5508件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

兵庫県議会 2019-10-25 令和元年10月25日討論①(きだ 結議員)

工業用水道業法にある著しく不適当な状態と言わざるを得ず、不当に安い価格に据え置いていることから認められません。  次に、認第20号「平成30年度兵庫県地域整備事業会計決算の認定」についてです。  2014年から会計制度の見直しにより、進度調整地以外の時価評価処理が行われましたが、進度調整地は簿価評価のままであり、時価評価を行うべきです。また、プロジェクトごとの収支も明らかにすべきです。  

兵庫県議会 2019-10-04 令和元年10月 4日討論①(入江次郎議員)

条例案は、会計年度任用職員の任用について、会計年度ごとに新たな業務に改めて任用するという新しい考え方を導入し、わざわざ会計年度ごとに1ヵ月間の条件付き採用期間を設け、5年目の任用替え時には、一般公募をした上で、試験、もしくは選考によって再び任用し、年度ごと、あるいは、任用替えのたびに区切りを設けることによって、実態は連続任用であるにもかかわらず、実質は連続任用とはカウントせず、不当に雇い止めになった

愛媛県議会 2019-10-03 令和元年経済企業委員会(10月 3日)

国では、さきの国会成年後見制度の利用促進を目的に、成年被後見人及び被保佐人人権が尊重され、成年被後見人等であることを理由に不当差別されないようにするため、関係法令の改正が行われたところでございます。そのうち、地方公務員法では、成年被後見人等であることを理由に失職する旨の規定が削除されましたので、これに伴い条例の一部を改正するものであります。 ○(古川拓哉委員長) 課長、座ってどうぞ。

愛媛県議会 2019-10-01 令和元年環境保健福祉委員会(10月 1日)

これは、成年後見制度の利用促進を目的に、成年被後見人等の人権が尊重され、成年被後見人等であることを理由に不当差別がなされないよう関係法律の改正が行われたことに伴い、規定整備するものであります。  以上で障がい福祉課の説明を終わります。よろしく御審議をお願いいたします。 ○(松尾和久委員長) 以上で理事者の説明が終わりました。  委員の皆さん、議案に関する質疑はありませんか。

愛媛県議会 2019-09-30 令和元年総務企画委員会( 9月30日)

国では、さきの国会において、成年後見制度の利用促進を目的に、成年被後見人等の人権が尊重され、成年被後見人等であることを理由に不当差別がなされないよう関係法律の改正を行ったところでございます。これに伴い地方公務員法が改正され、成年被後見人等であることを理由に失職する旨の規定が削除されたことから、法の趣旨にのっとり関係条例に係る所要の改正を行うものでございます。  

愛媛県議会 2019-09-30 令和元年環境保健福祉委員会( 9月30日)

この条例は、成年被後見人及び被保佐人人権尊重と不当差別防止のため、成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律により、自然公園法が一部改正されることから、これと整合を図るものでございます。  以上でございますので、よろしく御審議のほどお願いいたします。 ○(松尾和久委員長) 以上で理事者の説明が終わりました。  

北海道議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会-09月17日-03号

また、サ高住の登録の際、高齢者虐待防止及び高齢者権利利益の不当な侵害防止に向けた適切な対応を講じることを確認するなど、適正な運営や、サービスの質の確保が図られるよう取組を進めるとしていますが、厚生労働省が発表した、平成29年度の道内での高齢者虐待件数は430件で、うち、介護職員によるものが26件発生しています。  サ高住の適切な管理指導について具体的にどう取り組んでいくのか、伺います。  

北海道議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会-09月13日-02号

東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現を目指す条例では、ヘイトスピーチの解消、防止を図り、LGBTへの不当差別を禁じるため、基本計画を定めるとしているところであります。  道としても、人権の尊重や共生社会の実現に向けた立場をさらに明確にすべきと考えますが、今後、どのように取り組んでいくのか、知事の所見を伺います。  次に、アイヌ政策についてであります。  

石川県議会 2019-09-11 令和 元年 9月第 4回定例会−09月11日-02号

そのためにも条例案に記載されているように全ての県民が障害や障害者についての知識及び理解を深め、障害者が日常生活や社会生活を営む上で妨げとなるさまざまな社会的障壁や不当差別的取り扱いを取り除いていく取り組みを、県、市町、事業者、県民が一体となって進めていく必要があると思います。

