9495件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-16 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号

いま本県での干拓発達スピードは、牧隆泰氏の調査によれば、本県沿岸においては一カ年平均十五メートルから二十メートルの割合で干がたが発生、横島付近では年平均十二メートル、不知火干拓付近では年平均二十三メートルぐらいの干がたがふえており、つまり百年に一回は干拓をしなければ、背後地よりも海の底が高くなってしまい、排水不良となってしまう結果となっているのであります。  

熊本県議会 2045-06-11 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号

御指摘のように、わが国の人口構造の高齢化は欧米等に例を見ないスピードで到来しており、とりわけ本県の高齢化は全国を上回るペースで進展しつつあるわけでございます。したがいまして、高年齢者に雇用の場を確保し、高年齢者の持つ豊かな経験と能力を生かしていただき、あわせて生きがいのある生活を送っていただくことは県政上きわめて重要な課題であると考えております。  

青森県議会 2019-09-30 令和元年第299回定例会(第5号)  本文 開催日: 2019-09-30

昨日、八戸市に屋内スピードスケートリンク、YSアリーナが完成し、オープニングイベントが開催されました。氷都八戸にふさわしい世界大会も期待できるすばらしいスピードスケートリンク。知事を初め県庁関係各位に感謝申し上げます。欲を言えば、県立施設がない八戸市でしたので、県立施設であったらなおよかったのですが、今後とも修繕等、多額の費用がかかるときは支援をお願いしたいものです。  

青森県議会 2019-09-25 令和元年第299回定例会(第2号)  本文 開催日: 2019-09-25

そこで、本県の人口減少のスピードを少しでも緩やかにするために、社会対策におきましては、若者の県内定着、還流の促進に向けて、多様で魅力ある仕事づくり、移住、Uターンの促進、本県での暮らしや県内企業に関する情報発信、県外大学等との協定に基づく学生への働きかけなどを推進していくこととしております。  

石川県議会 2019-09-24 令和 元年 9月24日環境農林建設委員会-09月24日-01号

今後とも豚コレラの感染拡大防止のため、スピード感を持ってしっかりと取り組んでまいります。  次に、農林水産部資料2です。 ②第41回石川の農林漁業まつりの開催について  第41回石川の農林漁業まつりの開催についてです。  このまつりは、石川の農林漁業の振興と、農林漁業に対する県民の理解を深めていただくことを目的に、関係団体が一体となり開催いたします。  

石川県議会 2019-09-20 令和 元年 9月20日予算委員会−09月20日-01号

◆石田忠夫 委員  ぜひともスピード感を持って取り組んでいただき、少しでも早く方向性を示していただきたいと思います。  また、その際、国定公園であり、いしかわ歴史遺産にも認定されている増穂浦海岸の美しい海岸を保全していくための早急な対策の必要性について知事にお尋ねしました。知事からは「砂浜の侵食状況を目の当たりにし、このまま放置すると緊急輸送道路である国道249号線に影響を与えかねない。

石川県議会 2019-09-11 令和 元年 9月第 4回定例会−09月11日-02号

こういった総合的な対策により、今後とも専門的な知見を有する国の主導のもと、市町や関係団体とも十分連携しながら、スピード感を持ってできる限りの対策を総動員をして豚コレラ対策にしっかり取り組んでまいりたい、このように考えております。  次に、水稲生産の収益性向上についての御質問がございました。農業そのものは我々の生存に必要不可欠な食料供給するという極めて重要な役割を担っておるわけであります。

滋賀県議会 2019-08-09 令和 元年 8月 9日教育・文化スポーツ常任委員会−08月09日-01号

余りにもスピードが早過ぎて、理解できない。  そして、御存じだと思うけれど、高等学校の新学習指導要領が令和4年から始まります。令和3年で変えて、令和4年でまた変わるのですか。大変ですよ。何で令和3年なのですか。 ◎村井 高校再編室長  必ず令和3年と決めているわけではありません。

石川県議会 2019-07-31 令和 元年 7月31日商工観光公安委員会−07月31日-01号

また経産省のホームページを見ますと、今月中、7月中に登録しないと10月1日には間に合わないという話がある中で、やはりスピードを上げて取り組んでいかなければいけないと思っています。  このポイント還元事業ですが、制度は少しややこしいという部分もあるのでしょうが、せっかくスタートする事業ですので、対象となる事業所がしっかりと登録するようにしてほしいと思います。

石川県議会 2019-07-12 令和 元年 7月12日観光・文化スポーツ・海外対策特別委員会-07月12日-01号

もちろん、料金体系とか交通体系というのはある意味スピードあるいは価格、利用可能性、頻度、そういうことで決まっているのだろうと推測しますが、ちょっと格差が大き過ぎるわけです。そして、主体は北陸鉄道が中心になることはわかりますが、北鉄にももうちょっと頑張ってほしいなと思います。