162件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-22 富山県議会 2018.03.22 平成30年経済建設委員会 手書きですからいいかげんなところもありますけれども、1番から14番までの国について、労働生産性Aと最低賃金Bをプロットして、きちっとした方法で正の相関値があるかどうか、相関性の計数を求めたわけではありませんが、ありそうだなということで、点線でラフな相関をつくってあります。  ただ、大体のこの相関の上にある国と下にある国があるのです。 もっと読む
2017-12-15 京都府議会 2017.12.15 平成29年エネルギー政策特別委員会12月定例会 本文 民生用のエネルギーというのは4分の1ですから、運輸で4分の1使っていると、大体1対1対2というのが我々のラフな言い方です。   もっと読む
2017-09-01 香川県議会 平成29年[9月定例会]文教厚生委員会[健康福祉部、病院局] 本文 我々がラフな感じで考えてみたのですが、まず3歳から5歳児の場合、今2万3160人いらっしゃいますが、ほぼ全員が保育所または幼稚園を利用しております。そのうち預かり保育のある幼稚園を利用している方、保育所を利用している方がその約半数の1万1722人おり、預かり保育のある幼稚園を利用している方の数は不明ですが、この場合は保育料等の負担がなくなるだけなので、新たな需要という変化はございません。 もっと読む
2017-03-10 埼玉県議会 平成29年  2月 予算特別委員会-03月10日−03号 ◎県民生活部長   スポーツ医・科学拠点施設の検討につきましては、来年度に基本構想等を策定していくことになりますので、現在の段階ではまだ内部的なラフな検討ではございますが、今、委員お話がありましたように、1つはトップアスリートの育成ということで、スポーツ医・科学の知見を活用していく、そして競技力の向上に結び付けていく。 もっと読む
2017-03-07 京都府議会 2017.03.07 平成29年予算特別委員会当初予算審査小委員会 書面審査 農林水産部 本文 言うたら本来国である程度のことをしなくちゃいけないなというのは思うんですけれども、そういった制度にしましても、土地の利用といいますか、日本の場合は、どうもこの山というのは、ラフと言うたらおかしいですけれども、規制とかという面で、ほかの例えば農地であるとかそんなんと比べると、それの規制といいますか、届け出制であるとかそういった部分というのはどのようになっているんでしょうか。 もっと読む
2017-03-07 長野県議会 平成29年 2月定例会農政林務委員会-03月07日-01号 ◆小林東一郎 委員 今、御説明をいただいたんでありますが、国の制度もある程度ラフだったと。それで、当初見込んでいた市町村がどんどん取りやめて、最終的に4市町村になってしまったというわけであります。来年度の予算案を見ておりますと、今年度9,100万円に対して、来年度は6,300万円余という予算案になっているわけですが、この辺は、来年度は、きちんとやれるということなんでしょうか。 もっと読む
2017-01-23 秋田県議会 平成29年 1月閉会中《1月23日》 福祉環境委員会 第1日 ただ、最初に計画したときの見積もりがちょっとラフだったかなという感じはあります。別にこの種のものは設置目的、必要性がしっかりしていれば、敢えて最初に安く見積もって、後から高くするなどという方法をとる必要はないのであって、本当に必要な部分をちゃんと出すという姿勢をやっぱりもうちょっときちんと持ったほうがいいかなと思います。 もっと読む
2016-12-01 山梨県議会 平成28年12月定例会(第5号) 本文 東日本大震災や熊本地震では、高速道路が救助や緊急輸送、復旧支援の基軸とし │ │     │                                            │ │     │て多大な効果を発揮することが改めて認識されたところであり、切迫性が指摘されている南海ト │ │     │                                            │ │     │ラフ もっと読む
2016-06-13 東京都議会 2016-06-13 平成28年総務委員会 本文 142 ◯舛添知事 これも細かく覚えていませんけれども、ラフな格好で来たと思っております。 もっと読む
2016-03-23 富山県議会 2016.03.23 平成28年経済建設委員会 ゴルフに例えますと、フェアウエーだけを通ってホールインできることは、どちらかというと少なく、ラフやOB、バンカーを通るということが多いように思います。  後進の皆さんには強い意思をもって知恵を出し、周囲の皆さんとよく相談しながら目的達成に向けて果敢に進んでいっていただきたいと思います。   もっと読む
