1367件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森県議会 2019-06-25 令和元年第298回定例会(第5号)  本文 開催日: 2019-06-25

これは工藤慎康先輩からも、たびたび議会中にもあったと思いますけれども、本年三月に第二みちのく有料道路の料金所において、青森方面からの上り線にETCレーンが設置されましたが、反対側の下り線にも設置されれば、料金収受がスムーズになって、料金所での渋滞も緩和するのではないかなと思われます。  最近、私はよく使うのであれですけれども、遠方からいらっしゃる車、先日は私の前の車が大分ナンバーでした。

福岡県議会 2019-06-11 令和元年 県民生活商工委員会 本文 開催日: 2019-06-11

33 ◯神代観光政策課長 今の市町村別というのは、恐らく六十二ページからの福岡県観光入込調査というところの数字かなと思うんですけれども、ここは市町村に調査をお願いする際には、観光の方というのは、例えば柳川であれば、川下りをされて、それから白秋記念館に寄られて、あるいは三柱神社に寄られてとか、そういった幾つかの地点を回られる。

滋賀県議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日県民生活・土木交通常任委員会−03月08日-01号

◆角田航也 委員  例えば、東京などの地下鉄の階段では、手すりに台車がついていて、乗りかえずに一人でも上り下りできる昇降機があります。そういうものではなく、乗りかえないといけないタイプだということですか。 ◎中嶋 県民生活部管理監  今、基本計画の段階ですので、来年度、実施設計をいたします。その辺の部分は、より利便性に配慮して検討してまいりたいと思います。

佐賀県議会 2019-03-05 平成31年県土整備・警察常任委員会 本文 開催日:2019年03月05日

そういったところで、左折専用の道路を直進したがために左から来た下りの車にあっという間にどんと行ったということで、そういった現場を見たりしますと、なかなか、あれ、何でだろうというふうな、そういった現場もございました。そういった経験をちょっとさせていただきましたので、この道路交通安全施設の整備についてということで質問をさせていただきます。  

鹿児島県議会 2019-02-28 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文

鹿児島・奄美・沖縄航路屋久島寄港については、現在の上り便による寄港だけでなく、屋久島から奄美群島への移動が可能となる下り便の寄港が、奄美群島屋久島の交流という面で必要と考えられるが、県の見解と実現に向けた課題をお伺いいたします。  これで、二回目の質問といたします。    

長野県議会 2019-02-27 平成31年 2月定例会本会議-02月27日-08号

今回のダイヤ改正では、松本―新宿間の平均所要時間、上り4分、下り6分の短縮ということで、確かに一定の時間短縮が図られたところであります。しかしながら、中央東線高速化促進広域期成同盟会を通じて我々が求めてきておりますのは、複々線化や線形改良、こうした抜本的な対策であります。停車本数を減らしての高速化というものは我々が求めていた形の時間短縮ではないというふうに考えております。  

長野県議会 2019-02-25 平成31年 2月定例会本会議−02月25日-06号

さきのJR東日本の発表によりますと、本年3月16日からのダイヤ改正では、新宿―松本間の「あずさ」の平均所要時間が、上りで4分、下りで6分短縮する一方で、県内五つの駅で、停車本数が2から12本減る事態が発生いたしました。停車本数減の多い順に、下諏訪駅の12本を筆頭に、富士見駅7本、塩尻駅5本、岡谷駅4本、上諏訪駅2本の停車本数の減であります。  

兵庫県議会 2019-02-21 平成31年 2月第343回定例会(第4日 2月21日)

歩くのが困難な方々が、物すごい階段です、あの階段を上り下りしているのが現実であり、大変なご苦労をおかけしております。  昨年、ユニバーサル社会づくり推進に関する条例を制定した兵庫県として、現場事情に合わせたバリアフリー化の支援を進めていくべきであると考えます。  また、乗降客数3,000人以上で既にエレベーターが設置済みであっても課題が残っている駅もあります。  具体的にはJR須磨駅です。

兵庫県議会 2019-02-20 平成31年 2月第343回定例会(第3日 2月20日)

例えば、電動義手で洗濯物を干したり、電動車椅子で階段を上り下りするなど、日常生活に即したコース設定で、障害者技術者がチームを組み、スピードやスキルを競います。日常生活に役立つ人をアシストする技術を、技術者障害者とともに開発し、共生社会の推進を目指した大会になっています。第1回大会は2016年にスイスで行われ、一般の方が多数来場され、数多くのメディアにも取り上げられました。  

鹿児島県議会 2019-02-19 2019-02-19 平成31年第1回定例会 目次

     ・世界自然遺産の登録に向けた奄美群島全島、県下全域の気運醸成の取組について      ・エコツアーガイド、観光客の自然保護に果たす役割について     航空路、航路について      ・バニラ・エアの奄美・成田線及び奄美・関西線における就航以来の利用者数の推移      ・バニラ・エアとピーチ・アビエーションの経営統合に伴う影響と運休期間後の対策      ・鹿児島・奄美・沖縄航路における下り

福岡県議会 2019-02-10 平成31年2月定例会(第10日) 本文

観光一つとっても、観光客は柳川の川下り、あるいは太宰府天満宮や国立博物館を訪れるため福岡市に宿泊いたします。周辺の市や町が潤ってこそ、福岡市に買い物客があふれます。福岡市単独では発展も繁栄も望めないのは自明であります。  しかるに、県はふだんから政令市と日常的に連携を密にしてきたかといえば、私は、圧倒的に不十分だったと言わざるを得ません。

千葉県議会 2019-02-06 平成31年2月定例会(第6日目) 本文

このたびのJRのダイヤ改正において、外房線では夜間の下り勝浦方面への乗り継ぎ時間が短縮されるなど一部改善が図られたところでございますが、一方で、早朝に東京・千葉方面に向かう快速電車の待ち時間において、依然として改善すべき課題があると認識しています。

山梨県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第4号) 本文

これまで部分的に上野原から大月間については六車線化されましたが、現状でも休日には、朝は下り線の相模湖付近、午後から夜にかけては上り線の小仏トンネル付近を先頭に、激しい渋滞が発生しており、時には長さが四十キロメートルを超えてしまう状況であります。  山梨は、豊かな自然や世界遺産富士山があり、首都圏からも近いことから、大勢の方々が訪れており、観光が重要な産業となっています。  

愛媛県議会 2019-01-30 平成31年建設委員会( 1月30日)

右側の(6)の高知自動車道では、4車線化が幸いし、下り車線を対面通行とすることで、被災から6日後の7月13日に通行を再開しました。また、(2)から(5)の国道56号では、仮設防護柵や大型土のうなどの応急工事を行い、被災から9日後の7月16日に片側交互通行により通行を再開しています。