3854件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

兵庫県議会 2019-06-25 令和元年 6月第344回定例会・速報版(第6日 6月25日)

ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックに続くゴールデンスポーツイヤーズを締めくくるにふさわしい盛大な生涯スポーツの祭典となるよう、オールジャパン体制で準備に取り組みます。併せて2025年大阪・関西万博へと、関西兵庫に注目が集まるこの機を捉え、DMO化を目指す兵庫観光本部を中心に、新たな観光戦略を策定し、更なる誘客促進を図ります。  

石川県議会 2019-06-20 令和 元年 6月20日予算委員会−06月20日-01号

折しもジャパンディスプレイ、この問題が連日新聞報道等されておりますが、かなり大きな関心等を持って知事もこのことに言及をされております。考えてみれば、世の中というのはいいことばっかりじゃないんですね。厳しいこともあるんでしょう。リスクがあるから手をつけないとすれば何もしないことになりますから、私はいろんな取り組みはこれからも果敢に進めていただきたいと、こう思っております。  

富山県議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第11日・6月14日) 本文

次に、観光博出展の経緯と目的効果についてでございますが、東京二〇二〇オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を契機とする外国人観光客の増加を目的として、平成二十七年度に、国内最大規模の旅行博であるツーリズムEXPOジャパンへ市単独で出展を行いました。また、海外旅行会社との商談を行うVISIT JAPAN トラベルマートへ参加するなど、外国人観光客の誘客活動を積極的に行ってまいりました。  

東京都議会 2019-03-19 2019-03-19 平成31年公営企業委員会 本文

昨年の四月に、国内では初めて下水道施設の運営にコンセッション方式を導入した浜松市では、水メジャーのヴェオリア・ジャパン、オリックス、JFEエンジニアリングや大手建設会社が特別目的会社を構成しています。こうした会社や、PFI事業にかかわっている総合商社やゼネコン、外資系企業などに意向調査をしているのだろうということだと思います。  

長野県議会 2019-03-08 平成31年 2月定例会本会議-03月08日-09号

次に、建設部から、「ジャパン・アルプス・サイクリング」ブランド構築事業を実施し、アルプスの雄大な自然や歴史文化を活用した快適で魅力あるサイクルツーリズムの環境整備に取り組んでいくとの説明がありました。  委員からは、世界から訪れるサイクルツーリストを魅了するルートや環境づくりのほか、雨水が浸透する透水性の舗装試験的に用いるなど、走行時の安全性への配慮を求める意見が出されました。  

愛媛県議会 2019-03-07 平成31年スポーツ文教警察委員会( 3月 7日)

あと、スポーツ庁が取り組んでいる全国レベルのタレント発掘事業にジャパン・ライジング・スター・プロジェクトというのがありまして、卒業生ではあるんですが、附属中学校までバスケットをやっていて、愛媛県選抜のキャプテンまでした子なんですが、7人制の女子ラグビーの方に進んで、現在非常に将来中心選手になるのではないかと言われるような順調な育成が全国レベルでしていただいておりますので、4年目の取り組みではありますが

愛媛県議会 2019-03-07 平成31年農林水産委員会( 3月 7日)

14は、魚食普及啓発を図るイベントを開催するなど、消費拡大に向けた積極的なPR活動を展開するための経費、15は、県内事業者の販路拡大を支援するため、ジャパン・インターナショナル・シーフードショーに、引き続き愛媛県ブースとして出展するなど、県産水産物の販売促進活動を行うための経費、16は、北米、ASEAN諸国、中東などに向け、県産水産物輸出を支援することによって、販路拡大を目指すための経費、17は、

鹿児島県議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年企画観光建設委員会 本文

ここ数年、大隅地域振興局では三つのテーマで地域振興推進事業を活用しておりまして、一つ目が大隅の優れた食の情報発信、二番目が観光振興、三番目がジャパンアスリートトレーニングセンター大隅や鹿屋体育大学がございますのでスポーツ合宿の誘致促進のためのハード整備ということで実施しております。

茨城県議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 開催日: 2019-03-06

このような中,2017年,プロ野球北海道日本ハムファイターズと筑波大発のベンチャー企業「Waisportsジャパン」とが連携し,県南県西地域龍ケ崎市や下妻市など10市町,さらには筑波大学,民間企業,県なども参画をして,スポーツを活用した新たなまちづくりの試みである「北海道×茨城県プロジェクト」が動き出しております。