6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿児島県議会 2018-12-03 2018-12-03 平成30年第4回定例会(第2日目) 本文

この間、安倍首相においては、モリカケ問題に関しても、国民への丁寧な説明どころか国会軽視と受け取れる発言や、さまざまな強行採決を繰り返してきました。  そのような中で十一月二十九日、政府与党は会長職権衆議院憲法審査会を今国会で初めて開催し、幹事の選任などを行いました。

高知県議会 2018-06-28 平成30年  6月 定例会(第344回)-06月28日−03号

国会では、学校法人森友学園への国有地売却や、加計学園の獣医学部新設問題、いわゆるモリカケ問題に多くの時間を費やして、議論が行われてまいりました。財務省による決裁文書改ざん愛媛県文書国会答弁に相違があったことなど、一連の政府の対応に国民の疑念が払拭されていないことを真摯に受けとめ、その声に対しては謙虚に耳を傾けていかなければなりません。  

鹿児島県議会 2018-06-07 2018-06-07 平成30年第2回定例会(第2日目) 本文

モリカケ問題をめぐる官僚たちの忖度の背景にあるものとして、官邸へのいびつな権力集中に伴う弊害が指摘されています。決して官僚のみに責任を押しつけるのではなく、安倍内閣政治責任を明確にし、国民の生活再建のための民主主義に基づく正常な政治が機能するようお願い申し上げまして、質問を終わります。  ありがとうございました。

鳥取県議会 2018-06-01 平成30年6月定例会(第9号) 本文

しかも安倍政権は、モリカケ問題に見られるように、政治を私物化し、それを隠すために公文書の隠蔽、改ざん捏造国民に平気でうそをつく。今一番国民の目から見て、反道徳的で青少年健全育成にふさわしくないのが安倍総理、自民・公明の安倍政権ではないでしょうか。こんな安倍政権に青少年健全育成法のフリーハンドを与えてしまっていいのでしょうか。  

  • 1