328件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

千葉県議会 2019-02-28 平成31年_商工労働企業常任委員会(第1号) 本文 2019.02.28

具体的には、低所得者や子育て世帯向けのプレミアム商品の発行ですとか、自動車住宅の購入者に対する税制予算措置、あるいは消費者へのポイント還元への支援とか、そういったことで消費の落ち込みをできるだけなくす、あるいは駆け込み需要の反動を減らすといった対策を考えられておりますので、影響というものは認識した上で、そういう対策がされているものだと考えております。  以上です。

京都府議会 2019-02-25 平成31年予算特別委員会当初予算審査小委員会 書面審査 商工労働観光部 本文 開催日: 2019-02-25

このほか、消費税率引き上げを踏まえた中小企業等を支援するため、消費税対応中小企業あんしん経営事業といたしまして、売り上げが減少した中小企業に対する融資制度や価格表示変更などに対応するための補助制度の創設、また地域消費を喚起するプレミアム商品の発行支援など、しっかりと府内の地域経済を支えてまいります。  以上が商工労働観光部の主な新規予算の概要でございます。

福井県議会 2019-02-22 2019.02.22 平成31年第405回定例会(第4号 一般質問) 本文

前回の消費税引き上げのとき、平成27年度でありますが、プレミアム商品においては八つの市町が越前和紙を使用したところでありまして、現在こうした例を参考に、商品券の額面やそのデザイン、販売体制など、事業実施に向けた準備を各市町が行っております。  県としては、事業が円滑に進むよう、市町説明会の開催、問い合わせに対応し、事業の広報などを通し、御指摘の趣旨も踏まえ、市町を積極的に支援してまいります。  

北海道議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会-02月22日-04号

◎(経済部長倉本博史君) (登壇)消費税率引き上げへの対応についてでありますが、国においては、消費税率の引き上げに当たり、軽減税率の導入を初め、消費者へのポイント還元や低所得者・子育て世帯向けのプレミアム商品の発行など、影響緩和に向けたさまざまな対策を講じるものと承知しております。  

鳥取県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会速報版(2/19 代表質問) 本文

消費税対策ということがいろいろ図られてはいるのですけれども、プレミアム商品だとか先ほどお話がありました軽減税率制度も、聞きましたけれどもなかなかこのことを御存じないですよね。IT、IoT対策などということになってくると本当にわからない方が多くて、現場を見させていただいて伴走型支援が必要だなとつくづく思いました。  

福井県議会 2018-12-18 2018.12.18 平成30年第404回定例会(第5号 閉会日) 本文

さらに、一般質問でも述べましたが、ポイント還元やプレミアム商品など、巨額の税金を投入するぐらいなら、増税そのものをやめればいいのです。まちの魚屋、八百屋でポイントがつくところがどのくらいあるのでしょうか。逆に、地域の商売の邪魔をするようなものであります。複雑な税率は混乱するだけです。

千葉県議会 2018-12-14 平成30年_総務防災常任委員会(第1号) 本文 2018.12.14

さらに、消費税率の引き上げに向けましては、内閣府経済財政諮問会議などの合同会議が11月に発表しました経済政策の方向性に関する中間整理の中で、低所得者などへのプレミアム商品の販売、中小小売業の消費者へのポイント還元支援、自動車及び住宅の購入者に対する税制及び予算措置などの対策が盛り込まれ、経済に影響を及ぼさないよう全力で対応することとされています。  説明につきましては以上でございます。

長野県議会 2018-12-11 平成30年11月定例会総務企画警察委員会−12月11日-01号

その8%から10%、軽減税率だとか、あるいはプレミアム商品だとか、まだ難しくて、かけるんだか、かけないんだかわからないような不思議なものもあるし、わかりませんけれども、本来ですと、8%から10%に引き上げた場合、例えば、当初、県は幾らくらい見込んでおるか、お聞きしたい。

北海道議会 2018-12-07 平成30年第4回予算特別委員会第2分科会−12月07日-03号

プレミアム商品に見られる消費のリバウンドでありますが、ふっこう割も恐らく同様の懸念が拭えないというふうに考えております。  このたびのふっこう割は、2月末の販売をもって終了すると承知しておりますが、間違いなく、それ以降にリバウンドが起こるというふうに考えるわけです。  販売終了後は、一体どのような対策を考えているのか、道の見解をお伺いいたします。

大分県議会 2018-12-03 平成30年 第4回定例会(12月)-12月03日−02号

その中では、既に法律で決定された軽減税率制度の実施等に加えて、キャッシュレス化の推進とあわせたポイント還元支援や、自動車税の軽減方針、市町村によるプレミアム商品の発行などが示されております。  また、導入が予定されている来年10月は、ラグビーワールドカップの開催時期と重なります。

京都府議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第3号)  本文

政府は、軽減税率クレジットカード決済でのポイント還元、プレミアム商品などを増税対策だと言いますが、消費者の混乱と中小業者の苦しみを招くものばかりです。インボイス導入には「中小零細業者が取引から排除されてしまう」と中小企業団体から一致して反対の声が上がっています。  今必要なのは、消費税増税ではなく、富裕層や大企業への行き過ぎた減税をもとに戻すことです。

鳥取県議会 2018-11-01 平成30年11月定例会(第6号) 本文

引き上げに伴い、食料品等の軽減税率導入、低所得世帯向けのプレミアム商品、カード利用で5%還元など景気対策を次々打ち出していますが、増税前提では軽減は景気対策にはならず、負担と混乱をもたらし、県経済と暮らしにも重大な影響を与えると考えます。  知事は、県内経済の実態や家計消費をどう見ているのか。増税反対の姿勢を示すべきではありませんか。答弁を求めます。  

香川県議会 2018-11-01 平成30年[11月定例会]経済委員会[商工労働部、交流推進部] 本文

また、低所得対策として「プレミアム商品」2万5000円を2万円で購入できるようにするということですが、そもそも商品券を持って買い物をすれば、「私は低所得者です。」と言って買い物に行くようになるわけで、そういうのはどうなのかという批判も、既に出ています。この点についてはどう思いますか。

京都府議会 2018-10-19 平成30年決算特別委員会 書面審査 健康福祉部 本文 開催日: 2018-10-19

23 ◯片岡高齢者支援課長  満90歳の時点で介護サービスを利用されていない高齢者の方の御家族であったり御本人の健康維持への努力に報いるために本事業を始めたわけでございますけれども、6年間にわたり2万6,000人以上の方にプレミアム商品を交付してきたわけでございます。

長野県議会 2017-11-29 平成29年11月定例会本会議−11月29日-03号

しかし、市町村に深く関係する組織市町村地方創生とのかかわりについて伺ったところ、商工会においては、平成28年5月時点で、地方創生交付金を受けて、プレミアム商品、創業塾、自然エネルギー等に取り組んでいるのは69商工会中25商工会です。ほとんどが商品券で、継続的な事業は少ないとのことでありました。  労組が参画しているのは10市町村であります。

福岡県議会 2017-09-25 平成29年 県民生活商工委員会 本文 開催日: 2017-09-25

今回のアンケート結果をもとに推計しますと、プレミアム商品の利用額約九十二億円のうち、普段の消費が約四十九億円、商品券の入手がきっかけとなった新たな消費が約四十三億円、現金追加による新たな消費が約二十四億六千五百万円となります。その結果、事業全体の消費喚起額は百十六億七千八百万円で、県内経済への波及効果は、関連産業への波及も含めますと百五十三億五千三百万円と推計されます。