5116件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東京都議会 2020-03-13 2020-03-13 令和2年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文

中央卸売市場における市場別業者別数の推移(10年間) 149 中央卸売市場における取引方法別割合及び取扱金額の推移 150 直轄事業負担金の推移 151 都心5区の交通渋滞発生状況 152 都市水害の状況 153 骨格幹線・地域幹線道路の事業概要と財源内訳 154 道路橋梁費の整備費と維持補修費の補助単独別内訳 155 都立の都市公園整備の推移(過去10年間、区部・多摩別) 156 臨海関係第三セクター

石川県議会 2019-12-13 令和 元年12月第 5回定例会−12月13日-04号

私たちのふるさと能登にも、JR西日本が管理する七尾線と第三セクターであるのと鉄道株式会社が管理するのと鉄道があります。七尾線においては、JR西日本が全車両の新型車両への更新と交通系ICカード「ICOCA」の導入を発表したことにより、JR西日本による経営持続の意思を示してくれたと地元一同一安心しているところであり、今後ますます七尾線がよくなることと確信しています。  そこで伺います。

栃木県議会 2019-12-11 令和 元年12月県政経営委員会(令和元年度)-12月11日-01号

◎國井 次長人事課長 人事委員会勧告制度は、労働基本権の制約が公務セクターにはあるということで設けられている制度でございまして、栃木県のスタンスといたしましては、基本的に勧告は実現していくというスタンスでこれまで対応してまいったところです。 ○佐藤良 委員長 ほかに質疑はございますか。  岩崎副委員長。

北海道議会 2019-12-10 令和元年第4回予算特別委員会-12月10日-02号

新幹線開業に伴う並行在来線区間の第三セクター鉄道会社への使用料も上昇して、鉄道建設・運輸施設整備支援機構からも補填を受けているわけであります。  JR北海道等による鉄路存続が鍵を握るわけでありますけれども、代替トラック等の輸送では、運転手や運搬車両の不足等、課題も多くて、モーダルシフトの推進や定時性、大量輸送等の面で有利な鉄道貨物の存続は、本道にとっても大変重要と考えるわけであります。  

京都府議会 2019-12-01 令和元年持続可能な地域社会に関する特別委員会12月定例会 本文

今はやっているのに、クロスセクター理論というのがあります。もし、今のバスがなくなったら、いろんな分野からお金を出さなければならないよねと。逆に、公共交通は、いろんな分野の予算を抑えるために機能しているんですよと。例えば、高齢者バスに乗って移動するので健康になるから福祉予算が抑えられますと。商店街で買い物をするので、商工会予算が抑えられますよと。

東京都議会 2019-11-18 2019-11-18 平成30年度公営企業会計決算特別委員会(第3号) 本文

 「東京ベイエリアビジョン(仮称)の検討に係る官民連携チーム」による提案の位置付け及び「東京ベイエリアビジョン(仮称)庁内検討委員会」におけるIRに関する検討について     ウ ビジョンの目的及び策定理由について     エ これまでのまちづくりとビジョンへの反映及び築地まちづくり方針との整合性について     オ 平成26年度のIRに関する調査業務委託との関係について    8) 臨海関係第三セクター

北海道議会 2019-11-07 第31期 令和元年第8回北海道地方路線問題調査特別委員会会議録−11月07日-01号

そして、結果的には維持困難というふうになりましたけれども、途中の段階で旭川−名寄間が高速化され、あるいは車両もスーパー宗谷に新しくなってよい部分もありましたが、詳細を確認してみると、北海道高速鉄道開発株式会社という第三セクター組織が実施をしたものであって、結局のところJR北海道は、我々の地元のほうには投資をしてくれていなかったのだなというのが私の正直な気持ちです。  

東京都議会 2019-10-30 2019-10-30 平成30年度公営企業会計決算特別委員会第1分科会(第4号) 本文

臨海関係第三セクターのビル入居率の推移でございます。  平成二十六年度から三十年度までの各年度末におけるビルごとの入居率をパーセントで記載してございます。  九ページをお開き願います。臨海副都心用地の長期貸付等に係る賃貸料収入の推移でございます。  平成二十六年度から三十年度までの五年間における賃貸事業収入につきまして、それぞれ長期貸付等及び暫定利用を記載してございます。  

千葉県議会 2019-10-23 令和元年_決算審査特別委員会(第3号) 本文 2019.10.23

これは第三セクター鉄道ですから、首都圏新都市鉄道株式会社が運営をしている。資本金は1,850億円、この資本の89%、約9割を自治体が占めている。県もそこに参画をしてるわけなんですが、ことしの5月に、ことしの2月、昨年度に起こったつくばエクスプレス事故について、経済情報誌のZAITENが報道をしてます。

