45件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三重県議会 2018-07-24 07月24日-17号

にもかかわらず、再度、今会期中に三重県議会の定数と選挙区について改正する議案を上程するということは、特にさきの改正前の内容そのものに戻すということも踏まえて、これを一事再議に当たるものと言わずして、何を一事再議というか、私どもはそういうふうに思っております。 

滋賀県議会 2016-03-08 平成28年 3月 8日総務・企業常任委員会−03月08日-01号

◆家森茂樹 委員  そういう意味でいえば、滋賀県議会は通年議会ということで、4月の招集議会から今の3月議会、これまでずっと1会期ということになっておりますので、毎度つき合わさせていただいておりますが、本来、同趣旨の請願であれば、一事再議の原則からいいますと、議運の段階でお断りしておいていただかないといけないのではないかという意見だけ言っておきます。

栃木県議会 2015-09-10 平成27年 9月議会運営委員会(平成27年度)-09月10日-01号

○小林幹夫 委員長 野村議員に申し上げますが、この委員会の中で確認をさせていただいて、それが委員外議員の皆さんを含めて異議なしということで認められましたので、また、一事再議の原則によりますと、これをまた再議するということは議会運営上……議事課長、どうなんだろうか。  委員会の中で、異議なしをもう一回戻すという形になるものですから。  篠﨑議事課長

大阪府議会 2014-09-01 12月19日-16号

以上のように、法定協委員の推薦は何の問題もなく終了しており、その後、何ら客観的情勢の変化等事情変更はなく、ただいま提案のあった本動議は、十月二十三日に可決された動議と委員の推薦という観点からは同一趣旨と考えられ、一事再議の原則に明らかに抵触するものと考えます。 

群馬県議会 2013-03-19 平成25年  2月 定例会−03月19日-07号

次に、一事再議の原則について伺います。1度議決した事項は、同一会期中には再び審議しない一事再議の原則については、どう考えるでしょうか。通年議会となれば、ほぼ1年間再議できないことになりますが、情勢の激変や不測の事態に耐えられるのか。3会期制になる今から研究しておく必要があるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

千葉県議会 2012-11-13 平成24年_議会運営委員会(第1号) 本文 2012.11.13

通年議会にすれば、今おっしゃられたように常に開かれている状態ですから、専決処分が減るのではないかとかいうことが期待されますが、ただ、例えば一事再議がどうなるのかというのもよくわかりませんし、今までだと年4回の議会ですから、1回否決されたものが次の二、三カ月後の議会で再度議論ができるわけですが、1年間というふうになっちゃうと来年までできないというふうに、これもなるのかどうかってわかりませんけれども、

栃木県議会 2012-03-23 平成24年第310回(第1号)定例会-03月23日-06号

また、一回の定例会会期が約一年間と長期化いたしますことから、一事再議及び発言取り消しの規定につきましては、個別具体的な事例に応じ、柔軟な対応をとれるようにするとともに、会期期間や延長に係る規定を整理する必要がございます。そのため、これらの事項につきまして所要の改正をしようするものであります。  

栃木県議会 2012-03-22 平成24年 3月議会運営委員会(平成23年度)-03月22日-01号

次に、議第3号については、会期を通年化することに伴い、知事から本会議に付議すべき事件を示して、会議を開催するよう請求があった場合、会議を開催すべきとする義務規定を新たに設けるとともに、一事再議及び発言取り消し等の規定につきまして、所要の改正をしようとするものであります。  

千葉県議会 2010-09-13 平成22年_文教常任委員会(第1号) 本文 2010.09.13

これは一事再議にも当たらないということで、正確な意思表示議会運営委員会のほうに出したほうが私はいいと思いますので、皆さん御了解いただければ再度御協議願いたいと思います。  内田委員。 ◯内田悦嗣委員 一事再議に当たらないというのはどういうことですか。 ◯委員長(大野 眞君) 議決にならないということですね。この部分については委員会の採決をしていないということです。

長野県議会 2009-07-03 平成21年 6月定例会議会運営委員会-07月03日-01号

◆毛利栄子 委員 先ほど議長のほうから、協議事項3のところで「議決不要」の扱いにするということは、先ほど認めたとおりで、一事再議という原則がありますので、当然のことというふうに思いますが、ただ、今後考えなきゃいけないと気がついたことは、請願者が、請願ということで提出されるんですが、その審査前に議員提出議案が出されて議会の結論が出ている場合に、議員提案はやってはいけないということではないのでやってもいいわけですが

千葉県議会 2009-02-18 平成21年_文教常任委員会(第1号) 本文 2009.02.18

それで、教育委員会としてもこういうことをおっしゃっているわけだし、ここはね、少し私の──何て言うかな、あんまりこういうことが──一事再議になってしまうのかわかりませんけれども、教育委員会会議をもう一度、やり直していただく、こういうことはもう無理ですか。この件に関して議会でこれだけいろいろと話が出ています。

佐賀県議会 2007-06-27 平成19年文教厚生常任委員会 本文 開催日:2007年06月27日

だから、私は皆さん方に公務員の姿勢はぶれないことも大切でありますが、一事再議なんていうことじゃない、時代に即応して変わっていく。井本知事から古川康知事にかわってどれほど変わりましたか。これが変化でしょう。時代に即応したかしていないか、そんなことは後世の人たちが判断するでしょう。しかし、やっぱり前取りして厳しくあなた方から嫌われるようなことをやっている古川知事もつらいと思いますよ。