14686件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-16 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号 また、このような全国有数の農業県として発展してきた要因を考えてみますと、まず第一に、西日本で最も広い十五万ヘクタールにも及ぶ耕地――その耕地も地域性の変化に富み、また田畑の配分が適当であったという地の利を得ているということであります。第二に、そのような耕地の中に、すぐれた多くの中核農家が育ったことであります。 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 今回出させていただいたのは素案でございまして、それにパブリックコメントを頂戴し、そしてまた民間からのこれからのご意見をいただくということでございまして、築地のあそこの二十三ヘクタールが、すなわち全て国際会議場になるといったような誤った印象操作はしないでいただきたいと思います。 もっと読む
2019-03-13 兵庫県議会 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日) ○農政環境部長(藤澤崇夫)  本県は2種兼業農家が多く、1経営体当たりの経営耕地面積が0.94ヘクタールと全国平均の半分以下ということで非常に小さな面積となっている。また高齢化も進んでいるという状況にもある。このような本県農業を将来にわたって発展させるためには、生産における収益力の強化や経営能力の向上に加え、持続的な発展のために経営の法人化を進める必要がある。   もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 この敷地を再び都が取得できれば、隣地の青山病院跡地とコスモス青山と国連大学底地と合わせて四・五ヘクタールもの広大な都有地となる見通しが立ったことは、東京の未来にとって大変喜ばしいことでもあります。  この敷地の周辺は、湧水や緑や桜、自然環境を保護し、品格と文化性を尊重するとともに、子供たちの育成に深くかかわってきた特別な地区でもあります。 もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 だからといって、今余っている場所があるとかいうことではなくて、マルシェの駐車場が足りていないというようなこともあり、四十ヘクタールあるこの敷地をいっぱいにご活用いただいているというふうに認識しておりますし、そして、これから何よりも豊洲新ブランドを世界に向けて確立していっていただきたいというふうに思っているところでございます。   もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日環境・農水常任委員会−03月12日-01号 まず、森林整備について、国庫補助事業で補助造林事業と県営林の事業、それと琵琶湖森林づくり事業を、合わせて約12億円の事業費で、1,200ヘクタールの間伐を実施しています。この国庫補助の内示につきましては、前年度からの繰り越しを加味されることから、要望に対して内示が減額されております。   もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日県民生活・土木交通常任委員会−03月12日-01号 休憩宣告  10時30分 再開宣告  10時32分 《県民生活部所管分》 3 議第98号 平成30年度滋賀県一般会計補正予算(第13号)のうち県民生活部所管部分について (1)当局説明  宇野県民生活部次長 (2)質疑、意見等 ◆節木三千代 委員  彦根総合運動公園の用地取得について、何ヘクタールを買われたのか、教えていただけますか。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会県民生活・土木交通分科会−03月08日-01号 ◆節木三千代 委員  何ヘクタールあるのですか。 ◎中嶋 県民生活部管理監  約8.4ヘクタールです。 ◆節木三千代 委員  先ほどのマンション前の駐車場は何ヘクタールですか。 ◎中嶋 県民生活部管理監  個別の土地ですので面積は控えますが、駐車場の部分も含めて、全体で8.4ヘクタールです。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会環境・農水分科会−03月07日-01号 滋賀県の集落営農規模は大体20ヘクタール程度となっていて、非常に経営環境が厳しくなる中で、20ヘクタール程度ではなかなか今後経営が立ち行かなくなることがあり、小学校区単位くらいの広域で連携した組織をこれからつくっていくことが非常に重要だと考えております。   もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 福井県は全部で41万ヘクタールの県であり、小さい県であるが、そのうち山は約31万ヘクタールある。すなわち75%は福井県は山であるということである。その中で約27万ヘクタールが民有林であって、あとは国有林ということになる。そのうち人工林が11万8,000ヘクタール、すなわち12万ヘクタール、これが中川知事のときにグリーン県政で木を植えた面積である。