8557件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

千葉県議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 発議案

しかし現在、日本の教育は「いじめ」、「登校」、少年による凶悪犯罪、さらには経済格差から生じる教育格差・子供の貧困等、さまざまな深刻な問題を抱えている。  一方、国際化・高度情報化などの社会変化に対応した学校教育の推進や教育環境の整備促進、さまざまな教育諸課題に対応していくことは急務である。  千葉県及び県内各市町村においても、生きる力と豊かな人間性の育成を目指していく必要がある。

広島県議会 2019-05-17 2019-05-17 令和元年文教委員会 本文

この資料だけを見ていますと、非常におもしろい取り組みをされていくのだという感覚が私はしていたのですけれども、先ほど説明を聞いていますと、登校の児童に対してという言葉がすごく目立ったように感じましたので、この個別最適な学び担当課というものは、登校の児童に対しての調査、いろいろな対策をしていくような課になるということでよろしいですか。

青森県議会 2019-03-07 平成31年第297回定例会(第7号)  資料 開催日: 2019-03-07

さらには、「登校・引きこもり」など、子どもとその家族をめぐる課題は山積しています。  子どもたちの健やかな成長にとってまず必要なのは、安心して暮らせる家庭と、ゆっくり学べる学校です。そして、それはすべての保護者と教職員、県民の願いです。  私たちは、これまで30人以下学級の実現や教育費の保護者負担の軽減などの実現に向けて31年間にわたり運動を続けてきました。

青森県議会 2019-03-07 平成31年第297回定例会(第7号)  本文 開催日: 2019-03-07

277 ◯二十三番(安藤晴美) 法律の定数は、小学校一年、三十五人、それ以外、小学校二年生から中学校三年生までが四十人となっており、これでは、子供のいじめ、児童の虐待、登校などを認知し対応するのは大変困難であり、教職員の働き方改革を進める上でも改善が早急に求められていると思います。

群馬県議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会文教警察常任委員会(教育委員会関係)−03月04日-01号

一方、加配定数については、習熟度に応じた指導や小学校における教科担当制の実施、いじめや登校への対応、特別支援教育の充実など、様々な学校課題に対応するための教職員定数を、毎年度予算の範囲内で、国が都道府県からの申請を受けて措置している。群馬県でも、加配定数を必要数、国に要望している。

千葉県議会 2019-03-01 平成31年_文教常任委員会(第1号) 本文 2019.03.01

いじめ・登校等対策として、スクールソーシャルワーカーを増員するほか、相談体制等の充実を図るため、高校生に身近なSNSを活用した新たな相談窓口を開設いたします。  教員の多忙化対策として、教員の事務作業を補助するスクール・サポート・スタッフの配置及び市町村による中学校への部活動指導員の配置に対する助成を本格実施いたします。  

群馬県議会 2019-02-27 平成31年 第1回 定例会−02月27日-04号

実際、昨年8月、改めて、接続について福井県の担当者と意見交換をしたとき、このような取組の結果、小学校での登校、苦情が減った、気がかりのある子について連携ができてよかったといった声があることを伺いました。そこで、本県が目指すべき接続とはどのような内容かお尋ねいたします。

東京都議会 2019-02-27 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文

来年度から本格実施される中学校の特別支援教室についても、登校ぎみの子供が通えなくなるのではないか、思春期になると在籍校での取り出しに抵抗を感じる生徒がふえるのではないかと懸念されています。  教員配置を十分に行うとともに、状況を把握し、柔軟な対応や制度改善につなげていただくことを要望します。  知的障害などの子供が通う特別支援学級についても伺います。  

東京都議会 2019-02-26 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文

教育現場においては、いじめの未然防止や登校対策、プログラミング教育や部活動の充実など、多岐にわたる教育課題に対応する必要があり、教員の負担やその力量だけに頼る解決方法には限界があります。  こうした状況の中で、新財団の設立でこれらの問題は解決していくのか、この点について都教育委員会の見解を求めます。  次に、特別支援学校での給食のあり方について質問します。  

福井県議会 2019-02-26 2019.02.26 平成31年総務教育常任委員会及び予算決算特別委員会総務教育分科会 本文

平成32年度から5年間の教育施策の方針を示す次期教育振興基本計画の策定に向け、県内外の有識者で構成するふくいの教育振興推進会議をこれまで6回開催し、学校における働き方改革や新学習指導要領への対応を含めた指導体制の充実、いじめ、登校、発達障害など多様化、複雑化する児童生徒への対応、芸術文化活動の推進、スポーツの振興など幅広い見地から意見をいただいた。

