443件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茨城県議会 2020-12-01 令和2年第4回定例会(第3号) 本文 開催日: 2020-12-01

この間,東日本大震災スカイマーク社の民事再生手続開始などの困難に見舞われながらも,県民の皆様の多くの利用路線充実により,令和年度旅客数は77万6,000人と過去最多を記録したところでございます。  特に,近年は,海外からのインバウンド需要が旺盛となる中で,私みずから路線誘致に取り組み,台湾便中国便などの国際線充実を図ってまいりました。

茨城県議会 2020-11-02 令和2年土木企業常任委員会  本文 開催日: 2020-11-02

それで,スカイマークであるとか,中小のところからちょこっと来てくれるぐらいの感じ。それはしばらくは続くと思うのですが,これから大事なのは,成田羽田で対応しようとしていないビジネスジェット受け入れ空港というのが大事になってくると思います。  これは,羽田成田ですと,オリンピックに向けて,海外選手団とか,ビジネスジェットで来るという話が相当出てきました。

茨城県議会 2020-10-21 令和2年決算特別委員会  本文 開催日: 2020-10-21

国内線につきましても,スカイマーク増便フジドリームエアラインズチャーター便運航などにより,国内・国際合わせた旅客数は過去最高の77万6,000人となったところでございます。  一方で,2月以降は,新型コロナウイルス感染拡大影響により,減便運休が生じている状況にございます。  

北海道議会 2020-09-29 令和2年第3回予算特別委員会第1分科会-09月29日-04号

◎(嶋田空港戦略担当課長) 運航便数旅客数状況についてでありますが、本年4月7日の緊急事態宣言の発出に伴い、航空需要は大幅に落ち込み、5月の運航便数は、道内に乗り入れている主要な航空会社である全日本空輸日本航空スカイマーク、エア・ドゥの4社の合計で、当初の運航計画から72%の減となっていたところでございます。  

茨城県議会 2020-09-23 令和2年営業戦略農林水産常任委員会  本文 開催日: 2020-09-23

現在の路線状況でございますが,(1)の国内線は,現在,新型コロナウイルス影響により,9月は札幌便神戸便が各1日1便に減便福岡便及び那覇便運休となっておりますが,先日,スカイマークより,10月1日からは神戸便福岡便,15日からは那覇便運行再開と発表があったところでございます。  

茨城県議会 2020-06-08 令和2年第2回定例会(第1号) 本文 開催日: 2020-06-08

新型コロナウイルス影響により,国内線国際線全ての便が運休となっておりましたが,スカイマーク社の福岡便が今月12日から運航再開することが決定したところであります。  また,茨城空港の愛称につきましては,今月5日に,有識者会議からの提案や県民の方々からの御意見などを踏まえ,国内向け茨城空港海外向けはIbaraki International Airportとすることが決定いたしました。  

北海道議会 2020-05-13 令和2年第5回新幹線・総合交通体系対策特別委員会会議録−05月13日-01号

◎(吉田航空課長) 道内空港利用状況についてでございますが、道内に乗り入れている主要な航空会社である全日本空輸日本航空スカイマーク、エア・ドゥの4社の合計では、本年のゴールデンウイーク期間である4月29日から5月6日までの8日間の総旅客数は2万5081人で、前年の同期間と比べると95.7%の減少となったところです。  

茨城県議会 2020-03-13 令和2年総務企画常任委員会  本文 開催日: 2020-03-13

1)定期便につきまして,現在,国内線スカイマークにより札幌神戸福岡那覇の4路線運航されております。  札幌便及び神戸便につきましては,コロナウイルス影響により本日から18日まで,減便となっているところでございます。  国際線につきましては,タイガーエア台湾による週2便の台北便運航されております。  

茨城県議会 2020-03-12 令和2年総務企画常任委員会  本文 開催日: 2020-03-12

開港のときは,また戻りますけれども,平成22年のときは,アシアナしか飛ばないと言われながらも,初日にはチャーター便になってまいりまして,最後,私夜8時にJALのハワイのチャーター便トリプルセブンが北の空に向かって夜のランウエイを飛び上がっていったというのは,今でも展望デッキから見た記憶がありますし,震災のときは,3月のたしか14日にはまた開港,再開したということで,これもスカイマークとかいろいろ協力

兵庫県議会 2020-02-27 令和 2年 2月第347回定例会(第5日 2月27日)

