運営者 Bitlet 姉妹サービス
30870件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-15 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号 その結果、小国町の岳の湯、はげの湯地区において地熱開発がきわめて有望であるという貴重なデータが得られたわけであります。  そのデータを紹介しますと、まず地熱発電についてでありますが、五十六年度に地熱発電所調査井掘削事業を行いました。 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 文科省のデータによる質問に対して、教育長は、一人の教員が持つ子供の数が一定数を超えたら余り変わらないじゃないかっていっているじゃないですか。だけど、少なくなれば少なくなるほど、教師の負担は減る、労働時間が減るという文科省のデータがあると。ご存じないですか。もう一度お答えください。 もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 来年度は、有償の手続における手数料収納のオンライン化や、データ容量の大きな添付資料を必要とする手続への対応を行いまして、さらなるオンライン化を進めてまいります。 もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 ちなみに、データ、統計というふうにもいえますけれども、統計といえば今、国で問題になっているところがございます。ちなみに統計というと、戦後直後にマッカーサー元帥とのやりとりの中で、吉田茂元首相が当時、興味深いことを発言されておられます。   もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 産学連携でロボット、ドローン、8K、テレイグジスタンス、スマートモビリティーといったハード系に加え、AI、データ流通基盤など、上流の実装も進める計画とのことです。  都では来年度、ソサエティー五・〇の実現加速のための調査検討を行う予定ですが、この竹芝のような地域での世界をリードする先進的な活動とどのように連携を図っていくのか、見解を伺います。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 加えて今回、早期災害対応を目的に、狭隘地域での到着時間の短縮を目的とした対策に力を入れるとともに、都内の火災の過去データをベースにした火災発生予測にも取り組むとしています。  そこで、東京消防庁では、住宅火災から都民の命を守るための住宅防火対策に一層力を入れるべきと考えますが、消防総監の見解を伺います。  早期災害対応について伺います。   もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日商工観光公安委員会-12月19日-01号 ◎徳田博 商工労働部長  先ほど申し上げたように、インターンシップに参加した学生の6割がその企業へ就職するというデータもあり、企業にとってこのマッチング交流会は人材を獲得する非常に有効な手段だと一般的に言われております。   もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 むしろ、環境確保条例の改正案が示すように、データなどの情報公開を進めるとともに、重視し規制すべきデータと、それ以外のデータとをきちんと立て分ける取り組みの方が費用対効果の点からしても説得力があり、環境対策上も現実的に効果を上げていきやすいものと考えます。  最後に、いわゆる地方法人課税の偏在是正措置について申し上げます。   もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日環境農林建設委員会-12月19日-01号 ◎遠藤知庸 農林水産部長  国が示しているさまざまな食用米に関する情報の中に、各県別の需要数量というデータがあります。それで過去を見ていくと、全国的には需要が下がっているのですが、石川県の需要は、逆に少し伸びている状況もあり、適切な需給関係と価格安定も考えた数量ということで、今回、前年度並みに据え置きました。 もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 経産省のデータによると、水ビジネス市場は2020年には100兆円を超えるというふうな状況である。世界の水道民営化に関する調査機関によると、世界37カ国、235都市が一度民営化した水道事業を再び公営に戻している。 もっと読む
2018-12-13 愛知県議会 2018.12.13 平成30年総務県民委員会 本文 視察時には、過去の台風のデータ等を用いて実証実験を行っていたようだが、本年9月には、台風第21号及び台風第24号などの災害が発生し、多くの地域で避難情報が発令された。本年6月から、県内17市町村で順次運用されていると聞いているが、本年度の6月から10月の出水期での市町村防災支援システムの実運用を踏まえた評価及び課題を伺う。 もっと読む
2018-12-13 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会-12月13日-04号 海岸線の汀線変化のデータなどあればあわせてお聞きします。  また、九月の一般質問の答弁では千里浜なぎさドライブウェイの入り込み客数について、「ことし六月から八月の入り込み客数は台風などの影響もあり昨年の五%減であった」とのことでありました。 もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会県民文化健康福祉委員会-12月12日-01号 厚生労働省データでは、介護療養病床の入院患者さんの85%が退院困難という結果が出ているわけですけれども、長野県は状況調査というのは行われましたか。もし数字がわかればお願いしたいと思うんです。 ◎小山靖 介護支援課長 実際に入院をされている患者さんの状況についてのデータは、県では持ち合わせてございません。 もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会環境産業観光委員会−12月12日-01号 うちのほうも沖縄とか、千葉とか修学旅行として長野県にやってくる県が幾つもあるんですけれども、さっきデータを出してもらいましたが、傾向としてはどんなことか、課長から伺いたいと思います。 ◎丹羽克寿 観光誘客課長 スキーの関係でございますけれども、全体に学習旅行につきましては、一旦、底を打って、また少しずつ、努力で戻ってきている形になっております。 もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会総務企画警察委員会−12月12日-01号 委員おっしゃるとおり、ネット上でデータをやりとりするものですから、まず、今までファックスで、紙でやりとりしていたものが、データでやりとりすることによって、迅速化が図れるのはもちろんそうなのですが、あわせて、それがそのまま、ネットを通じて、システムの中で、そのまま計算できてしまうということで、その点も迅速化に寄与すると思います。 もっと読む
2018-12-12 北海道議会 平成30年第16回建設委員会会議録−12月12日-01号 まだ我々の記憶に新しいのが、平成28年の十勝川の連続台風のとき、災害発生直後に河川の水量データの収集等に当たられていた維持管理業者の方が巻き込まれて亡くなるという大変痛ましい事態も生じております。   もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会農政林務委員会-12月12日-01号 まず、今、御指摘がございましたとおり、林地台帳につきまして、来年4月から市町村ごとに公表されることが義務づけられており、県では、県で持っております森林簿、あるいは登記簿の情報から森林台帳原案という形でデータを各市町村に配布し、各市町村でその情報のさらなる精緻化という作業を進めていただいて、来年4月から公表される運びということで進んでおります。   もっと読む
2018-12-12 群馬県議会 平成30年第3回定例会公共交通・観光振興特別委員会−12月12日-01号 ◎松岡 交通政策課長   (資料1「公共交通情報のオープンデータ化事業の進捗状況について」を説明) ○南波和憲 委員長   以上で説明は終わりました。 △付議事件の質疑 ○南波和憲 委員長   これより質疑に入ります。質疑及び答弁におかれましては、簡潔明瞭にお願いいたします。 もっと読む
2018-12-12 群馬県議会 平成30年第3回定例会県産品需要拡大特別委員会−12月12日-01号 ◎石田 林業試験場長   まずは、公共建築物等に県産材を安心して使ってもらうための、強度データ等の集積を行い、工務店や設計士の方に構造計算に活用してもらえるようにしたい。また、大規模な構造物となるため、新たな部材の開発も必要と考えている。開発にあたっては、林業試験場独自で進めるのではなく、いろいろな方からアイデアをいただいて、構造物の規模に応じてどのようなものが良いか具体的に検討していきたい。 もっと読む
2018-12-12 鹿児島県議会 2018-12-12 平成30年産業経済委員会 本文 ハウス栽培におきましては、ハウス内の温度や湿度などをモニタリングデータとしてその活用をしたり、環境を自動制御することによりまして、植物の生育に最適な状況をつくる、そして収穫量の増加と高品質化を進めながら、農家の所得向上を図るとともに、より競争力の高い産地力の強化を目指すというものでございます。  四つ目につきましては、中山間地域等の条件不利地における持続的農業の実現ということでございます。   もっと読む