11112件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東京都議会 2020-03-13 2020-03-13 令和2年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文

当時の東京市長尾崎行雄が五日間に及んで現地踏査をしたことから始まっていまして、保全された森林は土砂流入の防止や雨水浸透の効果を発揮して、そのために小河内ダム建設五十年以上経過してもなお、驚異的な有効貯水量を誇っているということらしいんです。  都の水源林以外の森林も、多くは樹木が混み合い、荒廃が懸念されております。

東京都議会 2020-03-09 2020-03-09 令和2年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文

ダウンサイジングを踏まえた施設の再構築が必要であり、八ッ場ダムを初めとする無駄な水源開発や過剰な施設整備を進めていく水道事業会計予算には反対です。  都議会生活者ネットワークは、持続可能な社会づくりを多くの都民とともに進め、都民の多様な暮らしに、安全と安心をつくり出す、未来への責任ある予算執行を求め、討論を終わります。

滋賀県議会 2020-02-12 令和 2年 2月12日総務・企画常任委員会−02月12日-01号

小川泰江 委員  22ページのダムの適切な管理・運用の部分で、前回に幾つか意見が出ていました、農水ダムも含めた事前放流の検討や、緊急放流等も想定したハザードマップの作成は、早速反映していただいていると理解させていただきました。次の台風シーズンまでには、これは絶対に必要なことだと思うのですが、次の夏の台風シーズンまでには実際にできるようになるのかどうか伺いたいと思います。

千葉県議会 2020-02-01 令和2年2月定例会 発議案

令和  年  月  日                      千葉県議会議長    衆議院議長    参議院議長   あ て    内閣総理大臣    農林水産大臣 発議案第15号  長崎県「石木ダム建設強行の見直しを求める意見書について   上記議案を別紙のとおり千葉県議会会議規則第14条の規定により提出します。   

千葉県議会 2020-02-01 令和2年2月定例会 発議案取扱状況

│   │求める意見書について              │         │       │         │    │    │    │林水産        │    │  │ ├───┼────────────────────────┼─────────┼───────┼─────────┼────┼────┼────┼───────────┼────┼──┤ │   │長崎県「石木ダム

千葉県議会 2020-02-01 令和2年2月定例会 質問通告

通告一覧   〔第4日目〕 ─ No.3                            2月25日(火) ─────────────────────────────────── 5 市原  淳 議員  無所属(一般質問) ───────────────────────────────────  1.高齢者福祉について  2.医療について  3.道路について  4.河川について  5.田んぼダム

石川県議会 2019-12-18 令和 元年12月18日予算委員会−12月18日-01号

これまでに河川改修や九谷ダムの整備などによりまして、幸いにも近年では家屋等への浸水被害もなくなりました。整備効果を大変ありがたく実感をしておりますが、近年この大聖寺川に、大聖寺の市街地、中流部のJR橋の下あたりから国道8号線橋の上流部の間の河川敷に大きな樹木やら竹の林が茂ってまいりました。

千葉県議会 2019-12-17 令和元年_総合企画企業常任委員会(第1号) 本文 2019.12.17

最後3点目は、これもやっぱり工業用水及び一般の家庭水道の利水と両方絡むので本常任委員会でお聞きしたいんですが、八ッ場ダムの稼働が本格的に始まった場合の予備排水の検討と本企業局の利水権もやっぱり絡んでくると思いますので、2点お尋ねします。  八ッ場ダムの本格稼働はいつからなのかとか、試験湛水はいつごろ完了の予定かというのが1点目。  

群馬県議会 2019-12-16 令和 元年 第3回 定例会−12月16日-12号

早期導入による新たな交通観光の拠点づくりについての請願   1 中小企業の振興について   2 企業誘致の推進について   3 観光物産の振興について   4 労働者支援と労働環境整備について   5 雇用対策の推進について   6 コンベンション施設整備・コンベンション誘致について   7 道路・橋梁の整備促進について   8 交通対策について   9 河川砂防対策の促進について   10 八ッ場ダム

栃木県議会 2019-12-16 令和 元年度栃木県議会第361回通常会議-12月16日-07号

一方、利根川では、上流の7つのダム群で河川の水位上昇を抑えるとともに、渡良瀬遊水地では過去最大の貯留を行い利根川の氾濫を防いでおり、県内でもこれら洪水調節施設効果は非常に有効であることが確認されました。将来にわたり県民の生命財産を最大限に守るためには、洪水調節機能の強化を含め治水対策を早急に進めていく必要があります。  

石川県議会 2019-12-13 令和 元年12月第 5回定例会−12月13日-04号

さらに、ダムに依存した河川対策の矛盾が浮き彫りになった教訓を生かす立場から幾つかお尋ねをいたします。  台風十九号では、六つのダムの事前放流が行われましたが、不十分と指摘され、西日本豪雨災害では事前放流をしていれば倉敷市真備町等の水害は防げたとも言われています。識者からは、治水、利水ダムの操作ルールが大ざっぱで曖昧で信頼性に欠けることが背景にあると指摘されています。  

滋賀県議会 2019-12-13 令和 元年12月13日環境・農水常任委員会-12月13日-01号

その中で、例えばアメリカダム湖の調査結果の中で、ブルーギルの多いか少ないかと、水草が多いか少ないか、こういった因果関係を調べているところによると、非常に水草が大きな影響を与えている、水草が少ないとブルーギルも少ないということです。まさに今の状況を物語っているのではないかと思っています。  琵琶湖全体の外来魚の多さからいくと、南湖が集中して多いところです。

佐賀県議会 2019-12-12 令和元年県土整備・警察常任委員会 本文 開催日:2019年12月12日

県内は県営ダム十三カ所、それから直轄ダム二カ所ありますが、そのほとんどが洪水調節や不特定用水、河川維持用水が多く、それに加えて上水道用水となっています。このほか、直轄ダムを含めて発電が三カ所、工業用水四カ所が目的として加わっています。  これらのダムは、洪水発生時にも一定の容量が保たれています。

千葉県議会 2019-12-12 令和元年_県土整備常任委員会(第1号) 本文 2019.12.12

また、公共土木施設については、被災した道路港湾などインフラの復旧事業について、指名競争入札の適用範囲を拡大し、工事の早期着手と早期復旧を図るとともに、災害に強い道路ネットワークの整備、河川ダムにおける治水対策の充実、土砂災害警戒区域の指定促進や最大規模の降雨による洪水浸水想定区域の早期公表など、ハード、ソフト両面から防災力の向上に向けた取り組みを推進してまいります。  

石川県議会 2019-12-11 令和 元年12月第 5回定例会−12月11日-03号

議員御指摘の浅野川大橋より上流の区間については、現在のところ治水上支障となるような堆積土砂は確認されないわけでありますけれども、浅野川はもともと上流にダムがありませんし、ダムをつくるような場所もないわけでありますので、水量調節がなかなかできないことに加えまして、その前後の区間に比べまして川幅が大変広いということがございまして、夏場など水量が減少する時期には川底の一部が露出をしてたまり水が生じたり、雑草