運営者 Bitlet 姉妹サービス
1592件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 ビジネスパーソンも公園のターゲットに据えて、新たなニーズ、シーズを民間事業者とともに掘り起こすことを期待します。  米国では、一九八〇年代からBIDと呼ばれるエリア地権者からの徴収金を財源としたエリアマネジメントが行われております。本邦でも長年有効性が指摘されており、昨年、地域再生法の改正により、日本版BIDも制度化されました。   もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 関連産業の振興に向けては、県内企業が得意な分野あるいは技術を生かすということが重要であると考えており、県内のeスポーツのプロチームと県内企業との意見交換などの機会を設けて、ニーズやシーズを探っていきたいと思う。 ◯清水委員  eスポーツ、ただどこに振っていいかわからない。 もっと読む
2018-12-07 北海道議会 平成30年第4回予算特別委員会第2分科会−12月07日-03号 ◎(長谷川科学技術振興室長) 地域との連携についてでありますが、地域懇談会につきましては、平成25年度から、地域における産学官の関係者の参画を得て開催しており、地域の情報の把握や関係機関との意見交換などを行っているところでありますが、より多くの企業や金融機関の参画を促すなどしながら、シーズの事業化に向けて、一層の充実を図ることが必要と考えているところであります。   もっと読む
2018-12-03 山口県議会 平成 30年11月定例会-12月03日−02号 さらに、生産者はもとより多様な主体と幅広く連携・交流を進め、県民ニーズや企業シーズを掘り起こし、新たな研究開発や人材育成につなげるため、情報発信や共同研究等の調整機能を強化するとともに、六次産業化を後押しするオープンラボを設置するなど、開かれた魅力ある拠点とする考えです。   もっと読む
2018-11-30 栃木県議会 平成30年度栃木県議会第353回通常会議−11月30日-02号 会派で県外調査を行った香川県では、各医療圏における医療のニーズとシーズのマッチングを図るために、若手医師並びに専門医の確保や定着に関する施策を推進されております。 もっと読む
2018-11-07 茨城県議会 平成30年防災環境産業常任委員会  本文 開催日:2018.11.07 第3回定例会におきまして,関連予算の御議決をいただきました(1)のいばらき宇宙ビジネス創造拠点事業についてでございますが,アにありますとおり,10月19日にいばらき宇宙ビジネス創造プラットフォームをつくば研究支援センター内に設置しまして,県内企業等の技術シーズの掘り起こしや,企業等からのワンストップ相談対応を開始したところであります。   もっと読む
2018-11-07 北海道議会 平成30年第14回産炭地域振興・エネルギー問題調査特別委員会会議録-11月07日-01号 最後に、「今後の方向性」についてでありますが、まず、「【戦略1】スマートコミュニティ関連」では、北海道胆振東部地震を契機として、地域で自立的にエネルギーを活用できる体制整備が求められており、非常時に外部へ電気を供給することが可能となるEV、PHVの普及促進を図ること、「【戦略2】リサイクル関連」では、技術シーズの掘り起こしに向けて補助要件の見直しなど制度を工夫すること、「【戦略3】省エネルギー関連」 もっと読む
2018-11-05 茨城県議会 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.11.05 このプラットフォームにおいては,宇宙技術の研究開発などに多くの実績がある「宇宙システム開発利用推進機構」に運営を任せ,JAXAや大手宇宙関連企業のOBを宇宙ビジネスコーディネーターとして配置し,企業や研究機関の技術シーズの見極めや,宇宙ビジネスに係るさまざまな相談対応などの業務を開始したところであります。   もっと読む
2018-10-29 茨城県議会 平成30年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2018.10.29 去る8月に公表しましたいばらき宇宙ビジネス創造拠点プロジェクトの一環といたしまして,今月19日に,宇宙ビジネスの専門家を配置し,県内企業等の技術シーズやニーズの掘り起こし,企業等からのビジネス相談等をワンストップで行ういばらき宇宙ビジネス創造プラットフォームをつくば研究支援センター内に設置いたしました。   もっと読む
2018-10-26 香川県議会 平成30年[閉会中]決算行政評価特別委員会[商工労働部、交流推進部、教育委員会] 本文 開催日:2018年10月26日 そういったものの製品開発や技術シーズの確立を支援していこうということでございます。  産業技術センターでは、平成29年度には、いわゆる物をつかむロボットのつかむ部分での感覚センサーの試作開発を行いまして、その技術を普及させるとともに、その試作機を関西機械要素技術展に出展するなどいたしました。そこでは顧客とのいろいろな商談もございまして、いろいろな情報を企業にフィードバックしているところです。   もっと読む