全部で12万ヘクタールあるということである。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 この竹芝の一・五ヘクタールの都有地に、メディアデザインの有識者と民間企業が中心となって、デジタルとコンテンツの産業集積に向け、情報サービス、インターネット関連、映像制作など、コンテンツ産業を核とした国際ビジネス拠点の形成を二〇二〇年に目指しています。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 二十三ヘクタールという広大な築地市場跡地の再開発は、周辺地域のみならず、東京全体の未来を左右するものです。それだけに、その再開発は近視眼的なものではなく、豊洲新市場も含め、東京全体を俯瞰して、未来の要請にこたえるものでなければなりません。  また、一般会計から市場会計に投入される五千四百二十三億円の原資は都民の税金であり、有償所管がえの意義、合理性が正確に都民に理解される必要があります。   もっと読む
2019-02-26 福井県議会 2019.02.26 平成31年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 ◯企業誘致課長  今、産業団地として福井県内で分譲可能な面積がどれくらいあるかと申すと、大体20ヘクタールほどである。これは石川県が100ヘクタールほど、富山県は30ヘクタールあるので、まだまだ足りないのが現状かと思っている。  その中で私どものほうで進めているのは、一つは県営のテクノポート福井での造成工事である。新年度にできたら15ヘクタールほど分譲できるように持っていきたいと思っている。 もっと読む
2019-02-21 広島県議会 2019-02-21 平成31年警察・商工労働委員会 本文 今後も新たにマリノ用地を変更して約12ヘクタールの工業用地を準備していると聞いており、県からも引き合い等に関する情報提供など、さまざまな支援も受けているということをお聞きしております。 もっと読む
2019-02-20 広島県議会 2019-02-20 平成31年総務委員会 本文 県といたしましては、商工会議所から3点ほど御提案があったわけですが、そのうちの10ヘクタールを超える展示場については、これまで県や広島市においても検討したことのない大規模なものであり、国内のみならず国際的な競争力を持つ産業振興や、それからにぎわいの拠点となり、国内外から多くの人や企業を集め、非常に大きな経済効果をもたらすと考えられることから、県でまず検討するということで、今回、実現可能性についての調査費等 もっと読む
2019-02-09 福岡県議会 平成31年2月定例会(第9日) 本文 その結果、三十一年産米の現段階の作付見込みでございますけれども、本県の目安であります三万五千五百六十三ヘクタール以下となっております。さらに、国に対して、需要に応じた生産の促進、水田フル活用の推進に必要な予算の確保につきまして要望してきたところでございまして、引き続き、働きかけを行ってまいります。県といたしましては、こうした取り組みを通じて、需要に応じた米の生産を進めてまいります。   もっと読む
2019-02-07 福岡県議会 平成31年2月定例会(第7日) 本文 平成二十九年の状況を見ますと、全国で二十八万ヘクタール、この五年間で約七%、約一万八千ヘクタール増加しており、また本県でも四千七百八十ヘクタール、五年間で一%、二十八ヘクタールの増加となっているように、荒廃農地一つとっても目に見える改善は図られていない状況です。  とはいえ対策を講じないわけにはまいりません。大事なことは、地域ごとに異なる課題に対し、現時点で考えられる対応策を十分講じることです。 もっと読む
2019-02-05 広島県議会 2019-02-05 平成31年農林水産委員会 本文 ちなみに私が所属しているところでも、平成23年に3.5ヘクタールほどの立ち木の売買が行われ、関係者、組合員にとっては大変大きな喜びでありました。その後全くそれも行われていません。そのあたり少し手抜きとまでは言わないですけれども、しっかりと現場を見てもらいながら対応してもらいたいという思いがあります。 もっと読む
2019-02-01 山梨県議会 平成31年2月定例会(第2号) 本文 知事は、公約において、東京や名古屋へのアクセスが飛躍的に向上することを踏まえ、大規模展示場や研究機関などの誘致に取り組むとしていますが、現在、計画している駅及び周辺用地の面積は二十六・五ヘクタールと限られています。  そこで、知事が描いている整備構想について、考えを伺います。  次に、中部横断自動車道及び新山梨環状道路について伺います。   もっと読む
2019-01-21 宮城県議会 平成31年  1月 建設企業委員会-01月21日−01号 ◎(藤田仁都市計画課長)   管理区分の御質問でございますが、配布している資料の下のほうに平面図がございますけれども、西地区、ここの部分について3.2ヘクタールでございますが、これはもともと震災前からあった機能をここに集約するということで、じゃぶじゃぶ広場とかバーベキュー広場については、県で管理するような形になっております。   もっと読む