13120件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-16 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号

また、このような全国有数の農業県として発展してきた要因を考えてみますと、まず第一に、西日本で最も広い十五万ヘクタールにも及ぶ耕地――その耕地も地域性の変化に富み、また田畑の配分が適当であったという地の利を得ているということであります。第二に、そのような耕地の中に、すぐれた多くの中核農家が育ったことであります。

熊本県議会 2045-06-15 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号

全体面積が七十ヘクタールに対しまして、通路とか水路等の公有地を除くと五十四・一ヘクタールで、そのうち昭和五十六年度までには三十四・二ヘクタールを買収済みでございまして、大体六三%の進捗率になっているというふうに考えております。昭和五十六年度までの投資額は四十七億七千七百万円でございます。  

熊本県議会 2045-06-14 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号

県内の粗飼料作付面積は、この十年間で年率三・九%の伸びを示しまして二万六千七百ヘクタールとなっております。しかし、今後の畜産振興は、需要に即した生産を行いながら、畜産物の質の向上と生産コストの低減を図ることがきわめて重要でありますので、特に大家畜経営では自給飼料の確保とその効果的利用の推進を図る必要があります。  

熊本県議会 2045-06-12 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号

イグサの概況を参考までに申し上げますと、昭和五十七年度の全国作付面積は約七千五百二十九ヘクタール、本県が約五千四百二十一ヘクタールで何と七二%、また生産量は全国約八万二千三百六十四トン、本県五万九千六百三十一トンとなっており、いかに本県が他県を圧しましてナンバーワンの地位にあるかおわかりいただけると思うのであります。ちなみに第二位の福岡県の作付面積は千二百八十ヘクタールとなっております。  

熊本県議会 2045-06-11 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号

さて、本県農業は、水田八万六千ヘクタール、畑六万三千ヘクタールの約十五万ヘクタールとなっております。その中心となります水田は、干拓により造成された水田を中心に、標高の低い平たんなところに立地しております関係から、排水には特に悩まされてまいったのでありますが、幸い稲作やイグサなど水に強い作物が主流であったため比較的に整備がおくれていたものであります。

石川県議会 2019-09-24 令和 元年 9月24日環境農林建設委員会-09月24日-01号

このうち、造林事業については、平成17年2月に経営改善計画を策定し、公社の経営改善に向け、分収比率の見直しを行っており、昨年度末現在で管理面積1万3,730.7ヘクタールのうち、見直しの進捗率は93.4%となっております。また、中段の白山有料林道事業特別会計として、白山白川郷ホワイトロードの管理に係ります各事業を実施しました。  264ページです。  

石川県議会 2019-09-20 令和 元年 9月20日予算委員会−09月20日-01号

◎遠藤知庸 農林水産部長  現在、収穫作業が進められている令和元年産は、家庭用需要の定着に加えまして中食、外食へも販路が拡大できますよう、昨年の2倍となる1,100ヘクタールに作付いたしまして約6,000トンの生産を見込んでいるところでございます。 ◆吉田修 委員  「ひゃくまん穀は、一粒一粒が大きく、炊き上がりはさらにボリューム感があります。

石川県議会 2019-09-18 令和 元年 9月第 4回定例会−09月18日-04号

県内におきましては造林補助事業等を活用して年間約百ヘクタールの老齢化した広葉樹が伐採されておりますが、これら箇所につきましては天然更新や苗木の植栽により適切に更新が行われていると認識しており、放置されている事例はないと承知しております。  次に、路網整備を原因とした土砂災害の発生についてのお尋ねがございました。

石川県議会 2019-07-24 令和 元年 7月24日環境農林建設委員会-07月24日-01号

2の参入の概要としては、穴水町旭ケ丘地区及び大郷地区等の農地約10ヘクタールで、カボチャやアスパラガス等の生産を目指しております。  今後とも、一社でも多くの企業等の農業参入を促進することで農業の活性化を推進してまいりたいと考えております。 (5) 首都圏における県産食材の魅力発信について  続きまして、農林水産部資料4です。  首都圏における県産食材の魅力発信についてです。  

福岡県議会 2019-07-08 令和元年 農林水産委員会 本文 開催日: 2019-07-08

水田農業の担い手の法人化に向け、経営の高度化を支援するとともに、農地中間管理事業の取り組みを推進した結果、法人化した集落営農組織は二百九十六法人、十ヘクタール以上の大規模農家は五百五十八経営体まで増加いたしました。また、大規模農家と集落営農組織への集積面積は三万四百五十九ヘクタールとなり、農地集積率は六二%となっております。  三ページをお開き願います。

福岡県議会 2019-07-03 令和元年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2019-07-03

そういう中で、資生堂の進出によりまして、今回九・七ヘクタール分が分譲されたわけであります。しかし、まだ多く、これから分譲していただかなければならない。私は、工業団地というのは売り出して早期に分譲していくことがその団地の価値を高める、そのことが周辺の振興にも大きく結びつくし、寄与していくと思っております。

長野県議会 2019-07-03 令和 元年 6月定例会農政林務委員会−07月03日-01号

小山靖 森林政策課長 県内の状況でございますが、長野県では、軽井沢町、白馬村、信濃町の3つの町村で、合計で9.2ヘクタールの事案を把握しているところでございます。いずれも別荘地等としての利用を目的としていると承知をしております。 ◆埋橋茂人 委員 それでは水資源等々の買い占めはないということでよろしいわけですね。この辺は、いろいろな県でかなりそのような事態が出ているようであります。

長野県議会 2019-07-03 令和 元年 6月定例会環境文教委員会−07月03日-01号

そこでは2件ございまして、1件はゴルフ場の跡地の中で、2社入っていまして、1社が44.6ヘクタール、規模とすれば15,000キロワット、15メガぐらいの大規模な太陽光の施設、そしてもう一つは、そこに隣接するゴルフ場のコースでありまして、その一つには7.61ヘクタール、1,250キロワットで、わざわざ分割して、大規模開発にならないように避けるために分けてある気がします。  

長野県議会 2019-07-01 令和 元年 6月定例会農政林務委員会−07月01日-01号

長野県には5万ヘクタールの水田がありますが、その水田への農業用水路の老朽化が進んでいるとの説明がありました。利用者が多く大きな受益がありますが、一旦、機能不全に陥ると施設の復旧に時間を要し、その間、農地へは水が行かないことになります。頭首工や水路トンネル・水路橋などの改修は重要だと思いますが、県としての方針はどのようなものか。特に水路トンネルについて、お話を聞かせていただきたい。

長野県議会 2019-06-28 令和 元年 6月定例会本会議−06月28日-05号

本県の森林面積は106万ヘクタール、全国3位の規模で、広大な面積標高差を背景に、多様な樹種で構成されていることが特徴です。  例えば、本県の代表的な樹種であるカラマツについては、東信地域を中心に県内に広く分布している一方、木曽谷のヒノキ、中部山岳や伊那谷のアカマツ、南信州や北信地域スギなど、地域ごとに豊かな個性があります。  

滋賀県議会 2019-06-27 令和 元年 6月27日環境・農水常任委員会−06月27日-01号

事業の累積の量を申し上げますと、平成19年度から平成30年度までで、65ヘクタールの砂地造成を行っています。今後、平成30年度以降7年間で29ヘクタールをさらに砂地造成したいと計画しています。 ◆杉本敏隆 委員  事業費は累計でどのぐらいになっているのですか。 ◎二宮 水産課長  済みません。今、手元に数字がありませんので、調べてまた、お答えさせていただけたらと思います。