運営者 Bitlet 姉妹サービス
229件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 島根県議会 平成30年_農水商工委員会(9月27日)  本文 これは、御苦労さんでしたが、11月の13日から19日、「美肌県しまね」美肌講座の開催、これは具体的に何されるか知らんけどね、斐川町のハト麦、わしゃ、きのう斐川町の農協といろいろ話いたから、何とハト麦は美肌効果にすばらしいっていうことを、ゆうべわしゃその資料いっぱいもらって見たが、ずっと見ちょったけども、大変な効果があるっちゅうわけだな。県内の者は知らんわな、ハト麦の美肌効果だ。 もっと読む
2018-09-01 島根県議会 平成30年9月定例会(第7日目) 本文 本当にそうかなということが試験してもらいたい、そしてまたハト麦ですよ。斐川農協へわししょっちゅう行きます。あそこは転作のために50町歩もハト麦をつくってます。そして、それを福岡県の穀物会社に出すだけだ。ところが、ハト麦というものは粉にすると、顔がよくなるとか、しみがとれるかわかりません。そんなこと言っちゃいかんそうですが、薬学法で。ともあれ健康のためにいいと、美容のためにいいと言われてる。 もっと読む
2018-08-03 茨城県議会 平成30年営業戦略農林水産常任委員会  本文 開催日:2018.08.03 だけれども,一旦こういうことで20人,30人のプロができ上がると,今度は我々の中から,タマネギの生産部隊,カゴメと連携する3カ年,5カ年計画のカゴメの問題を解決する部隊,それから白ハトさん,ここ来ていますけれども,3年前から白ハトさんのサツマイモをつくり始まったり,これから我々のアグリビジネスユートピアで育てた農業のプロたちが,いろいろな部会をつくって有機栽培とかをやっていって,やがてこれは,最初に もっと読む
2018-02-26 滋賀県議会 平成30年 2月定例会議(第22号〜第30号)−02月26日-04号 例えば、大津市内の朝日が丘・神領・石山団地、東近江市の沖野原団地、野洲市の上屋団地などにお住まいの方から、上の階や下の階からの騒音で寝られないといった御相談や、雨漏りがするとか、ハトのふんで困っている、また、自治会の運営がうまくいかないといったものまで、さまざまな御相談を受けてまいりました。そのたびに、住宅課や管理センターの皆様には大変お世話になってきました。   もっと読む
2018-02-22 京都府議会 2018.02.22 平成30年予算特別委員会当初予算審査小委員会 書面審査 建設交通部 本文 亀岡市の吉川町にある府営住宅の件でございますけれども、最近ハトが非常に多くて、吉川の穴川団地ではすごい状況になっておるということは私自身もお願いをさせていただいたところであります。しかしながら、その対策についてまだ十分に全てが完了していないようにお聞きをしておるんですが、今の現状と今後の対策の進捗について再度御確認をしたいと思います。 もっと読む
2018-02-01 富山県議会 平成30年2月予算特別委員会 いなば農協は、ハト麦で頑張っておるという、主にそういう評価で上位に来ておるようでございます。  こうした中国の米市場に対し、今後県としてどのように米輸出に取り組んでいくのか、石井知事にお伺いします。 石井知事 米の国内市場が縮小傾向にある中で、やはり、海外市場の新たな需要先の開拓は重要と考えております。   もっと読む
2017-12-14 広島県議会 2017-12-14 平成29年建設委員会 本文 特に、正面玄関に入ったところの、鉄板でつなげているハトの工芸品や、スロープについても、美的感覚を持ってやってください。  それから、これはお願いなのですけれども、今回の一般質問ぐらい公共事業の必要性を語られた議会はなかったのかと思いました。具体的に言うと、一番多かったときは2,710億円で、来年度は大体750億円で、一番多いときの28%なのです。 もっと読む
2017-06-26 富山県議会 2017.06.26 平成29年農林水産委員会 また、収益性の高い農業に取り組むために、米に加えて園芸に取り組んでいくことも大事であり、タマネギやハト麦がありますが、もっと一大産地を形成する動きになっていけばと思っております。   もっと読む
2017-06-06 富山県議会 2017.06.06 平成29年農林水産委員会 その中でも、JAとなみ野のタマネギは販売額が5億円に迫るまで成長しておりますし、JAいなばのハト麦、JAくろべのネギ、JAいみず野のエダマメ、あるいは県下全域をターゲットにしたニンジンに成果が出てきているという状況です。  今、委員から御紹介のありましたニンニクですが、一部の農協で1億円産地づくりの戦略品目に位置づけておられます。 もっと読む