2018-10-09 山口県議会 平成 30年 商工観光委員会-10月09日 既に7月以降、これまで約50の企業や大学等、それから研究機関を訪問して、いろんな意見交換や、それから各企業のニーズやシーズの掘り起こし、情報収集などを既に行っておるところでございます。今後は、先ほどの補助金も活用しながら、研究開発プロジェクトを積極的に進めてまいることとしております。   もっと読む
2018-10-04 愛知県議会 2018.10.04 平成30年産業労働委員会 本文 県では、現在、中小企業へのIoTの導入促進のため、情報提供、先進的な事例の現場見学会、ニーズ、シーズのマッチング等を行っているが、より一層の取組が必要であると認識している。このため、中小企業への啓発・啓もう及び企業のマッチングを行うため、本年度中にそのような機会を早急に設けたいと考えており、実施に当たっては、公益財団法人あいち産業振興機構や国土交通省中部経済産業局等と連携し進めていきたい。 もっと読む
2018-10-02 長野県議会 平成30年 9月定例会本会議-10月02日-02号 具体的には、国のプロジェクトである信州大学アクア・イノベーション拠点の取り組みにあわせて、県が、この場合長野地域振興局でございますが、独自に技術シーズの紹介やマッチングセミナーを開催しておりまして、地域企業に新たな分野の参入が期待されますし、また、地方創生を進めるという観点からは、移住と創業、就業などを組み合わせた施策が効果的であることから、例えば、議員の御指摘にありました国の概算要求に盛り込まれている もっと読む
2018-10-01 滋賀県議会 平成30年 9月定例会議(第9号〜第15号)−10月01日-05号 国の競争的資金の獲得には至らなかったものの、現在も県内の各大学とコア技術に係る研究について密接に連携しているところでありまして、こうしたシーズと企業のニーズを組み合わせて、産学官連携による研究開発の可能性を引き続き探ってまいりたいと考えております。 ◆6番(海東英和議員) (登壇)競争的資金の獲得については、平成28年度と29年度に挑まれたと聞いております。 もっと読む
2018-10-01 三重県議会 平成30年定例会-10月01日−22号 ただ、つくるために、今申し上げた事業者の皆さんにニーズがどこにあるのか、または高等教育機関におけるシーズがどんなものがあるのか、さらに調査をして県としても研究をしていきながら、それらをきちっと連携できるようなものを、今この建てられないからこそ時間がある、その期間にやっていくべきなんではないかなというふうには思っています。   もっと読む
2018-10-01 青森県議会 平成30年第295回定例会(第3号)  本文 開催日: 2018-10-01 今後は、専門家による最新技術等に関するセミナーの開催、アドバイザーによる技術シーズの発掘等に係る取り組みを強化し、普及が見込まれているEV・PHVや自動運転技術など、次世代自動車の新たなニーズにも対応しながら、県内自動車関連産業の振興につなげていきます。 もっと読む
2018-09-25 三重県議会 平成30年定例会-09月25日−20号 各産業の分野間の融合とモノをつくるから価値をつくる社会への転換が進む中、人口減少下にある我が国が持続可能な経済成長を実現していくためには、新たなイノベーションを創出し、付加価値を高めることによって、生産性を向上させることが求められ、新たなアイデアやビジネスの種、シーズを、21世紀の成長産業としていくことが求められています。   もっと読む
2018-09-25 京都府議会 2018.09.25 平成30年9月定例会(第5号)  本文 さて、経済産業省が平成30年3月に発表した、「平成29年度産業技術調査事業(大学発ベンチャー・研究シーズ実態等調査)」に掲載されている大学発ベンチャーを創出大学別に見ると、最多は東京大学で245社、2位は京都大学140社、3位は筑波大学98社と続きます。 もっと読む
2018-09-21 茨城県議会 平成30年予算特別委員会  本文 開催日:2018.09.21 このため,県では,研究開発力の強化に向け,大学,研究機関等が保有するロボットなどの次世代技術の実用化や製品化を目指す中小企業への支援を初め,産業技術イノベーションセンターにおける共同研究の実施,産総研テクノブリッジフェアの開催などにより,技術シーズの中小企業への橋渡しに努めているところでございます。   もっと読む
2018-09-21 北海道議会 平成30年第3回定例会-09月21日-03号 次に、北海道経済の活性化などに関し、環境産業振興戦略の取り組みについてでありますが、道では、戦略に基づき、本道の技術シーズを活用した製品開発などを支援してきたところであり、これまで、スマートコミュニティー関連では、ネットゼロエネルギーハウスの開発、リサイクル関連では、製糖工場のボイラー燃焼灰の路盤材への活用、省エネルギー関連では、温泉水や河川の未利用エネルギーの活用など、積雪寒冷地ならではの取り組みが もっと読む