群馬県議会 2019-02-25 平成31年 第1回 定例会-02月25日-03号

部長、この質問の裏側には、実は小学校で6年間登校、そして今、中学校にやっと行ける生徒がおります。その生徒がある御自宅にお邪魔したら、亀や犬、そういう動物と触れ合ったときに、自分はこの生き物たちのために一生懸命勉強して獣医になるんだという思いで、中学校にやっと行き始めました。

群馬県議会 2019-02-22 平成31年 第1回 定例会-02月22日-02号

そして、学校に行かないと、逆に今度は登校になって非常に危険な状況になってしまうということもありますので、まずは小学校、中学校でしっかり教えていけるような学校内の仕組みをつくっていただきたいというふうに思います。  次に、年齢が中学校ぐらい、あるいは中学卒業の年齢、いわゆる年齢がオーバーして中学校に入学できない、こういう外国人が多くいるとも言われております。

福井県議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第405回定例会(第3号 一般質問) 本文

さらに、校内暴力、非行、いじめ、登校、落ちこぼれ、自殺など、学校教育や青少年にかかわる数々の社会問題を背景に、橋本内閣のもと、中央教育審議会の第一次答申が発表されました。答申は、子供たちの生活の現状として、ゆとりのなさ、社会性の不足と倫理観の問題、自立のおくれ、健康、体力の問題と同時に、国際性や社会参加、社会貢献の意識が高い積極面を指摘しています。

鹿児島県議会 2019-02-19 2019-02-19 平成31年予算特別委員会 本文

次の生徒指導総合推進事業につきましては、登校やいじめの問題などに適切に対応するため、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーなどの専門家を活用するとともに、教職員や保護者等の啓発を通して、生徒指導上の問題行動等の解決を図ろうとするものであります。  

千葉県議会 2019-02-08 平成31年2月定例会(第8日目) 本文

彼女の死から四十九日を迎えようとしている今なお、第三者検証委員会の検証取りまとめには至りませんが、児相ケース案件や登校児童の安全確認の実施、安否確認のルール化が図られつつあることは、私たち一人一人を突き動かしている証左であると考えます。児童虐待を撲滅すること、児童虐待を終わらせること、子供の命を守ることは我々全員の責務であります。

千葉県議会 2019-02-03 平成31年2月定例会(第3日目) 本文

まず、児童生徒のSOSへの対応についての御質問ですが、いじめ、児童虐待、登校等の悩みを抱えた児童生徒に対し、これまで各種通知において、子供からのサインを見逃さず、しっかりと悩みを受けとめ組織で対応すること等を各学校に求めてまいりました。そのような中、本年1月、野田市において小学校4年生の児童が亡くなるという痛ましい事件が起き、教育に携わる者として大変重く受けとめております。

千葉県議会 2019-02-02 平成31年2月定例会(第2日目) 本文

学校現場ではいじめや登校だけでなく、暴力行為の低年齢化や自殺、中途退学など、生徒指導上の課題が山積し、その要因も多様化、複雑化する傾向にあり、心理的、経済的な困難を抱えている児童生徒一人一人にどう向き合っていくのかは大きな課題と考えます。我が党の発議によるいじめ防止対策推進条例第13条では、県はいじめに関する相談体制の充実を図るものとすると明記されているところです。

鳥取県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会速報版(2/15 代表質問) 本文

いじめ・登校総合対策センターが発表した平成29年度の登校児童生徒数は、県下の小学校で165人、中学校で481人、高校で289人、合計で935人に上り、しかもその数は年々増加する一方であります。  一方、昨年末、日本財団が登校の子供の実態を把握すべく、文科省の登校定義に加えて登校傾向にあると思われる中学生についての調査を実施し、その結果を発表しました。

広島県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第1日) 本文

また、登校の未然防止や登校の児童生徒への支援として、個々のペースに応じた学習支援や心のケアなどを行う校内適応指導教室を三市町、六中学校区に設置いたします。  さらに、そうした資質・能力を身につける上で基礎となる生活習慣づくりとして、朝ごはん推進モデル事業に取り組んでおります。

鳥取県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会速報版(2/22 一般質問) 本文

また、登校については、登校に悩んでいる子供たちやその家庭個々の状態を把握するためのアウトリーチ型の支援を強化すべきだと教育長に対し提言いたしました。このことについて教育長は、ハートフルスペースでの支援を強化するなど、対象の子供たちに一層寄り添っていくと答えておられます。