2017-03-14 東京都議会 2017-03-14 平成29年予算特別委員会(第2号) 本文 食品テロや、今も写真でごらんになったようにネズミ、カラス、ハトも出入りして、ふんにはウイルスや病原菌が含まれ、食中毒のリスクが高いことは自明のことです。その高いリスクの中で、市場業者の皆さんはしっかりと、ある意味でソフト面で頑張っていらっしゃいます。  一方、豊洲は閉鎖型であります。どちらが衛生的なのか知事に所見をお伺いしたいと思いますが、いかがでしょうか。 もっと読む
2017-02-27 栃木県議会 平成29年度栃木県議会第347回通常会議-02月27日-03号 また、フクロウを呼び戻すことによって、ハトやカラスなどによる、ふん害を減少させるという効果もあるため、奈良の東大寺からも要望がありまして、ここにも巣箱をかけまして、2年連続してひなが育っているという情報もございます。   もっと読む
2017-02-08 茨城県議会 平成29年農林水産常任委員会  本文 開催日:2017.02.08 また,県の園芸研究所内にございます6次産業化オープンラボラトリーでの加工品開発の支援のほか,(3)にありますように,産地と食品企業等との連携を支援して,地域ぐるみでの6次産業化を進めているところでございまして,最近の主な事例といたしましては,JAなめがたと大学芋など,さつまいもの加工品の製造販売を手がけている白ハト食品工業が連携して設立したなめがたしろはとファームの取り組み,また,キリンビバレッジとさしま もっと読む
2016-12-22 秋田県議会 平成28年 第2回定例会 第14日 自民党ハト派の代表だった、元党総裁の河野洋平・元衆院議長は、憲法改正について、「改正の必要性を感じない。改憲して国防軍にし、防衛大綱を改定して装備を充実するとなれば、周辺の国々に防衛計画改定を進めるようなもの。際限のない軍備競争のきっかけをつくる必要は全くない。日本を取り巻く安全保障の環境が変わっているとの主張もあるが、こういうときこそ、ますます外交努力をするべきだ」と答えております。   もっと読む
2016-10-06 福井県議会 2016.10.06 平成28年予算決算特別委員会 本文 それでは、冷静に自民党ハト派斉藤新緑として審議をしていきたいと思う。  まず、代表質問の冒頭でも申し上げた、知事の招集によって議員が集まり、知事の提案を審議するのである。私どもは、県民の最終の意思決定機関であるので、しっかりやらなければならない。特に右肩上がりの時代ならともかく、今日の時代、最小の費用で最大の効果を上げる、そのためには何が必要かということである。 もっと読む
2016-09-16 大分県議会 平成28年 第3回定例会(9月)-09月16日−05号 また、私どもの宇佐平野では、ハトの大豆被害が大変多く、何とか対策を講じてほしいという要望が多くの生産者から寄せられていますが、県はどのように実態を把握しているのか、また、その対策についてお伺いします。   〔元吉議員、対面演壇横の待機席へ移動〕 ○田中利明議長 ただいまの元吉俊博君の質問に対する答弁を求めます。広瀬知事。    もっと読む
2016-09-16 大分県議会 平成28年 第3回定例会(9月)-09月16日−05号 また、私どもの宇佐平野では、ハトの大豆被害が大変多く、何とか対策を講じてほしいという要望が多くの生産者から寄せられていますが、県はどのように実態を把握しているのか、また、その対策についてお伺いします。   〔元吉議員、対面演壇横の待機席へ移動〕 ○田中利明議長 ただいまの元吉俊博君の質問に対する答弁を求めます。広瀬知事。    もっと読む
2016-09-01 和歌山県議会 平成28年9月 和歌山県議会定例会会議録 第3号(全文) 全体の一部しか写っていませんけども、この中には動物、ハトや鳥、そして家、また力士などが確認できると思います。本当に何となくかわいらしくて、癒やしを感じるのは私1人ではないと思います。  手前に写っている頭部の表裏に顔面がある人物埴輪、両面人物埴輪でございます。 もっと読む
2016-08-19 宮城県議会 平成28年  8月 総務企画委員会-08月19日−01号 そんな、ハトが豆鉄砲食らったようなということは。非常勤職員の待遇というのは、格差が非常に大きいんだから、それはやっぱりちょっと問題ありますよ、これ。どうなの。 ○(本木忠一委員長)   佐藤課長、非常勤職員の待遇については、どうなんですか。 もっと読む
2016-06-16 高知県議会 平成28年  6月 総務委員会-06月16日−01号 例えば、1階の録音室の遮音仕様の変更によりますものや、ハトなどによる鳥害対策のための電線を敷設することなどによりまして、工事費を増額する必要が生じましたので、契約金額を2億9,700万円余り増額しようとするものです。   もっと読む
2016-03-02 神奈川県議会 平成28年  環境農政常任委員会-03月02日−01号 自然環境保全課長  カラスやハトなどによる生活被害でございますけれども、考え方といたしましては、他の鳥獣被害と同じように、市町村が中心となって地域住民と連携しながら被害対策を行っていただくというのが基本であると考えてございます。  一方で、カラスやハトの生活被害ということになりますと、被害を受ける。 もっと読む