栃木県議会 2019-10-23 令和 元年10月県土整備委員会(令和元年度)-10月23日-01号

右欄の概要説明欄にありますように、1つ目、2つ目、県内の第三セクター鉄道路線バスなどの生活交通の維持・充実、5番目、公共交通機関バリアフリー化、その下の芳賀・宇都宮LRT整備事業への助成等に要した経費でございます。  7ページをごらんください。  まず、1段目、運輸事業振興費でございます。

京都府議会 2019-10-15 令和元年決算特別委員会 書面審査 農林水産部 本文 開催日: 2019-10-15

165 ◯沼田農林水産部長  南部市場につきましては、我々も出資した形で第三セクター方式で、卸会社も含めて、京都総合食品センターというところが開設者になって施設運営をしているところでございます。ですので、この第三セクター会社で今後どうしていくかというのは、るる検討をずっとしております。  

茨城県議会 2019-10-09 令和元年決算特別委員会  本文 開催日: 2019-10-09

この要因でございますが,健全化を図るために,まず県債残高の縮減,それから,将来負担比率におきましては,これは県の一般会計だけではなくて,病院事業とかの公営企業会計,それから,第三セクター住宅供給公社,開発公社の不採算部門がそれに計上されますので,第三セクターの業績の改革を行ったということが,行革の努力をしてきた結果と。  

千葉県議会 2019-10-07 令和元年_総合企画企業常任委員会(第1号) 本文 2019.10.07

鉄道、私の住む──小湊鉄道、また千葉県にはローカル鉄道が2線、銚子電鉄も含めてあるわけですが、常時から、ぜひ第三セクターとか、JRじゃないと言っても、やはり住民にとっては非常に貴重な足ですので県の支援をお願いしたいんですが、今回は災害に特化して、今回、うちの市原市の南のほうで通学、通勤、特に通学で小湊鉄道、また、それに付随して小湊バスが運行が不通になったことにより、小中学校が1週間開けなかったというところもあります

滋賀県議会 2019-09-30 令和 元年 9月定例会議(第9号〜第15号)−09月30日-04号

いわゆるクロスセクター効果というものでありますが、このクロスセクター効果につきまして、近江鉄道線に即し、説明をお願いいたします。 ◎知事(三日月大造) 地域公共交通のクロスセクター効果は、地域公共交通を廃止したときに追加的に必要となる多様な行政部門の分野別代替費用と、運行に対して行政が負担している財政支出を比較することにより把握できる多面的な効果ということだそうでございます。  

長野県議会 2019-09-30 令和 元年 9月定例会本会議-09月30日-05号

この構想では、プラットフォーム・ビルダーという言い方をされておりますけれども、私どもは、地域振興局を設置するときに、局長にはトライセクターリーダーとしての役割を期待するという形で申し上げてきておりまして、公共私もつないでいくという観点では近い概念ではないかというふうに思っております。

群馬県議会 2019-09-26 令和 元年第3回定例会総合計画に関する特別委員会−09月26日-01号

その中で、国や県といったセクターまで3年という短期間での計画を立てるとなると、考え方としては2つに分かれると思うが、先が見えないから3年ごとで区切るという考えもあると思うが、公のセクターとしては、先が見えないからこそ少し長めのものを示すことによって、そういった見通しがあると県民や企業が安心できるのではないか、という考えもある。先が見えない時代だからこそ、20年計画ということである。

長野県議会 2019-09-26 令和 元年 9月定例会本会議-09月26日-03号

現在、県内の公営キャンプ場の多くには指定管理者制度が導入されており、例えば、市町村の公社や第三セクター、NPO法人組合社団法人など地元の関係者、そして民間企業などが指定管理者となっております。アウトドア関連企業との連携につきましては、県と株式会社モンベルがアウトドア活動の促進による本県の活性化を目的に包括連携協定を結んでおります。

栃木県議会 2019-09-25 令和 元年度栃木県議会第358回通常会議-09月25日-03号

しかしながら、時代の変化の中で、ほかの第三セクター鉄道同様、非常に厳しい経営状況にあり、経営的な厳しさがある中で、さまざまな経営努力や国や県からの支援、また、沿線自治体の支援等により運営してきたわけでありますが、少子化による利用者の減少や、近年においては燃料費の高騰など、取り巻く環境は非常に厳しい状況にあるわけであります。