また、3月29日から、スカイマーク規制緩和で延長された運用時間帯を活用し、午後10時台に神戸空港に到着する羽田神戸便運航を始める方針を固めているほか、フジドリームエアラインズ神戸−青森間の開設を決めているところであります。これにより、一日当たり発着回数は80回になり、昨年の規制緩和で拡大された発着枠については早々に全て埋まることになりました。  

茨城県議会 2020-02-13 令和2年総務企画常任委員会  本文 開催日: 2020-02-13

こうした取り組みにより,昨年8月にはスカイマーク神戸便増便,10月には春秋航空による西安便定期便等運行を開始いたしました。  また,青島航空による連続チャーターとして,11月以降,長春便,福州便,南京便運航が開始されたところでございます。  50ページをごらんください。  令和年度旅客数は,12月末現在で63万1,000人となっております。  

北海道議会 2020-02-05 令和2年第2回新幹線・総合交通体系対策特別委員会会議録−02月05日-01号

新千歳−中部線は、全日本空輸が1往復減少する一方、エア・ドゥスカイマークエアラインがそれぞれ1往復増加することに伴い、1日当たり、17往復から18往復運航となります。  次に、丘珠空港路線につきましては、冬期間運休していましたフジドリームエアラインズ丘珠静岡線が、昨年同様、1日1往復運航となります。  なお、その他の道内空港の各路線につきましては、冬ダイヤからの変更はございません。  

鳥取県議会 2020-02-01 令和2年2月定例会(第2号) 本文

なかなか、正直、前もスカイマークで挑戦をして、結局撤退されてしまったという、そういう過去もございまして、なかなか厳しいものもありますし、来たら来たで皆さんにも利用していただかなければいけないということもありますが、ぜひ観光振興の面でも、こうした空の足の確保も含めていければと思います。  

茨城県議会 2019-12-13 令和元年総務企画常任委員会  本文 開催日: 2019-12-13

1)定期便につきまして,現在,国内線スカイマークにより,札幌神戸福岡那覇の4路線運航されております。  国際線につきましては,タイガーエア台湾による週2便の台北便に加え,10月27日から春秋航空による西安便が週4便で就航し,同社による中国路線は週8便となりました。  

茨城県議会 2019-10-24 令和元年総務企画常任委員会  本文 開催日: 2019-10-24

参考として記載しておりますが,10月12日及び13日に国内線スカイマークが14便,国際線春秋航空が2便欠航しております。  次に,つくばヘリポートについてでございます。  今回の被害によりまして,近隣の水田等から水及び稲わらが流入し,ヘリポート外周フェンスの一部が損壊しております。  

兵庫県議会 2019-10-02 令和元年 9月第345回定例会(第5日10月 2日)

そして、早速8月からスカイマーク増便し、10月27日からの冬ダイヤではフジドリームエアラインズ新規就航に乗り出します。神戸空港潜在需要がいかに大きいことか示され、まだまだ発展する余地があると容易に推測できます。  今後、神戸空港規制を更に緩和させ、アジアなどの近場の国際線就航で更なる海外からの誘客促進を実現させていただきたいと願っています。  

兵庫県議会 2019-10-01 令和元年 9月第345回定例会(第4日10月 1日)

開港当初は、ANA、JALスカイマーク就航し、開港2年目に利用者が約297万人を記録するなど、地方空港としては順調な滑り出しを見せましたが、その後、低迷をした時期もございました。  JALは、当初7路線27便のうち6路線10便の発着がありまして、開港翌年の利用者数も全体の約40%となっておりましたが、ご承知のとおり、残念ながら経営破綻後、神戸空港から撤退し、現在に至っております。  

兵庫県議会 2019-09-24 令和元年 9月第345回定例会(第1日 9月24日)

神戸空港では、関西3空港懇談会で合意した発着枠1日80回を活用し、8月からスカイマーク茨城などで増便しました。来月27日からは新たにフジドリームエアラインズが松本、出雲に就航します。これで発着回数は1日70回となり、ポテンシャルの高さが示されました。  引き続き実績を積み重ね、更なる増枠など運用の見直しにより、ネットワークが充実されるよう取り組んでまいります。  

北海道議会 2019-09-04 第31期 令和元年第6回新幹線・総合交通体系対策特別委員会会議録−09月04日-01号

中部線は、日本航空の1往復スカイマークの1往復がそれぞれ減少しまして、1日当たり19往復から17往復運航となります。  仙台線は、日本航空の1往復が減少し、1日当たり16往復から15往復運航となります。  福岡線は、スカイマークの1便が冬季の観光需要に合わせて増加し、1日当たり往復から6往復運航となります。