28件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

京都府議会 2020-11-25 令和2年農商工労働常任委員会閉会中 本文 開催日: 2020-11-25

まず、1点目として、加工用原材料となる農林水産物生産拡大につきましては、健康機能性が高い京都オリジナル品種の開発を進めることにより、また原材料そのもの付加価値化を高め、京野菜や「京の輝き」など実需ニーズの高い農林水産物につきましては、スマート農業機械実装化等により生産効率化省力化などを行い、生産体制の強化を図ってまいりたいと考えております。  

長野県議会 2020-10-05 令和 2年 9月定例会農政林務委員会-10月05日-01号

おおむね実用化に向けた試験等が、今年度のスマート農業の展開の中で取り入れて確認がされているところでございまして、来年度からは、いよいよ市販に向けて対応していきたいというところまで来ているということで、こういったスマート農業機械活用ということも、一つ視野に入れて導入を進めていただけたらと思っています。

佐賀県議会 2020-09-24 令和2年農林水産商工常任委員会 本文 開催日:2020年09月24日

また、今議会では農業大学校において就農のための研修に使用するスマート農業機械導入する事業費として八千七百万円余りが提案をされております。  就農を目指す農業大学校の学生が最先端スマート農業機械を用いて実習することは、将来の本県農業を担う青年農業者育成にとって非常に有意義なことと考えているところでありまして、こういった取組にも大いに期待をしているところであります。  

福井県議会 2020-09-16 令和2年第412回定例会(第3号 一般質問) 本文 2020-09-16

県といたしましては、スマート農業機械導入を促進するため、今年度から補助事業対象事業費上限額拡大いたしました。また、現在、作業精度を高めるためのGPS基地局を県内5か所に設置し、今年度中に運用を開始する予定としております。これらによりまして生産者初期投資軽減を図ってまいります。  

佐賀県議会 2020-09-05 令和2年9月定例会(第5日) 本文

一、「農業大学校農業機械等導入事業」について、就農を目指す農業大  学校生が、最先端スマート農業機械を用いて実習し、経営改善の感  覚を養うことは、将来の佐賀農業を担う若手農業者育成に非常に有  意義であるため、積極的に事業に取り組まれたい。  などの意見が出されました。  次に、付託議案及び所管事項一般として申し述べられました、主な質疑の概要を申し上げます。

京都府議会 2020-09-01 令和2年産業の担い手の確保・育成に関する特別委員会9月定例会 本文

具体的には、令和元年度から、京都農業会議などに、スマート農林水産技術についてのワンストップ相談窓口を開設しますとともに、スマート農林水産業実装チャレンジ事業を創設し、生産者補助金を交付して、スマート農業機械導入を促進しているところでございます。  

佐賀県議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第1日) 本文

このため、農業大学校農業系高校教育現場において、ロボット技術ICT活用したスマート農業機械導入を進めてまいります。薬剤散布ができるドローンGPSを使ったトラクターなど最先端農業機械を使った農作業省力化効率化を学ぶ環境を整備することで、将来の佐賀農業を支える稼げる若手就農者育成してまいります。  

山口県議会 2020-09-01 09月29日-06号

本県においても、農業分野でのドローン導入活用が始まっていますが、ドローンをはじめとしたスマート農業機械活用は、若い人たちの活躍の場の創出、農業の軽労化省力化のために有効であり、これまで以上に積極的に導入していくことの必要性を改めて感じたところであります。 一方、コロナ禍において、新しい生活様式に対応した取組が求められていますが、それは農業界においても同様であります。 

京都府議会 2020-06-01 令和2年農商工労働常任委員会及び予算特別委員会農商工労働分科会6月定例会1日目 本文

WITHコロナ社会における農業分野での人材不足を背景に、即戦力となる人材育成していくため、府立農業学校スマート農業機械導入するための経費として、2,000万円を計上させていただいております。  なお、本事業につきましては、教育委員会と共管で1億円を計上しており、農業系府立高校においても同様の取組をしていただくことになっております。  2つ目でございます。

岡山県議会 2020-03-06 03月06日-06号

JA雄部会への支援についてでありますが,県ではこれまで雄町の高品質安定生産に向け講習会等を通じた技術指導スマート農業機械導入支援のほか,関係団体と連携し,国際水準GAP認証取得への支援などに取り組んできております。引き続き各部会意向把握に努めながら,一層の品質向上安定生産に向け,しっかりと支援してまいりたいと存じます。 以上でございます。 ○副議長(小倉弘行君)  15番。   

長野県議会 2020-03-03 令和 2年 2月定例会農政林務委員会−03月03日-01号

一方で、貸付けの対象ではありませんけれども、例えば収量コンバインですとか、直線走行田植機ですとか、スマート農業機械の中でも高額なものにつきましては、国の産地パワーアップ事業等対象となりますので、こういった事業活用いただくよう、お勧めしてまいりたいと考えているところでございます。 ◆丸茂岳人 委員 ありがとうございました。事情、よく理解できました。

  • 1
  • 2