7528件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

千葉県議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 質問通告

仮称)千葉県社会福祉センター整備計画について  5.千葉港コンテナターミナルの利用拡大について  6.その他 ─────────────────────────────────── 2 守屋 貴子 議員  立憲民(一般質問) ───────────────────────────────────  1.子ども医療費について  2.食品ロスについて  3.教育問題について  4.公共交通におけるバリアフリー

兵庫県議会 2019-03-13 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日)

インバウンド対策もかなりきめ細かい施策になってきており、また兵庫県の情報発信のため、関西キー局でのPRに着手したり、かねてより要望しておった乗降客1日3,000人未満駅のバリアフリー化への補助が拡充、それから、エアコン稼働のための予算の増額、幼児教育の無償化も0歳から2歳児までを対象としたり、第1子保育料軽減まで踏み込んだ施策も盛り込まれており、まだまだ更に拡充してほしいものではあるが、地域創生の気概

東京都議会 2019-03-12 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文

この大会を迎えるに当たって、東京は、メダルプロジェクトであるとか、暑さ対策であるとか、スムーズビズであるとか、オリ・パラ教育であるとか、復興五輪の取り組み、バリアフリー化、さまざまな取り組みを、この大会を成功させるために、また、これが契機として東京が発展していくために、そういった工夫をしてきたわけであります。

群馬県議会 2019-03-12 平成31年 第1回 定例会-03月12日-06号

次に、群馬県民会館の改修について、実施設計額や工事予定額が質されるとともに、バリアフリー化や駐車場対策への対応が質疑されました。  続いて、文化団体育成について、みやま文庫への補助金額が質され、みやま文庫自体のPRを積極的に行うよう要望されました。  次に、戦略的文化芸術創造について、事業の具体的な内容や、今後どのようなイベントを予定しているか質されました。  

滋賀県議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日県民生活・土木交通常任委員会−03月08日-01号

◆角田航也 委員  バリアフリー対策で、階段昇降機が3カ所とありますが、これはどういった階段昇降機ですか。 ◎田原 文化振興課長  資料の5の3の平面図をごらんください。上段が現況、下段が改修後となっており、右手の2階部分です。現在、エントランスホールから体育館へ上がる箇所については、バリアフリー化が十分にできていません。

鹿児島県議会 2019-03-06 2019-03-06 平成31年予算特別委員会 本文

平成三十一年度予算における県営住宅の整備につきましては、建てかえ等を行う原良団地や松陽台第二団地のほか、既存住宅のバリアフリー化、給湯設備改善、外壁落下防止等、延べ三十七団地において改修を計画しています。  エレベーターの設置状況につきましては、平成三十一年三月一日現在、二十五団地、九十四棟に百十四基のエレベーターを設置しているところであります。

千葉県議会 2019-03-05 平成31年_総合企画水道常任委員会(第1号) 本文 2019.03.05

次に、3の交通バリアフリー対策事業につきましては、高齢者や障害者等の利便性、安全性の向上を図るため、ホームドアやエレベーターなどの鉄道駅のバリアフリー設備の整備やノンステップバス等の導入に対して助成を行うものとなっております。  以上でございます。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。 ◯委員長(小池正昭君) 福田男女共同参画課長。

群馬県議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会厚生文化常任委員会(生活文化スポーツ部関係)-03月04日-01号

私も年に何回か県民会館を利用しているが、大きな課題として、バリアフリーができていない。トイレに行くにしても階段を上がったり、下がったりである。駐車場も足らない。このあたりの課題に対応が図れているか。 ◎山崎 文化振興課長   県民会館の改修については、主にバリアフリー対策、駐車場対策である。

福井県議会 2019-02-27 2019.02.27 平成31年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文

昨年4月から施行している、障害のある人もない人も幸せに暮らせる福井県共生社会条例及び福井県手話言語条例について、その理念や内容を県民に広く理解していただくため、これまで県内各地で出前講座を100回、手話講座を50回実施するとともに、ヘルプカードの配布やバリアフリーの整備助成なども進めている。

東京都議会 2019-02-27 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文

この計画ですが、誰もが円滑に移動できる交通機関や道路等のさらなるバリアフリー化、そして、全ての人が快適に利用できる施設の整備など、ハード面の施策の充実に加えまして、情報のバリアフリーや心のバリアフリーを推進をいたしますソフト面での施策も盛り込みまして、総合的かつ計画的に取り組むことといたしております。  

東京都議会 2019-02-26 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文

建築物バリアフリー条例の改正案について伺います。  本定例会には、建築物バリアフリー条例の改正案が示されています。そこで示されている車椅子使用者用客室のみならず、全ての一般客室を対象にバリアフリーの考え方を取り入れ、義務化を目指す都の積極的な取り組みを評価します。  

福井県議会 2019-02-26 2019.02.26 平成31年総務教育常任委員会及び予算決算特別委員会総務教育分科会 本文

このため、新年度から校舎や体育館などの長寿命化工事と合わせ、エアコン設備の更新を含めた、省エネ、バリアフリー化、内窓の設置や断熱材の増設、体育館への送風機の設置など、生徒の学習環境の改善を計画的に進め、美しい学び舎を次世代につなげていく。  次に、小中学生の体力調査の結果について申し上げる。  

群馬県議会 2019-02-25 平成31年 第1回 定例会-02月25日-03号

県では、バリアフリーぐんま障害者プラン7におきまして、グループホームに係る平成32年度までの必要量を見込み、国及び県単独の補助制度を活用しながら、計画的に整備を進めているところでございます。  精神障害者を含め、全ての障害のある方が地域で安心して生活するためには、住まいの場は基本となるものであり、引き続きグループホームの計画的な整備にしっかりと取り組んでまいりたいと考えております。

群馬県議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会弱者・高齢者対策特別委員会-02月21日-01号

◎小林 障害政策課長   県では、昨年3月に策定した「バリアフリーぐんま障害者プラン7」においてグループホームの必要量を見込み、その確保に向けて計画的に整備を進めている。今後3年間で約230人分の整備が必要である。 ○臂泰雄 副委員長   整備の働きかけや補助など、県はどんな対応をしているのか。