29633件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-01 06月16日-06号

次の大きな課題といたしましては、お話がありましたように、早急に移転整備を図る必要があると考えておるところでございまして、今後その機能を十分果たすようにする必要がございますので、庁内に具体的なプロジェクトチーム設置いたしまして、まず基本計画策定し、県議会意向等も十分拝聴しながら具体化の方向で努力をしてまいりたいと考えております。

兵庫県議会 2021-04-16 令和 3年総務常任委員会( 4月16日)

それに対して、県内で進められている実証プロジェクトとして、未利用エネルギー由来水素サプライチェーン構築実証が書かれている。オーストラリアの未利用エネルギーである褐炭から液化水素を製造していくことを目指すということであるが、水素製造時に発生するCO2を大気中に放出せず、分離・回収し、地下へ貯留する技術が出ているが、このことについて詳しく報告してほしい。

兵庫県議会 2021-03-24 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第10日 3月24日)

兵庫2030年の展望リーディングプロジェクト地域創生戦略具体化を進める地域プロジェクトそして、県民の願いや希望を反映させた新しい将来ビジョンの策定など、未来を切り開く取組を展開します。  また、県民希望を実現し、信頼される県政を展開するためには、行財政基盤が持続可能でなければなりません。

石川県議会 2021-03-18 令和 3年 3月18日環境農林建設委員会-03月18日-01号

ただ、今後、多くの県民の皆様に復元の意義や目的を理解していただくこと、また、経済効果を感じていただくこと、こういうことが大きなプロジェクトへの賛同を得る上で大変大事なことと考えます。  復元への期待感を皆さんに持っていただくことが大変で、興味がある人は賛成なのです。

東京都議会 2021-02-26 2021-02-26 令和3年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文

そして、先般公表された東京ベイeSGプロジェクトは、渋沢栄一後藤新平を初めとする偉大な先人たち精神を受け継ぎ、未来東京をつくるものであります。  この考えは、SDGs推進委員会設置し、その実現に全力を挙げて取り組む都議会公明党とも軌を一にするものと考えます。  

愛媛県議会 2021-02-24 令和 3年議会運営委員会( 2月24日)

次に、愛媛県議会政務活動費事務処理マニュアル改正検討プロジェクトチームについてであります。  前回の本委員会で御協力願っておりましたプロジェクトチームのメンバーについては、12ページのとおりであります。  なお、第1回の会議を今定例会中に開催したいと考えております。  以上であります。 ○(高山康人委員長) 本日の会議録署名者岡田志朗委員石川稔委員を指名いたします。  

東京都議会 2021-02-24 2021-02-24 令和3年第1回定例会(第2号)(速報版) 本文

東京ベイeSGプロジェクトについてでございます。  歴史を振り返りますと、S、渋沢栄一や、G、後藤新平といった偉大な先人たちは、幾多の困難に直面する中で、東京の将来を見据えた取り組みを進めてきました。こうした先人たち精神を受け継いで、大胆な発想で未来東京を築き上げたい、その思いから、このプロジェクトを立ち上げております。  

愛媛県議会 2021-02-18 令和 3年議会運営委員会( 2月18日)

次に、愛媛県議会政務活動費事務処理マニュアル改正検討プロジェクトチーム設置についてであります。  先般、議会改革検討協議会から、政務活動費事務処理マニュアル改正プロジェクトチーム設置について提案がありました。  政務活動費マニュアル改正等については、専門的に検討する必要がありますことから、今回、3ページのとおりプロジェクトチーム設置し、内容等について精査、検討することといたしました。  

愛媛県議会 2021-02-05 令和 3年総務企画委員会( 2月 5日)

2つ目は、納税方法による滞納防止という視点で、これは全国的な話にもなりますが、給与所得者個人住民税事業者によって特別徴収、いわゆる給与天引きをしなければなりませんが、給与所得者の約3割の方が、給与所得者自らが納める普通徴収のままとなっていたため、平成22年度から県と市町の管理職が一緒に事業者を訪問し、特別徴収への切替えをお願いする個人県民税徴収確保1万人プロジェクトに取り組み、さらに平成24年度

愛媛県議会 2021-02-05 令和 3年建設委員会( 2月 5日)

こちらは、松山市の松山スマートシティプロジェクト実行計画です。  令和元年5月、国交省スマートシティモデル事業先行モデルプロジェクトに選定され、今年度も引き続き取組が進められています。このプロジェクトでは、センシング技術やスマホのGPSデータを用いた人流データ等の収集、データを集約、蓄積し、シミュレーションを実施の上、その結果をまちづくり計画策定市民ワークショップなどに活用します。

愛媛県議会 2021-02-04 令和 3年えひめICT未来創造特別委員会( 2月 4日)

その当時は、パソコンの基礎的な勉強というか、趣味の世界でやっていたようなものなんですけれども、2005年、私が活動を始めたのもこの頃ですが、当時身体障がいの人が圧倒的に多くて、なかなか外に働きに出ることが難しい人たちがお家でパソコンとインターネットを使って仕事をしていこうということで、マニファクチャBUという在宅就労プロジェクトを設立しまして、私ともう一人、二神という者がいたんですけれども、2人でいろんなところから

愛媛県議会 2021-02-02 令和 3年地方創生・産業振興対策特別委員会( 2月 2日)

松山市ではSDGs推進協議会を立ち上げておりまして、住みやすいまちづくりに向けたプロジェクトを進めていくようにしています。もう一つ、新居浜市はSDGs推進企業登録制度というものを開始いたしました。登録された企業は、人材確保企業価値の向上に向けた支援が受けられるようですので、こちらは第1弾の登録企業がもうすぐ発表されるのではないかと思います。  

山口県議会 2021-02-01 03月04日-04号

さらに、頑張るお店応援プロジェクトや県産農林水産物需要喚起に向けたキャンペーンの実施、百億円に及ぶ国の「Go To Eat」と連携した需要喚起策実施し、県内事業者生産者売上げ回復に取り組んでいます。 持続化給付金の再度の支給や一時支援金拡充等については、外出自粛による影響は全国に及んでいることから、全国知事会を通じて、国に対して手厚い支援実施を要望しているところです。 

山口県議会 2021-02-01 03月03日-03号

研究開発補助金の活用により生まれた新たな事業企業誘致に伴う新規雇用など、これまでの取組による成果が多く上がっているところですが、コロナ禍で先行きが不透明な中、とりわけ、中小企業にとっては、新たな挑戦や将来の種まきへの投資が困難な状況にあり、企業によっては、開発プロジェクトの中断を余儀なくされるケースもあると聞いています。