りたい気持ちであります。   もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 あわせまして、子育て世代の方などが、正しい理解のもとで災害時に適切に使用できるように、専門家等の意見も聞きながら普及啓発を行うなど、今後、災害時における乳幼児液体ミルクの活用に向けた取り組みを推進いたしてまいります。   もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 6 ◯武市財務局長 旧こどもの城につきましては、長年にわたり、子供から大人まで、あらゆる世代の多くの人たちに親しまれてきた施設でございまして、その歴史や果たしてきた役割の重要性は十分に認識をしております。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 また同時に、予算規模が過去最大となる中でも、将来世代の負担を見据えまして、都債の発行を抑制するほか、基金を戦略的に活用するなど、財政の健全性にも目くばせをしながら、これまで以上にめり張りをきかせた予算とさせていただきました。  まさしく、ただいま橘教授の財政教室がわかりやすく指し示していただいたとおりでございます。ありがとうございます。   もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 若い世代では、友人の間でも電話はめったにかけず、SNSを利用することが当たり前となっており、また、誰にも打ち明けられないことを相談するためには、放課後や帰宅後、夜間が多くなります。  妊娠相談ほっとラインについて、若年世代が相談しやすくなるよう工夫をするべきと考えますが、見解を伺います。  親にも相談できない若年の妊婦などは、相談機関の方に同行してもらい、医療機関を訪れる場合も多くあります。 もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 次に、働き方改革推進のための取り組みについてでございますが、都内公立学校においては、教員の世代交代が進む中、若手教員が授業準備等に時間を要していることや、一部の中堅教員に校務事務の負担が集中していることなどが、長時間労働の一因となっております。   もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 十一 人口減少も見据え、将来世代に過剰な負担とならないよう不断の経営改革を実行し、下水道料金は長期的な視点から適切に設定されたい。  十二 消費税が増税された場合、増税分の値下げによって現行の料金を維持されたい。  十三 簡易処理水の放流、汚濁負荷の発生など、運河、河川に係る水質については、地域住民のほか周辺区及び海上保安庁へ迅速に情報を提供するとともに、対策強化に努められたい。   もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日厚生文教委員会-12月19日-01号 ユネスコの無形文化遺産は、生活形態や価値観の変化などに伴い、急速に失われつつある世界の代表的な芸能、工芸技術、風俗慣習、民俗芸能などの無形の文化財を代表一覧表に記載することにより、世代から世代へと伝承するなどの保護を図るとともに、文化の多様性及び人類の創造性に対する尊重を助長することを目的としています。   もっと読む
2018-12-18 石川県議会 平成30年12月18日予算委員会−12月18日-01号 また、この700人の中に11人の学生が含まれているとの答弁もあり、平成28年度当初議会の一般質問で大学生などの若い世代の方々にも防災士の資格を取得していただくよう県の支援をお願いしていた経緯もあり、うれしく、そして防災士としても活動する身としては頼もしく思うところであります。  さて、私のほうからは女性防災士に関して数点お尋ねをしたいと思います。   もっと読む
2018-12-18 福井県議会 2018.12.18 平成30年第404回定例会(第5号 閉会日) 本文 また、後の世代のために今、何をすべきかを真剣に考えるべきで、将来の福井の姿をどの   ように考え、どう手を打つべきと考えているのか、との質問に対し、「人生100年時代に絶え   ず前を向いて挑戦できる環境づくり、それを支える交通、農林水産業、安全安心などへの対   応に県民一丸となって進むことが大事かと思う」との見解が示された。 もっと読む
2018-12-17 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会−12月17日-11号 する相談窓口の周知について、改正水道法を踏まえた県水道ビジョンの策定について、発達障害者支援センターの相談状況及び相談体制について、病気や障害のある子どもの兄弟姉妹への支援について、出産後の禁煙継続を支援する取組について、群馬大学医学部附属病院の特定機能病院再承認に向けた状況について、医師確保対策について、障害者差別解消条例について、国民健康保険制度について、生活保護における就労支援について、AYA世代 もっと読む
2018-12-14 愛知県議会 2018.12.14 平成30年総務県民委員会 本文 管理職員など高齢層が元気で働き続ける意欲を保つための方策は必要であり、管理職として次の世代を担う意欲を持った若い職員が増えることも大切である。管理職員だけでなく、一般の職員も県民のために意欲的に働けるよう配慮しながら進めてほしい。 もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 婚学とは恋愛、結婚、妊娠、出産、子育て、仕事、ワーク・ライフ・バランス等、みずからトータルライフプランを主体的に考えるためのワークショッププログラムであり、理事者からは「若者が現実感を持って考えるためには有効であり、婚学の手法を取り入れて、若い世代が結婚について前向きに考えるきっかけづくりを行っていく」との答弁であった。   もっと読む
2018-12-13 愛知県議会 2018.12.13 平成30年総務県民委員会 本文 当時の実体験を交えて話すことができる人が少なくなり、伊勢湾台風を知らない世代が増えている中、伊勢湾台風の被害を風化させないため、どのような取組を行っていくのか伺う。 【防災危機管理課主幹(政策・啓発)】  伊勢湾台風50年のつどいでは、当時、名古屋地方気象台に勤務していた島川甲子三氏に、オートバイで被災地を視察した際の惨状を、臨場感を持って語ってもらった。   もっと読む
2018-12-13 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会-12月13日-04号 外来語として使用しております片仮名語につきましては、国民、県民の意識の変化ですとか世代間の受けとめ方にも違いがあると認識をしてございます。外来語由来の言葉の中には固有名詞化されているものですとか各業界で定着している言葉もあるところでございますが、日本語でも十分意味を表現できるものについては安易に外来語を使用することは注意しなければならないというふうに考えてございます。   もっと読む
2018-12-12 北海道議会 平成30年第16回建設委員会会議録−12月12日-01号 川づくりビジョンの構成といたしましては、安全、安心な川や豊かな自然環境を次の世代へ引き継ぐため「未来へ向けた川づくり」と「川づくりを確かなものに」の二つの柱と九つの基本方針で構成しております。   もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 また、教員の繁忙と働き方改革が叫ばれる中、学校におけるシニア世代の社会参加という新たな誇りある仕事場の可能性についても、ご検討をお願いいたします。  次に、乳児用液体ミルクについてです。  災害時には、粉ミルクを溶く温かいお湯を手に入れることが難しくなります。 もっと読む
2018-12-12 北海道議会 平成30年第16回北方領土対策特別委員会会議録-12月12日-01号 ◎(平塚領対局長) 北方領土交渉についてでございますが、先月14日の首脳会談におきまして、日ソ共同宣言を基礎として、平和条約交渉を加速することで合意し、安倍総理が「次の世代に課題を先送りすることなく、私とプーチン大統領の手で必ずや終止符を打つ強い意志を共有した」と述べられたことは、両首脳が解決に向けた一歩を踏み出したものと認識しております。   もっと読む
2018-12-12 群馬県議会 平成30年第3回定例会ぐんまの雇用戦略特別委員会-12月12日-01号 ◆本郷高明 委員   8,000人というのは、全世代でということか。 ◎女屋 障害政策課次長   15歳から39歳の方の人数である。 ◆本郷高明 委員   40歳以上のひきこもりの方も含めれば、この人数にかなり加算されるので、ひきこもりの状況について、より実態に近い人数を把握するため、可能であれば調査していただきたい。  80歳代の母親と50歳代の息子の家庭で、母親が入院した事例が身近であった。 もっと読む