5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

茨城県議会 2018-08-01 平成30年保健福祉医療常任委員会  本文 開催日: 2018-08-01

これ,私が勝手に言っているわけではないのですけれども,ニューイングランドジャーナルオブメディシンという,世界で最も権威ある医学雑誌に載った論文です。これは年齢別に何歳から塩分制限すると死亡リスクが下がるかというのを言っています。30代,40代で塩分制限を始めると,死亡リスクは7.5%下がりますが,75歳,後期高齢者になってから塩分制限を初めても,2%ぐらいしか下がりません。

茨城県議会 2014-07-30 平成26年保健福祉常任委員会  本文 開催日: 2014-07-30

この件につきましては,アメリカでも,ここに書いていますけれども,コストとの問題をどう考えるかというのがまだただごとではないということの論文,これは2010年のニューイングランドジャーナルオブメディシンといって,臨床の雑誌の中では一番権威のある雑誌ですが,そこで取り上げられている。

茨城県議会 2009-04-23 平成21年土木常任委員会  本文 開催日: 2009-04-23

こういうようなデータをもとに,先ほど最初にお示ししたように,今は日本でも一般の人が電気ショックを打てるんですが,同じようなことが──これはニューイングランドジャーナルオブメディシンという,これはイギリスの医学雑誌ですけども,いわゆる航空会社のフライトアテンダント,スチュワーデスに同じような教育をして,実際に飛行機の中で倒れた方がいらしたんですが,その方たちがきちっと生存退院なさっていると。  

長野県議会 1997-10-07 平成 9年 9月定例会本会議−10月07日-04号

各社は取り上げなかったのでありますが、さすが朝日新聞のみが7月22日朝刊にて、「小児白血病発生 磁場とは関連せず 米研究所発表」とのタイトルのもとに、「米国立がん研究所マーサ・リネット博士らのグループが、15歳以下の小児白血病患者と健康な子供1,258人について、実際の居住環境での磁場の強さを詳しく調べたところ、小児白血病発生率磁場の強さにはほとんど関係が見られないという結果を米国の医学誌ニューイングランドジャーナルオブメディシン

  • 1