運営者 Bitlet 姉妹サービス
353件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-13 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会-12月13日-04号 報道等で司法取引と呼ばれている合意制度とは、一部の財政経済犯罪と薬物銃器犯罪について、弁護人の同意のもと、検察官と被疑者、被告人との間で、被疑者、被告人が他人の犯罪事実を明らかにするための供述をするなどの協力行為を行った場合、検察官はその協力行為を考慮して起訴処分や軽い求刑などをするなどの合意をすることができる制度でございます。   もっと読む
2018-12-05 山口県議会 平成 30年11月定例会-12月05日−04号 この十件についての検察庁の処分結果についてですが、全て起訴、起訴しなかったとの連絡を同庁から受けております。 ○議長(柳居俊学君) 木佐木大助君。     〔木佐木大助君登壇〕(拍手) ◆(木佐木大助君) 再質問を行います。  基地問題、F18墜落事故について、あれこれ弁解されましたが、結局飛行停止を求める考えはないようです。   もっと読む
2018-11-02 山口県議会 平成 30年 決算特別委員会-11月02日 ◎刑事部参事官兼刑事企画課長  平成29年中の検挙事件につきまして、先ほど申し上げたとおり、10件9名を検挙しているところでございますが、これはいずれも任意捜査により検察庁に送致し、いずれも起訴となっております。 ◆河合喜代委員  いずれも起訴。全員が起訴されているということでよろしいですか。もう一回お願いします。 ◎刑事部参事官兼刑事企画課長  いずれも起訴でございます。 もっと読む
2018-09-27 島根県議会 平成30年_総務委員会(9月27日)  本文 それと、この所在不明の件で、この事件について地検の判断に影響を与えてしまったと、起訴で、理由も証拠品の所在が不明だということが報道されました。ほかにもさまざま理由はあろうかと思いますが、地検の判断に影響を与えてしまったということはまあ間違いないだろうというふうに見ていますが、こういう事実についてどういうふうに受けとめておられるのか、それぞれ刑事部長に伺いたいというふうに思います。   もっと読む
2018-09-07 福井県議会 2018.09.07 平成30年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 本文 それともう一点、同じ資料の1ページなのだが、刑法犯の認知検挙状況という表があるわけであるけども、検挙率が上がっているという報告があって、これはこれでいいと思うのだが、福井新聞とか県民福井の報道で、小さい囲み記事で何々の罪を犯した人は起訴になったとか、時々載るわけである。 もっと読む
2018-08-01 滋賀県議会 平成30年 7月定例会議(第2号〜第8号)−08月01日-05号 例えばさきの答弁で後段にお答えいたしました入り口支援事業の実績といたしまして、平成28年度から2年間の新規相談件数は68件であり、そのうち対象者が起訴処分または執行猶予等になられたため、自宅やアパート、老人ホームなど地域生活の場所を確保したケースは36件ということでございました。   もっと読む
2018-06-26 北海道議会 平成30年第2回定例会-06月26日-04号 香川県では、昨年、虐待による2度の書類送検となったものの、起訴となり、その後、昨年8月の病院通院時、あるいは、ことし2月の訪問時に、児童相談所や警察がもう一歩踏み込んだ対応ができなかったのか、検証が待たれるところです。   もっと読む
2018-06-26 長野県議会 平成30年 6月定例会本会議-06月26日-02号 目黒区に引っ越してくる前の香川県では、傷を負って外に出されているところを保護され、父親は2度書類送検されるも起訴、児相の一時保護も解除されていました。その後、病院からの虐待痕跡通知でも保護措置はとられませんでした。児相から逃れるために引っ越すことはよくあること、その言葉どおり、一家は東京に移ります。 もっと読む
2018-06-19 東京都議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会(第8号) 本文 その内容は、いわゆる豊洲百条委員会において虚偽陳述をしたとして議長名で告発した二名の証人について、東京地検は起訴処分と決定したというものです。  我が党は、この告発を審議した昨年の第二回定例会で、豊洲百条委員会の報告書を都議会として認定することにも、都議会が偽証告発することにも、断固として反対いたしました。 もっと読む
2018-05-15 京都府議会 2018.05.15 平成30年総務・警察常任委員会及び予算特別委員会総務・警察分科会5月臨時会 本文 また、警察は、誤った独自解釈により、起訴、起訴の処分の後においても、解除通知を懈怠したとの判断が下されました。  しかし、そもそも口座凍結は金融機関が普通預金規定に基づき行うものであり、警察による情報提供については適正に行われていること。また、警察による口座凍結のための情報提供は、没収等保全命令制度を前提にしたものではないこと。   もっと読む
