543件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

群馬県議会 2020-03-26 令和 2年 第1回 定例会−03月26日-付録

     │     │     │     │     │ │第50号議案 │6条の規定による市町村の負担│  〃  │  〃  │農環   │  〃  │  〃  │ │      │について          │     │     │     │     │     │ ├──────┼──────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼─────┤ │      │下水道

茨城県議会 2020-03-24 令和2年第1回定例会(第9号) 本文 開催日: 2020-03-24

第51号議案霞ケ浦常南,霞ケ浦湖北,霞ケ浦水郷,那珂久慈,利根左岸さしま,鬼怒小貝及び小貝川東部流域下水道の維持管理に要する費用に係る関係市町村の負担額については,下水道の規定に基づき,霞ケ浦常南など,7つの流域下水道の維持管理に要する費用の市町村負担額を定めようとするものであります。  

群馬県議会 2020-03-18 令和 2年 第1回 定例会−03月18日-07号

46号議案 群馬県食品安全基本計画2020-2024の策定について    第47号議案 ぐんま県産木材の利用の促進に関する指針の策定について    第48号議案 群馬県イノシシ適正管理計画の策定について    第49号議案 群馬県教育文化学術及びスポーツの振興に関する大綱の変更について    第50号議案 独立行政法人水資源機構法第26条の規定による市町村の負担について    第51号議案 下水道

群馬県議会 2020-03-06 令和 2年 第1回 定例会−03月06日-06号

による市町村の負担について    第86号議案 地方財政法第27条の規定による市町村の負担について    第87号議案 地方財政法第27条の規定による市町村の負担について    第88号議案 地方財政法第27条の規定による市の負担について    第89号議案 土地改良法第91条の規定による市町村の負担について    第90号議案 土地改良法第91条の規定による市の負担について    第91号議案 下水道

東京都議会 2020-02-13 2020-02-13 令和2年公営企業委員会 本文

(四)、下水道では、公共下水道管理者は、条例で定めるところにより公共下水道使用者から使用料を徴収できることを定めており、都においては、東京都下水道条例により下水道料金を徴収しているところでございます。  五の本件処分に至る経緯でございます。  (一)、平成三十年十月二十日深夜、請求人猿江営業所において浸水が発生し、深川消防署森下出張所員が雨水ポンプにより浸水を解消させました。  

奈良県議会 2020-02-01 03月04日-03号

清水議員からは本来の市町村負担金のあり方について、中川議員からは法の解釈下水道第三十一条の二の規定に焦点を当てた質問をしております。 奈良県流域下水道は一九七四年の供用開始以来、各市町村流域関連公共下水道の処理場の経費となる維持管理費等負担金について、奈良県は県下で統一の単価、料金設定をしております。

千葉県議会 2019-12-12 令和元年_県土整備常任委員会(第1号) 本文 2019.12.12

なお、下水道に基づき、流域下水道の設置について規定した既存の条例に対し、地方公営企業法に基づく会計制度に関する条文を大幅に追加いたしましたので、条例の全部改正とし、条例の名称も改めることといたしました。具体的な条文につきましては、資料の29ページから32ページの新旧対照表のとおりです。

東京都議会 2019-12-05 2019-12-05 平成30年度公営企業会計決算特別委員会(第5号) 本文

また、貯留施設等を整備し、下水道施行令に対応する水準を達成されたい。  7 分流式の地域で、雨水管が未整備の地域には対策を強化して、雨水管の整備を進められたい。  8 諸計画を着実に推進し、エネルギー使用量と温室効果ガス排出量のより一層の削減に努めるとともに、エネルギー収支に優れた汚泥処理方法について継続して調査、導入し、エネルギー地球温暖化対策を推進されたい。  

宮城県議会 2019-12-04 12月04日-04号

県内の都市部の市町村では内水被害への対策等を推進するため、下水道により策定した事業計画に基づき学校公園道路の下に雨水貯留施設を整備しているほか、個人が宅地内に設置する貯留施設への補助などを行っております。また国においては、民間事業者が建設する雨水貯留施設に対する補助制度平成二十七年度に創設したところです。

宮城県議会 2019-11-01 12月10日-07号

また、流域下水道における放流水については、下水道水質汚濁防止法等で義務づけられている水質基準に基づき、四十三項目の水質検査を実施しており、そのうち生物化学的酸素要求量、いわゆるBODなどの六項目については、処理場ごとに法定基準よりも厳しい管理目標値を設定し、公共水域環境に配慮した運転管理を行っております。

宮城県議会 2019-11-01 12月05日-05号

県では、汚水処理後の放流水について、放流先の河川や海域の水質に悪影響を与えないよう下水道義務づけられている四十三項目の水質検査を実施しており、そのうちBODやCODなど六項目については、処理場ごとに法定基準よりも厳しい管理目標値を設定しております。

北海道議会 2019-10-04 令和元年第3回定例会-10月04日-08号

制定しようとするものであり、  議案第12号北海道建築基準法施行条例の一部を改正する条例案は、建築基準法の改正に鑑み、一時的に用途を変更して、興行場等として使用する場合における建築物の敷地及び構造の制限を緩和することとし、あわせて規定の整備を行うため、この条例を制定しようとするものであり、  議案第19号流域下水道事業に伴う地方公共団体の負担金に関する件は、流域下水道事業に伴う地元負担金について、下水道

北海道議会 2019-10-03 令和元年第12回建設委員会会議録−10月03日-01号

議案第19号「流域下水道事業に伴う地方公共団体の負担金に関する件」でありますが、下水道第31条の2第1項の規定に基づき、道が管理する流域下水道により利益を受ける市町に対し、その設置等に要する費用を負担させるため、同法第31条の2第2項の規定により、議決を得ようとするものです。  以上が、付託議案の概要でございます。  

茨城県議会 2019-09-13 令和元年土木企業常任委員会  本文 開催日: 2019-09-13

こちらにつきましては,1 負担額から,3 根拠法令までに記載のとおり,令和元年度に県が実施いたします河川事業,港湾事業,下水道事業に対します市町村の負担につきまして,地方財政法第27条及び下水道第31条の2の規定に基づきまして,その額を定めようとするものであり,3つの事業の負担金総額は13億1,211万1,000円でございます。  

北海道議会 2019-09-09 令和元年第11回建設委員会会議録−09月09日-01号

流域下水道事業に伴う地方公共団体の負担金に関する件でありますが、流域下水道事業に伴う地元負担金について、下水道第31条の2第2項の規定により、議決を得ようとするものであります。  以上が、第3回定例会に提案を予定しております補正予算案並びに付議案件の概要でございます。  提案の際には、御審議のほど、よろしくお願いします。

栃木県議会 2019-06-20 令和 元年 6月県土整備委員会(令和元年度)−06月20日-01号

本件は、地方財政法下水道の規定に基づきまして、県土整備部が行う建設事業等に要する経費の一部負担を市町村に求めるものでございまして、令和元年度の金額について議会議決をお願いするものでございます。  内容といたしましては、大きく2種類の事業に分かれておりまして、まず砂防資源課が所管いたします急傾斜地崩壊対策事業でございます。  

富山県議会 2019-06-05 令和元年厚生環境委員会 開催日: 2019-06-05

実際、宿泊営業を行う場合、この住宅宿泊事業法に基づく届け出のほか、市町村消防署が行う適合施設であるかどうかの確認、下水道に基づく届け出、廃棄物処理法に基づくごみ処理の方法等に関する届け出など、関係法令の手続が不可欠となっています。  県ではそれらの手続も行うよう、届出者にはその旨情報提供を行い、市町村とも連携、情報共有を行っているところであります。