北海道議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会−09月10日-目次

   14.日豪共同訓練について    15.教育課題について     (1) 高等教育の無償化について     (2) 高校の統廃合について     (3) 学校現場における性的マイノリティー         への対応について     (4) 本道における遠隔授業の将来構想について    16.選挙演説中の道警の対応について     (1) 道民目線の観点について     (2) 中立性への疑念や不当干渉

千葉県議会 2019-09-08 令和元年9月定例会(第8日目) 本文

このたびの有識者懇談会において、有識者からは成人の週1回以上のスポーツの実施率、不当契約等により消費者被害を受けた県民の数などの社会目標について、行政の取り組みと社会目標の進捗の関係を分析してみるよう指摘を受けております。今後、客観的な統計データに基づく分析をしっかり行うとともに、多様な主体との連携を進めるなど、施策の改善につなげてまいります。  

千葉県議会 2019-09-07 令和元年9月定例会(第7日目) 本文

さらに、今回の事案についてはさまざまな原因が考えられる中、父親の不当圧力に屈し、女児が助けを求める内容を記載したアンケート用紙を父親に渡すなどの対応が大きな問題であったと指摘されています。こうしたことが繰り返されないように、不当な要求に対しては、法に基づき毅然とした対応ができるよう、法の専門家である弁護士から力をかりることも重要であると考えます。

千葉県議会 2019-09-04 令和元年9月定例会(第4日目) 本文

現在検討しております条例の改正案では、下着や身体を撮影する目的写真機等を差し向けたり設置する行為を規制対象として明記することといたしておりますけれども、条例の他の規程同様、これを不当に拡大して解釈したり、濫用に当たるような取り締まりを行うということは許されないことは言うまでもないことでございまして、規定の適用に当たりましては、行為の外形のみでなく、行為の態様や機器の状態、行為者の意図などを総合的に

北海道議会 2019-08-06 令和元年第9回環境生活委員会会議録−08月06日-01号

◆(北口委員) 説明をいただいて、理解ができない点があったので確認をしたいのですが、この改正について、とりわけ不当な手段により提供を求めたものについては罰則つきで禁止をするとのことですが、パブリックコメントの御意見の中に、一律に無条件で規制したほうがよいのではないかという御意見がありました。  

石川県議会 2019-07-30 令和 元年 7月30日厚生文教委員会−07月30日-01号

(3)差別の解消ですが、「障害者差別解消法」では、差別の解消に向けて、「不当差別的取扱の禁止」と「合理的配慮の提供」が規定されており、例えば正当な理由なく、車椅子利用者の入店を拒否することなどの不当差別的取り扱いを禁止しているほか、車椅子の移動をサポートすることや筆談で対応することなど、障害のある方に対して合理的な配慮を提供することなどが定められています。  

北海道議会 2019-07-02 令和元年第2回定例会−07月02日-06号

1点目は、LGBTであることを公表している方を外部から招聘し、教職員の方と子どもたちに対する学習会を開催し、理解を深める、2点目は、LGBTであることを理由に不当な扱いをすることを禁止する、3点目は、LGBTであることを公表している方を教員として積極的に採用する、以上の取り組みの推進についてどのようにお考えか、教育長の所見をお伺いいたします。  

長野県議会 2019-07-01 令和 元年 6月定例会県民文化健康福祉委員会-07月01日-01号

すみません、先ほど契約と申してしまいましたけれども、正確には契約は特にないんですけれども、例えば下請代金に上がった必要経費を計上しなかったりとか、あるいは元請が下請代金から値引いて払ったということは、法令上、不当行為ということになっておりまして、その辺のところで法令を適正にやっていただくと、守っていただくということで担保されているということでございます。

鹿児島県議会 2019-06-28 2019-06-28 令和元年第2回定例会(第7日目) 本文

こうした中、二〇一六年九月二十三日には、日本航空の管財人による不当労働行為を認定する最高裁判決も出されました。  あれから九年、整理解雇の撤回と職場復帰を求める争議は現在も続いています。このように争議が長期にわたっている背景には、稲盛氏を初めとする当時の経営陣も含めた全ての関係者が、解決に向けた誠意ある対応を行ってこなかったことが大きくかかわっています。