2018-03-12 大分県議会 平成30年 第1回定例会(2月)-03月12日−06号 そういった動物虐待愛好家、実は県内でも問題になりまして、昨年なんですけれども、結果、起訴になっているということがあるんですけれども、やっぱりアニマルポリスと言うんですけれども、動物虐待を見つけた場合に、そういったことを通報して受け付けられるようなこともぜひどこかに盛っていただければなあと、まず思っています。   もっと読む
2018-02-14 京都府議会 2018.02.14 平成30年2月定例会(第5号)  本文 これまでの具体的検討結果とそれを踏まえた今後の展開について、また、昨年12月、重大な罪を犯しながら心神喪失等の理由で無罪判決や起訴になった人が入院する指定入院医療機関としての専用病棟の整備を求める声が有識者会議で上がり、再度会合を開いて方針を決めると報道されていましたが、これが基本構想に与える影響についてお聞かせください。   もっと読む
2018-02-09 滋賀県議会 平成30年 2月 9日厚生・産業常任委員会−02月09日-01号 ◎丸山 障害福祉課長  先ほど御報告、御説明させていただきました死亡案件2件におきましては、1件につきましては一旦逮捕されて、起訴になったと。  もう1件につきましては、事件性はなかったと聞いております。 ◆山本正 委員  ほかの身体的虐待も、そういうことに発展することにもなろうかと思うのですが、ほかの数字のところではどうですか。 もっと読む
2017-12-14 京都府議会 2017.12.14 平成29年農商工労働常任委員会及び予算特別委員会農商工労働分科会12月定例会2日目 本文 同時に京都支店も送検をされて、ただ、京都支店の場合には起訴ということになっております。同時にそれを受けて、京都府でも1カ月間の入札停止の処分が行われるということになりまして、最終的にはその起訴と、あと1カ月間の入札停止。そのあとは、当然、入札参加できるということになっているわけですけれども、そうしたところで一体どんなことが行われているのか。 もっと読む
2017-11-01 島根県議会 平成29年11月定例会(第5日目) 本文 118 ◯園山繁議員 仮に起訴されて、有罪になった場合と起訴または無罪になった場合の懲戒処分に差はあるんでしょうか。 もっと読む
2017-10-31 山口県議会 平成 29年 決算特別委員会-10月31日 逮捕、起訴できなかった件数ですが、平成28年の検挙事件の2件は、いずれも罪証隠滅や逃走のおそれがなかったことに加えて、米軍側が捜査に積極的に協力しており、迅速な捜査の遂行という面からも問題がなかったことから、検察庁に任意送致しており、起訴となっております。 ○林哲也委員長  それでは、的確な答弁でありましたので、以上で質疑を終了したいと思います。   もっと読む
2017-10-05 沖縄県議会 総務企画委員会記録 平成29年 第 5 回 定例会第 4 号 〇又吉清義委員 今の件に関連しますが、例えば逮捕して翌日速やかに釈放した場合に、新聞ではよく不当逮捕とか、起訴とか出ますが、それについてどういう手順でいくのか。皆さんが逮捕をして翌日に出る方もいれば、3日、4日とか、1週間とか、2カ月後に出て行く方もいます。翌日に出た方はほとんど新聞報道では不当逮捕とかになりますが、一体全体、実情はどういうことなのでしょうか。 もっと読む
2017-10-05 沖縄県議会 総務企画委員会記録 平成29年 第 5 回 定例会第 4 号 〇又吉清義委員 今の件に関連しますが、例えば逮捕して翌日速やかに釈放した場合に、新聞ではよく不当逮捕とか、起訴とか出ますが、それについてどういう手順でいくのか。皆さんが逮捕をして翌日に出る方もいれば、3日、4日とか、1週間とか、2カ月後に出て行く方もいます。翌日に出た方はほとんど新聞報道では不当逮捕とかになりますが、一体全体、実情はどういうことなのでしょうか。 もっと読む
2017-10-02 長野県議会 平成29年 9月定例会県民文化健康福祉委員会−10月02日-01号 ◎高橋功 次世代サポート課長 捜査、あるいは冤罪といった、あるいは罰則規定の運用が適切であったかといった部分の検証で、司法の判断と私どもは申し上げておりますが、それは警察のみを指しているものではなく、まず検察段階でそれを起訴するか起訴にするかといった部分で判断が入りますし、起訴された場合ですと、裁判において有罪か無罪かといったことが裁判手続で行われると、その過程で判断されるということでございますので もっと読む
2017-09-28 長崎県議会 平成29年  9月定例会 総務委員会-09月28日−04号 その主な理由といたしましては、非違行為に至る動機、起訴処分になっていることなど、有利な事情を考慮しておらず、運用通知を機械的に適用して処分を下したことは裁量権の濫用であること。  2点目に、本件非違行為は、審査請求人の永年の勤続の功績を抹消するほどの重大な背信行為であるとまではいえず、本件処分は重きに失するものであり、違法な処分であること。   もっと読む