2016-03-07 長野県議会 平成28年 2月定例会環境産業観光委員会−03月07日-01号 例えば行政機関、経済団体、大学、試験研究機関の職員、金融機関といった皆さんが一堂に会しながら自由な立場で、事業を展開していく上での困っていること、それからこんなふうにしたいということなどを自由に出し合い、洗い出して、政策につなげることが、よその市や県段階では千葉の例なども調べさせていただいたんですが、効果を奏しているということですので、もっとラフな形で自由な形で現場の声、関連した皆さんの知恵が出せる もっと読む
2016-03-04 神奈川県議会 平成28年  県民企業常任委員会-03月04日−01号 また、職員の状況について聞き取りを行ったんですが、水質検査は月1回、保健省の予防センターというところで検査をしてもらっていますということで、県営水道でしたら蛇口は毎日検査を行っておりますので、非常にラフな検査だなという感じがしましたし、そういうことが原因しているのか、水質管理をする職員が一人しかいない。そのような状況で、維持管理を行うための体制が整っていないという感じを受けました。 もっと読む
2016-01-12 新潟県議会 平成28年  1月 総合交通・防災対策特別委員会-01月12日−01号 ◎樋口政史空港課長 空港アクセスの研究会についてでございますけれども、まず、10月末に中間報告がラフな形で出ましたので、研究会で方向性についてたたいたところでございます。その中で、まず、数字がまだラフだということで、投資額をまずきっちり固めることだろうと。 もっと読む
2015-12-11 岡山県議会 平成27年11月定例会-12月11日−06号 それと,参観日等での保護者へのアプローチなんですが,これはPTAとかを含めて考える問題ではあるかもしれませんが,もう質問はしませんけれども,実際に昔とは違って,昔はこの日のこの時間に来てくださいと言ったら,みんな来て,仕事がない人はほとんど来て,着飾って教室に入って子供の姿を見ようというのがあれなんですけど,今ごろは結構ラフな格好でも来られますし,廊下でずうっと話をしたり,もう中に入らずにいつ来たんか もっと読む
2015-08-25 京都府議会 2015.08.25 平成27年農商工労働常任委員会閉会中 本文 ただ、それも言ってみればラフなものであって、次々どこかが我こそはというところが出てきたら、それはそれで大歓迎だなということだと思います。  日本展示会協会の主催者はほとんどの人が困っています。やりたいのにやれないと。会場がないということで困っているという状況ですね。 もっと読む
2015-02-27 大阪府議会 平成27年  2月 定例会本会議-02月27日−04号 この問題の背景には、民間の発想で自由な取り組みをという知事の極めてラフな対応が、当事者に必要以上の自由度を錯覚させ、また到底民間ではあり得ない不明確な責任体制から、必然的に引き起こされたということをしっかり認識すべきです。  知事は、みずからの責任を含めてどのように考えておられますか、御説明をお願いします。 ○議長(岡沢健二君) 知事松井一郎君。 もっと読む
2014-12-18 高知県議会 平成26年 12月 商工農林水産委員会-12月18日−01号 ◎笹岡農業振興副部長 次世代施設園芸団地の御説明を再度お願いすることにいたしましたので、そのときに合わせて、ラフではございますけど、簡単な資料に基づきまして御説明するということでよろしいでしょうか。 ◆米田委員 私も佐竹委員と同じような意見を持ってますが、副部長が言われたように、人的資源については県の都合が優先されていると思います。 もっと読む
2014-12-10 福井県議会 2014.12.10 平成26年原子力発電・防災対策特別委員会 本文 しかし、そういう状態の中でありながら、今も訴訟が起きているのは、結局、東京電力がラフなラインを引いたことが原因であるなどといろいろと言われており、個々の被災者の方々と東京電力との間で、補償額や条件がかみ合わないのであろう。  関西電力としては、もし何かあったときには、被災者に対してどのような補償をするのか。 もっと読む
2013-12-03 長野県議会 平成25年11月定例会健康福祉委員会−12月03日-01号 例えば、まだ海外でどうも発生して日本には全然入っていないんだけれども、これから1人目、2人目を見つけていこうという場合のサーベランスはとてもこういったラフなものではできませんし、これは医者が全部診断しているわけではありませんので、発生早期のときにはもうこの仕組みではなくて、一人一人、海外から帰ってきた人が熱があればどうするという、そういうレベルになります。   もっと読む
2013-12-02 長野県議会 平成25年11月定例会農政林務委員会−12月02日-01号 主食米より飼料米をつくったほうがもうかるんじゃないかと、つくるんだって結構ラフにつくれるしね、奨励しているしね。そっちへシフトされてしまったら、今後、逆に下がるどころか上がってしまうとかね。  そういう面で、このバランスのとり方というのは非常に難しいと思うんだけれども。こういうものを、耕作者、あるいは農業従事者の自主性に任せるということで、うまくいくのかなと。 もっと読む